テリー・ギリアムの「ドン・キホーテを殺した男」ついに完成!? でもまた暗雲

https://www.cinematoday.jp/news/N0099976
[情報元.シネマトゥデイ

テリー・ギリアムは大好きな監督で、特に未来世紀ブラジルは素晴らしい

そのテリー・ギリアムが呪われた企画といわれた「ドン・キホーテを殺した男」をついに完成させたとのこと
またまた御冗談を
でも予告編があるということは、実は本当なのか?
この「ドン・キホーテを殺した男」という作品、18年前にもジャン・ロシュフォールとジョニー・デップで撮影されたが、大雨や主役の体調不良などで結局撮影中断
おかげで本編よりも先に撮影が中断されるまでを描いたドキュメント「ロスト・イン・ラマンチャ」の方が公開されたといういわくつきの作品
その後、何度も再開を試みるもことごとく暗礁に乗り上げていた
だから、テリー・ギリアムファンからすると完成したといわれてもにわかには信じられない
しかも主演がジョナサン・プライスという未来世紀ブラジルコンビだと!?
これは楽しみ!!と言いたいところだが、ニュースによると作品の権利をめぐって元プロデューサーとテリー・ギリアムが揉めているらしい
さすが呪われた作品の名は伊達じゃない

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする