「死霊館のシスター」が大ヒットスタート!!全米興行成績

1. 「死霊館のシスター」
2. 「クレイジー・リッチ!」
3. 「Peppermint」
4. 「MEG ザ・モンスター」
5. 「search/サーチ」
6. 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」
7. 「プーと大人になった僕」
8. 「Operation Finale」
9. 「BlacKkKlansman」
10. 「Alpha」

スポンサーリンク
PC用

ジェームズ・ワンの「死霊館」シリーズ最新作「死霊館のシスター」が、5350万ドルのオープニング興収で見事に初登場1位を飾った
この記録は昨年の「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」(約1億2300万ドル)に次ぐ9月歴代2位の成績である
1952年、ルーマニアの修道院でひとりの修道女が自ら命を絶った
事件には不可解な点が多く、教会は真相解明のためにバーク神父と見習いシスターのアイリーンを派遣する
調査の過程で二人は修道院の恐るべき秘密に辿り着く
そして、かつてない恐怖「悪魔のシスター・ヴァラク」と対峙することになる
主演は「死霊館」のロレイン役であるヴェラ・ファーミガの妹のタイッサ・ファーミガ
バーク神父は「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチルが扮する
監督は「ザ・ハロウ 侵蝕」のコリン・ハーディ
脚本は「アナベル」シリーズや「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のゲイリー・ドーベルマン
日本での公開は9月21日

予告編

2位にはアジア系俳優総出演の「クレイジー・リッチ!」
4週連続首位は逃したものの累計は1億3600万ドルとなった

3位に初登場となったのはジェニファー・ガーナ—主演の「Peppermint」
麻薬カルテルに夫と娘を殺されたライリー
だが、殺人者たちは法では裁かれなかった
ライリーは5年間トレーニングを積み、自らの手で裁きを行おうとする
監督は「96時間」のピエール・モレル

予告編

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする