Netflix「デッドリー・イリュージョン」ネタバレ解説 ラストシーンの説明!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月18日にNetflixで配信されたサスペンス映画「デッドリー・イリュージョン」
Netflixのランキングで世界中で上位に入っているようだ

この映画を最後まで見た人の多くが戸惑っただろう
ラストシーンは何を意味するのかと

海外サイトなどを参考にして、自分なりの答えを出してみた
もちろん正しいかどうかは分からない
あくまで一つの解釈だと考えて欲しい

なお映画のネタバレ全開なのでご注意を!!

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「デッドリー・イリュージョン」

優しい夫、可愛い子供たち、豪華な邸宅
ベストセラー作家のメアリーは完璧な家庭を築いていた

ある日、メアリーは編集者から新作の執筆を依頼された
メアリーは断った
執筆を始めると没頭しすぎて、別人のようになってしまう
それでは子供たちの世話ができない

夫のトムの頼みで、メアリーは新作を書くことにした
子供たちはベビーシッターに見てもらう
そうしてメアリーはグレースという清楚な少女を雇ったのだが…………

主演のメアリーには「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリスティン・デイヴィス
ベビーシッターのグレースは「新しいワタシの見つけ方」のグリア・グラマー
メアリーの夫のトムにはダーモット・マローニー
監督はアンナ・エリザベス・ジェームズ

Netflixで配信されたサスペンス映画 人気作家のメアリーは新作執筆のために、ベビーシッターを雇うことにするが………… 安っぽいサ...

ラストシーン

メアリーの友人であるエレインが、何者かに殺される
凶器のハサミにはメアリーの指紋がついていた
メアリーは前日にエレインと口論していた
警察はメアリーが犯人だと疑った

しかし、メアリーには分かっていた
ベビーシッターとして雇ったグレース
彼女は嘘をついていた
本当は代理店から派遣されたベビーシッターではなかったのだ

メアリーはグレースの過去を調べた
グレースは幼い頃、虐待を受けていた
そしてマーガレットというもう一つの人格を生み出した
マーガレットは邪悪だった

家に帰ると夫のトムがマーガレットに刃物で襲われていた
メアリーが止めようとすると、今度は彼女に襲い掛かった
危ないところでメアリーは、花瓶でマーガレット(グレース)の頭を殴った

1年後、メアリーは精神病院にいるグレースを訪ねた
グレースは子供に戻ってしまったようで、善良そのものだった

カットが変わり、精神病院から誰かが出てくる
その人物は警察がカメラで捉えたエレインを殺した犯人と同じ服装だった…………

解釈

最後に精神病院から出てきた人物
殺人犯と同じ格好をしていたのは、誰だったのか?
作り手が明らかにしていないので、明確な答えはない
だが、3つの可能性が考えられる

①メアリー

グレースを見舞いに来たメアリー
彼女が普通に病院から出ていっただけ
特に深い意味はない

②グレース

精神病院のグレースは善良そのものに見えた
だが、マーガレットはまだ消えていなかった
彼女はメアリーを殺し、服を奪って病院から逃亡した

③もう一つの可能性

最後にもう一つの可能性がある
出ていったのは、やはりメアリーという解釈だ
しかし、話はそう単純ではない
つまりエレインを殺したのはメアリーだったのだ

グレースがエレインを殺害したという点には、実は不可解なところが多い

エレインはグレースのことを疑っていた
けれどグレースに直接告げたわけではない
メアリーにこっそり耳打ちしただけだ
エレインがそれを聞いていたようには見えなかった
つまりグレースにはエレインを殺す動機がないのだ
実際、グレースは劇中でエレインを殺したとは一度も言っていない

エレインが殺された時間、メアリーはベッドから抜け出していた
煙草を吸いに外へ出て、書斎の明かりがついていたので消しに行って、ベッドへ戻った
メアリーはそうトムに訴えた
だが、トムが言うにはメアリーは3時間戻ってこなかった
3時間もの間、メアリーはどこへ行っていたのか?
結局、その疑問は最後まで明らかにならなかった
メアリーにはアリバイがないのだ

セラピストであるエレインは診療室のデスクで殺されていた
ドアは正面に一つだけ
誰かが入ってきたら、気づかないはずがない
仮に深夜にグレースが訪ねてきても、座ったまま殺されるなんてあり得るだろうか?
よっぽど親しい人間でなければ、接近を許さないはずだ
そもそも、何故エレインは真夜中に職場にいたのか?
前日、エレインはメアリーと別れる時、「人に聞かれないところで話をしよう」と言っている

執筆中は人が変わる
メアリーは自分で何度もそう言っていた
かつてメアリーはエレインの患者だった
二重人格だったのは、本当にグレースだけだったのか?

「わたしに必要だったのは自分を開放すること」

メアリーはエレインの墓の前でそう語る
彼女が開放したのは、本当は何だったのだろうか?

まとめ

正直、いまいちな出来だと思った「デッドリー・イリュージョン」
しかし、このラストは面白かった
果たして上の3つに正しい答えがあるのか?
想像を巡らせてみるのも楽しいものだ

本編の感想はこちら

Netflixで配信されたサスペンス映画 人気作家のメアリーは新作執筆のために、ベビーシッターを雇うことにするが………… 安っぽいサ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOPへ

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする