Netflix「地獄が呼んでいる」ネタバレ解説 ラストシーンの説明!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルの韓国ドラマ「地獄が呼んでいる」が好調だ

韓国や日本など多くの国で1位を獲得
アメリカでも3位と健闘
そして、ついには世界総合でも1位となった

また「地獄が呼んでいる」は作品の評価も高い
米国の映画サイトIMDbで6.8/10
ロッテントマトの批評家支持率は100%、観客支持率は80%

「イカゲーム」「マイネーム: 偽りと復讐」に続くNetflixオリジナルの韓国ドラマ
立て続けにヒットを飛ばしている
韓国ドラマは完全に世界でも浸透したと考えていいだろう

かなりダークでハードなストーリーである本作
クライマックスも衝撃的だった
あのラストシーンは何を意味しているのか?

海外サイトなどを参考にして、自分なりの答えを出してみた
もちろん正しいかどうかは分からない
あくまで一つの解釈だと考えて欲しい

なおドラマのネタバレ全開なのでご注意を!!

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「地獄が呼んでいる」

それは何の変哲もない日だった
ソウルのカフェで人々は、思い思いに過ごしていた
その客の中にチュ・ミョンフンがいた
ミョンフンは何かに怯えている様子で、しきりと時計を気にしていた

突然、凄まじい地響きがした
まるで怪物のような3体の巨人が、カフェに現れた
悲鳴を上げる人々
必死に逃げるミョンフンを巨人たちは捕まえ、地面に叩きつけた
そして手から謎の光を発して、ミョンフンを焼き殺した
巨人たちが去ると、残っていたのは黒焦げになった骨だけだった

この事件はマスコミが大々的に取り上げた
警察は殺人事件として、捜査を開始した
世間では事件を”神の裁き”だと主張する新真理会という教団が、注目を集めていた
刑事のチン・ギョンフンは相棒のウンピョと、教団に話を聞きに行った

新真理会の議長であるチョン・ジンスは、まだ若い男だった
ジンスは10年以上前から、神の裁きは実在すると訴えていた

この世で罪を働いた者は、天使から地獄行きの告知をされ、予言された日時に地獄の使いによってあの世へ引きずり込まれる

ギョンフンにはとても信じられない話だった

一方、シングルマザーのパク・ジョンジャは、家で誕生日に子供たちと過ごしていると、いきなり目の前の空間に不気味な顔が浮かび上がった

「お前は5日後の午後3時に地獄へ行く」

パニックになったジョンジャが新真理会に助けを求めると、チョン・ジンスはその瞬間をテレビで生中継したいと言い出して…………

新真理会のトップであるチョン・ジンス議長にユ・アイン
刑事のチン・ギョンフンにヤン・イクチュン
弁護士のミン・ヘジンにキム・ヒョンジュ
TVプロデューサーのペ・ヨンジェにパク・ジョンミン
監督は「新感染 ファイナル・エクスプレス」のヨン・サンホ
原作はチェ・ギュソクとヨン・サンホのウェブコミック「地獄」である

Netflixオリジナルの韓国ドラマ 地獄行きを宣告された人間が、謎の巨人に焼き殺される事件が相次ぐ これは”神の裁き”なのか? ...

真相

罪を犯した者は天使から告知を受け、告げられた日時に使者によって地獄に落とされる
そうならないために人は正しい行いをしなければならない

長年、そう周囲に説いてきた新真理会のチョン・ジンス
人々は彼の言葉を信じた

しかし、第3話で衝撃の事実が明らかになる
かつてジンスは天使に、20年後の午後10時30分に死んで地獄に落ちると告知を受けた
少年だったジンスは何も罪など犯していない
嘘すらついたことがなかった

地獄に落とされるのに理由がない
そんなことに耐えられるか?

20年間、死の恐怖に怯えてきたチョン・ジンス
その精神は歪んでいった
全ての人々に自分が味わった苦しみを体験させてやりたい
そう言い残して、ジンスは巨人たちの手により地獄へ落ちた

メインキャラクターであるチョン・ジンスが、第3話で死亡
衝撃の展開である
ここでは地獄に落ちるのに、罪人かどうかなど関係がないことが明らかになる
つまり誰にでも可能性があるのだ

赤ちゃん

チョン・ジンスが地獄に送られたことは世間から隠されて、4年の月日が流れた
その間に多くの人々が地獄に落ちた
新真理会は彼らを罪人だと断じた
教団は強大な力をつけていた

TVプロデューサーのペ・ヨンジェの生まれたばかりの赤ちゃんが、天使から3日後に地獄に落ちると告げられた
妻のソヒョンはショックを受け取り乱している
ペ・ヨンジェは一縷の希望を求めて、かつて新真理会と戦った元弁護士のミン・ヘジンに接近する
ミン・ヘジンは仲間たちと密かに、告知を受けた人々の援助をしていた

新真理会の教義では”罪を犯した者が地獄に送られる”とされている
生まれたばかりの赤ん坊が、罪など犯しているはずがない
つまり新真理会が言っていることはデタラメなのだ
彼らはこの現象を自分たちの利益のために利用しているのである

ミン・ヘジンはペ・ヨンジェに、赤ちゃんが地獄へ送られる瞬間をネット中継させてほしいと懇願する
そうすれば世間も、自分たちが騙されていたと目を覚ます
新真理会とその配下の狂信的な信者である矢じり
それらとずっと戦ってきたミン・ヘジン
彼女にとってこの「赤ちゃん」は、教団に致命傷を与える大きな武器なのだ

イ・ドンウク

生まれたばかりの赤ん坊が告知を受けた
そのことを新真理会は、絶対に隠蔽しなければならない
追われるペ・ヨンジェとソヒョンと赤ん坊、そしてミン・ヘジンを匿ってくれたのは新真理会の元信者だった
彼は3年前に告知を受けた

その正体はイ・ドンウク
矢じりの元メンバーで、頭蓋骨のマスクをかぶり、ネット配信でさんざんと信者たちを煽ってきた男だ
ドンウクが地獄に送られる日時は、赤ん坊の予定時刻の5分後

当日、ドンウクは密かに新真理会に電話をかける
議長のキム・ジョンチルは情報を引き出そうと、ドンウクを持ち上げる

「神も子供に告知をするという過ちを犯す。あなたは過ちを正すために選ばれた救世主なんです」

その言葉でドンウクは自分がメシアなのだと信じる
そして、ドンウクは凶行に走ることになる

裁き

いきなりナイフで襲ってきたイ・ドンウクから、ソヒョンは赤ん坊を抱いて逃げる
時間がもうない
ソヒョンはアパートの中庭で周りの住人達に、これから赤ん坊が地獄に送られるのを見て欲しいと叫ぶ

自分の子供は地獄へ行く
ソヒョンはそう覚悟を決めたはずだった
だが、実際に巨人たちが現れると、ソヒョンは子供をかばって逃げる
駆けつけたペ・ヨンジェはソヒョンと子供をしっかり抱きしめる
彼らは巨人たちの光によって焼かれた

巨人が去った後には、ヨンジェとソヒョンの焼け焦げた死体が残った
しかし、赤ちゃんは生きていた
絶対に誰も逃れられないと思われていた裁き
ヨンジェとソヒョンは自分たちの子供を、命を投げ出して守ったのだ

そこへ新真理会のユジ執事たちが警察を率いて駆けつけた
赤ん坊を抱いたミン・ヘジンを追いかけようとすると、群衆が邪魔をした
彼らは自分たちが見たものを理解し、教団が今まで言ってきたことは嘘だったと気づいた
そこには大勢の目撃者がいた
スマホで録画もされている
新真理会の力は今後、衰えていくだろう

タクシー

ミン・ヘジンは赤ちゃんを連れて、何とかタクシーを拾うことが出来た
大通りへ行くように指示すると、タクシーは違う方向へ向かった
不安になったヘジンは、道が違うと言った

「向こうでは検問をやっていたので、こっちの方がいいですよ、ミン弁護士」

その運転手はヘジンのことを知っていたのだ
運転手は話を続けた

「神様のことなんて分かりません。ここは人間の世界だ。人間のことは人間が何とかしないと」

それはシリーズの前半で、チン・ギョンフン刑事が言ったのと同じ言葉である
恐らく、これこそこの作品のテーマだろう
どうすることもできない神の裁き
しかし、ペ・ヨンジェとソヒョンは運命を変え、子供を救った
人間には可能性があるのだ

そして確証はないが、はっきり顔を見せないタクシーの運転手は、チン・ギョンフン刑事本人である可能性がある
4年前、新真理会のチョン・ジンスはギョンフンの娘ヒジョンを操って、母親の仇を殺させて、神の裁きに見せかけた
もし、ギョンフンが天罰は人間の罪とは関係ないと世間に明かせば、娘を逮捕しなければならなくなる
ギョンフンにはそれが出来なかった
正義感の強いギョンフンが、そんな状態で警察に居続けられるだろうか?
ギョンフンは警察を辞めて、タクシーの運転手を始めた
そう考えると辻褄が合う

海外ではこのタクシー運転手が本当にギョンフン刑事だったのか、議論となっている
確かにシリーズ前半のチン・ギョンフンは主役のような存在だったのに、4話以降は一度も姿を見せていない
少し不自然だ
もし本当にこのシーンがギョンフンとミン・ヘジンとの再会を描いたのだとしたら、実に見事である

ラストシーン

新真理会の博物館に展示されているパク・ジョンジャの黒焦げになった死体
それが急に動き出し、裸のパク・ジョンジャが蘇って、物語は幕を閉じる
非常に謎めいたラストシーンである
これは一体、何を意味するのか?

地獄に送られた者、全てが蘇るのか?
本当にかつてのパク・ジョンジャなのか?
それとも同じなのは外見だけで、邪悪な何かが憑りついているのか?

考えられるのは、地獄の使者が裁きを完遂できなかったことが、この事態を引き起こしたのではないかということである
天国と地獄の法則が絶対ならば、赤ん坊が生き残ったのは許されないイレギュラーのはずだ
そもそも、あれらの超自然的存在が何なのか、物語では少しも明らかになっていない

本当に天使なのか?
本当に人々は地獄へ送られているのか?
本当に神の裁きなのか?

何一つ、明確になっていないのだ
恐らくシーズン2があれば、その辺りが掘り下げられるのだろう

シーズン2は?

それでは「地獄が呼んでいる」のシーズン2はあるのか?
現時点では何の発表もされていない
しかし、話題性や人気から考えて、可能性は十分だろう

では、果たしてシーズン2はいつになるのか?
海外のメディアの予想では、すぐに取り掛かったとしても、製作期間は1年から1年半
早ければ2022年後半または2023年初頭ではないかとのことだ

多くの謎を残した本作
ぜひともシーズン2を実現して欲しい

Netflixオリジナルの韓国ドラマ 地獄行きを宣告された人間が、謎の巨人に焼き殺される事件が相次ぐ これは”神の裁き”なのか? ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする