Netflix「アンジェラのクリスマス: 聖なる夜の願いごと」ネタバレ感想 アンジェラの冒険!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixの短編オリジナル・アニメ
2018年に配信された「アンジェラのクリスマス」の続編

頑張るアンジェラがけなげ
地味だが心暖まるアニメ

原作は「アンジェラの灰」でピューリッツァー賞を受賞したフランク・マコート
母親アンジェラの少女時代を描いている
1910年代のアイルランドが舞台
ファンタジー要素などはなく、かなり地味
だが、当時のアイルランドの人々の暮らしが、生き生きと描かれている
主人公のアンジェラが魅力的
クリスマスに家族を再会させたいというアンジェラの願い
心暖まる微笑ましい物語になっている


予告編

作品情報
作品名「アンジェラのクリスマス: 聖なる夜の願いごと」(原題Angela’s Christmas Wish)
監督:ダミアン・オコナー
キャスト:ルーシー・オコンネル、ブレンダン・マリンズ、ルース・ネッガ、ローラ・メトカーフ、ジャレッド・ハリス
上映時間:47分
製作国:アメリカ(2020年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

今日はクリスマスイブ。アンジェラはママへのプレゼントとして、オーストラリアにいるパパを連れて帰る計画を思いつく…………

前作「アンジェラのクリスマス」

1910年代のアイルランドのリムリック
アンジェラは6歳の女の子
その日はクリスマスだった
アンジェラは教会で、赤ちゃんのイエス様が裸で可哀想に思う
こっそりとアンジェラは、イエス様を家に連れ帰った
寒そうなので、温めてあげようと思ったのだ
ママや兄弟はアンジェラの態度を不審に思う
その頃、教会ではイエス様が消えて大騒ぎになっていた…………

30分の短編アニメ
小品だが微笑ましいものとなっている

感想(ここからネタバレ)

まさか続編が出来るとは…………

パパを迎えに…………

1913年のアイルランドのリムリック
アンジェラのパパは出稼ぎに、船でオーストラリアへ旅立っていった

それから2年が経った
パパはまだ帰って来ない
今日はクリスマスイブ
トム、パット、アンジェラ、アギーの兄弟は、パパに会いたかった

その日、ママは子供たちに何かサプライズを用意しているようだった
アンジェラもママに何かプレゼントがしたい
そして、名案を思いついた
パパに会わせてあげるのだ

そのためにはオーストラリアへ行かなければならない
アンジェラとパットは庭に穴を掘った
地面を掘り進めば、オーストラリアへたどり着ける

「何年もかかるぞ」

兄のトムが呆れて言った

計画変更だ
まずはオーストラリアの場所を知らなければならない
アンジェラとパットは図書館へ行って、地図でオーストラリアの位置を調べたのだが…………

作品解説

原作は「アンジェラの灰」ででピューリッツァー賞を受賞したフランク・マコート
前作「アンジェラのクリスマス」は彼の唯一の児童書
母親のアンジェラから聞いた話を基にしたものである

本作は「アンジェラのクリスマス」を基にしたオリジナルの続編
原作者のフランク・マコートは2009年に亡くなっている
そのため続編を作るのには、監督のダミアン・オコナーは非常に苦労したという
彼はフランクの弟のマラキー・マコートから、詳しく話を聞いてシナリオを書いた

アンジェラ

アイルランドに住む7歳の女の子
無邪気で好奇心旺盛
オーストラリアに行って、パパを連れて帰ろうと思い立つが…………

前作の事件のせいで、イエス様を盗んだ女の子として、街で有名人になったアンジェラ
今回はパパを探しにオーストラリアへ行くために頑張る
地面を掘ったり、汽車で行けると信じたり、そのひたむきさがいじらしい
とても魅力的に描かれていた

アニメーション

CGアニメーションということで、ピクサーやディズニーのような作品を期待すると、戸惑うかも知れない
この「アンジェラのクリスマス」は1910年代のアイルランドを舞台にしている
貧困にあえぐ人々
映像も灰色が基調
ファンタジー要素など一切なし
ハッキリ言って、地味である

しかし、そんな苦しい生活の中にも、喜びや嬉しさが存在する
100年前のアイルランドの人々の営み
そんなものを描いたアニメ、見たことがない
非常に独創的で興味深い作品だ

冒険

前作は30分だったが、今回は47分
そのため色々とスケールアップし、アンジェラの世界は広がっている

図書館、酒場、波止場

アンジェラは様々な場所を駆け巡る

この作品はあくまで7歳のアンジェラの視点で描かれている

パパをオーストラリアから連れて帰り、ママをビックリさせる

そう決心して、ひたむきに行動するアンジェラ

図書館の地図でオーストラリアの場所を探す
汽車賃を手に入れるため、酒場で歌う
波止場で大人たちの目を盗み、船に乗り込もうとする

アンジェラにとっては全てが大冒険
子供の頃を思い出し、懐かしくなった

願い

「昔々、太った王様と痩せた貧しい男がいました。2人はある日、魔人に出会います。王様はたくさんの黄金を魔人に願いました。それに対し貧しい男が願ったこととは…………」

ママが子供たちに語ったお話が、とても印象的
アンジェラはクリスマスに家族が一緒にいられることを願う
その願いは叶うのか?

物語は予想通りのハッピーエンドを迎える
この作品はこれでいい
クリスマスに家族が一緒にいられる
聖夜のささやかな奇跡
暖かい気持ちにさせられた

まとめ

アニメーションとしては地味かも知れない
しかし、この作品には心がこもっている
100年前のアイルランドのクリスマス
一見の価値は大いにある


Angela's Christmas (2017) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/angelas_christmas_wish

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする