Amazon「シンデレラ」ネタバレ感想 あの古典的おとぎ話を新解釈で描く!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonオリジナル映画
エラは継母や義姉2人のいじめにも負けず、自分の夢のために頑張っていたが…………

あの「シンデレラ」を現代風のミュージカルとして大胆に脚色
ライトなノリで気軽に楽しめる

人気歌手カミラ・カベロの映画初主演作
その歌声はやはり素晴らしかった
流れるのはオリジナル曲から懐かしのヒット曲まで様々
ミュージカル好きなら楽しめるだろう
古典である「シンデレラ」を現代風に大胆にアレンジ
シンデレラが逞しくて、不幸な女の子に見えなかった
他にも様々な新解釈が面白い
とはいえ映画としての深みはあまりない
どちらかというとカミラ・カベロ主演のアイドル映画といった印象
割り切って見るのなら、それなりに楽しい時間を過ごせるだろう


予告編

Amazon Original『シンデレラ』トレーラー第2弾 | Amazonプライムビデオ

作品情報
作品名「シンデレラ」(原題Cinderella)
監督:ケイ・キャノン
キャスト:カミラ・カベロ、イディナ・メンゼル、ミニー・ドライヴァー、ニコラス・ガリツィン、ビリー・ポーター、ピアース・ブロスナン
上映時間:112分
製作国:アメリカ(2021年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

エラは継母と義姉2人から不遇な生活を強いられていたが、ドレスデザイナーになるという夢に向かって、挫けずに日々を過ごしていた。そんなある日、エラは町でお忍びで来ていたハワード王子にバッタリ遭遇し…………

感想(ここからネタバレ)

お気楽に楽しむのが正解

出会い

エラは継母と2人の義姉と共に暮らしていた
そこでは彼女は使用人のような扱いだった
部屋は地下室
ネズミと共にそこで過ごした
しかし、エラには夢があった
将来はドレスデザイナーになり、自分の店を持つ
そのためにエラは毎日を頑張っていた

その国の王子であるハワードは、政略結婚を嫌がり、仲間といつも遊び歩いていた
国王はほとほと困り果てていた
そんなある日、お城で式典があり、シンデレラも見に行った
人が大勢で前が見えないので、シンデレラは前国王の銅像によじ登った
バルコニーにいた国王は、それを見て激怒
しかし、ハワード王子はそのシンデレラの姿に目が釘付けになった
こんな女性は見たことがない

あの女性が運命の相手かも知れない
ハワードは変装して、城下町へシンデレラを探しに出かけたのだが…………

作品解説

監督は「ピッチ・パーフェクト」シリーズで脚本を手がけたケイ・キャノン
本作でも脚本を手がけている

国王役のピアース・ブロスナンと女王役のミニー・ドライヴァーは、「007/ゴールデンアイ」でも共演している

撮影は2020年2月に始まり、新型コロナウイルスの影響で3月に中断
2020年8月に再開して、9月に終了した

本作は2021年2月5日に劇場公開される予定だったが、最終的にソニーはキャンセルして、Amazonプライムビデオでの配信となった

カミラ・カベロ

義姉たちからシンデレラ(灰かぶり)と呼ばれるエラを演じる
家では継母たちから使用人のような扱いだがへこたれない
夢はドレスデザイナーになって、自分の店を持つこと
かなり逞しいシンデレラである

カミラ・カベロはアメリカの人気歌手
グラミー賞など多くの賞を受賞している
本作が映画初出演だが、見事な演技と歌声を披露

ニコラス・ガリツィン

ロバート王子を演じる
いつも仲間と遊び歩いているので、周囲からは無能と思われている
政略結婚に興味がなく、国王を悩ませている
だが、ひょんなことからシンデレラに一目ぼれして…………

ニコラス・ガリツィンは「ザ・クラフト:レガシー」などに出演

イディナ・メンゼル

エラの継母
実の娘2人を金持ちに嫁がせたいと考えている
エラにはきつく当たる
それは若い頃、夢を追って破れたことが関係しているようで…………

イディナ・メンゼルは「アナと雪の女王」のエルサ役で有名
本作でも見事な歌声を披露している

シンデレラ

有名なおとぎ話である「シンデレラ」
アニメや映画に何度もなっている
最近では2015年にディズニーが実写映画化している

「シンデレラ」

ケネス・ブラナー監督作品
シンデレラを「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ
継母をオスカー女優のケイト・ブランシェットが演じた
古典的なおとぎ話である「シンデレラ」を、王道でありながら新たな解釈を交えて描く
作品としてはこちらの方が格上

新たなヒロイン

シンデレラというと、継母たちにいじめられている可哀想な少女というイメージだった
しかし、カミラ・カベロ演じるエラはまるで違う
ドレスデザイナーになるという夢を持ち、市場で自らドレスを売る行動派
継母や義姉にいじめられても、まるで動じない強気な性格
とても不幸な少女には見えなかった
前国王の銅像によじ登るシーンでは、お転婆を通り越して非常識人間に思えた(笑)
魅力的なヒロインだとは思うが、もはやシンデレラとは別人だった

ミュージック

本作はミュージカルである
全編に歌のシーンが満載
オリジナル曲と懐かしのヒット曲が織り交ぜられている

クイーンの「愛にすべてを」
マドンナの「マテリアルガール」

またカミラ・カベロはさすがの歌唱力
「Million To One」は聞きごたえがあった

Camila Cabello – Million To One (Official Video – from Amazon Original "Cinderella")

ミュージカル好きなら楽しい時間を過ごせるだろう

新解釈

誰もが知っているおとぎ話「シンデレラ」
本作では様々な新解釈が施されている

野心的なシンデレラ
舞踏会の前に王子の方がシンデレラに一目ぼれ
魔法使いが男
王子よりも自分の夢を優先

新鮮ではあったが、ここまでくると「シンデレラ」とは別物
カミラ・カベロ主演のアイドル映画という印象になってしまった
それなりに楽しい作品ではあるが、古典にはなりえない
「シンデレラ」を見たいという子供がいれば、ディズニー版を見せた方が無難だろう

まとめ

カミラ・カベロ主演の「シンデレラ」
作品の完成度はいまいち
1時間52分も長く感じた
とはいえカミラ・カベロは魅力的
ミュージカル好きなら見て損はない

Cinderella (2021) on IMDb

Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/cinderella_2021
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/378710

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする