「エイリアン コヴェナント」感想 前日譚、まだ続くの!?

さて、この作品はエイリアンの前日譚「プロメテウス」の続編なわけですが
ぶっちゃけ「プロメテウス」の内容ほとんど覚えてない
だって、つまらなかったから!!(ストレートすぎるだろ
果たして今度こそエイリアンは活躍するのか!?


予告編

作品情報
作品名「エイリアン コヴェナント」(原題ALIEN: COVENANT)
監督:リドリー・スコット
キャスト:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド
上映時間:122分
製作費:$97,000,000(imdb推定)
製作国:アメリカ(2017年)

スポンサーリンク
PC用

ざっくりあらすじ

滅びゆく地球を離れ新たな新天地を目指す宇宙船コヴェナント号
だが、その途中で謎の電波を受信する
その電波に導かれたどり着いた惑星は、人類が移住するのに理想的な環境だった
乗組員たちはさっそく惑星の調査を始めるが…………………

感想(ここからネタバレ)

超ネタバレ
マイケル・ファスベンダーとマイケル・ファスベンダーのキスシーンが見れるぞ!!

謎の惑星

信号を受信して、謎の惑星にたどり着いた宇宙船コヴェナント号の一行
さっそく捜索を開始するが、次々と隊員たちの身体異変が生じる
そして身体を突き破りエイリアンの幼体が!!
襲ってくるエイリアンにパニックになるクルーたち
そこに前作でプロメテウス号と共に行方不明になっていたアンドロイド、デビッドが現れる

ぶっちゃけ中盤までは盛り上がっているようで、けっこう内容はグダグダなので、はっきり言って面白くない
それに前作の内容がなかなか思い出せなくてついていけなかった(それ、自分のせいだよね!?

デビッド

マイケル・ファスベンダー演じる前作「プロメテウス」の生き残りのアンドロイド
こいつが全ての元凶なわけだが、もったいぶったことばかり言って、見ていて非常にイライラ
神がどうのこうの、いまいち行動原理も理解できない
とにかく見ていてストレスのたまるキャラクターである

マイケル・ファスベンダーは悪のアンドロイドのデビッドと新型のアンドロイドで人間の味方のウォルターの2役を演じる
マイケル同士のキスシーンという誰得なものまで見せてくれる熱演!!

マイケル・ファスベンダーの代表作と言えば

個人的に好きな「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
若きマグニートーを好演

リドリー・スコット

もはや説明不要の巨匠
近年でも「オデッセイ」で健在なところを見せてくれた

個人的にはリドリー・スコットは当たりはずれが激しい印象
CM監督出身の人によくある映像先行型というイメージ
もちろん「ブレードランナー」などの文句なしの名作もあるのだが

前作「プロメテウス」とのつながり

「エイリアン コヴェナント」は「プロメテウス」の直接的な続編であり、色々と前作とのつながりが垣間見える
ただ前作「プロメテウス」が正直魅力的な作品ではなかったので、いまいち訴求力に欠ける
頭でっかちな設定とかはいいから、もっと怖いシーンが見たいんじゃい!
SFなのかホラーなのか、はっきりしろ!!

SFホラー

SFホラーとしては昨年公開された「ライフ」の方がよほど面白い

「ライフ」の感想はこちら

「プロメテウス」も「エイリアン コヴェナント」も余計なSF要素がホラー要素を相殺している気がする
アンドロイドとは?
人間とは?
そんなんどうでもいいから!!

スポンサーリンク
PC用

クライマックス

色々と文句を言いつつもクライマックスはけっこう盛り上げてくれる
惑星からの脱出を試みる生き残ったクルー
それを追いかけてくるエイリアン
救命艇での攻防や、無事に生還できたと安心した後のエイリアンの出現などは文句なしに面白かった
全てが無事に終わった後のどんでん返しも見え見えだったが好き
というわけで終盤はかなり楽しめた
それにしてもデビッド、腹立つ!!(そこかよ

まとめ

てっきり今回で「エイリアン」の前日譚は終わりだと思ったのだが、リドリー・スコットの話ではまだ「エイリアン」の1作目にはたどり着かないらしい

まだ続くんかい!!
前日譚に2本も3本もかけないで、1本で終わらせろや!!
このシリーズ、グダグダすぎるんじゃ!!(落ち着け


Alien: Covenant (2017) on IMDb


rotten tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/alien_covenant
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=359315

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする