Netflix「デッドリー・イリュージョン」ネタバレ感想 天使のようなベビーシッターの正体は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixで配信されたサスペンス映画
人気作家のメアリーは新作執筆のために、ベビーシッターを雇うことにするが…………

安っぽいサスペンス
出来はいまいちで、おススメしない

清純で天使のようなベビーシッターの少女
彼女の存在がじょじょに家庭を狂わせていく
いかにもTVムービーといったクォリティ
2時間近くと無駄に長い
前半はかなり退屈だった
基本的には時間の無駄
ただツボは押さえられているので、B級のサスペンス映画が好きな人なら、それなりに楽しめるだろう
いずれにせよ過度な期待はしないことだ


予告編

作品情報
作品名「デッドリー・イリュージョン」(原題Deadly Illusions)
監督:アンナ・エリザベス・ジェームズ
キャスト:クリスティン・デイヴィス、ダーモット・マローニー、グリア・グラマー、シャノーラ・ハンプトン
上映時間:114分
製作国:アメリカ(2021年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

人気作家のメアリーはスランプに悩んでいた。メアリーは新作執筆のために、ベビーシッターを雇うことにするが…………

感想(ここからネタバレ)

劇場公開なしでNetflixで配信されたが、オリジナル映画という扱いではないようだ

新作執筆

優しい夫、可愛い子供たち、豪華な邸宅
ベストセラー作家のメアリーは完璧な家庭を築いていた
ある日、編集者たちが家にやって来た
メアリーに新作を書いてくれというのだ

執筆料は200万ドルと高額だった
だが、メアリーはその話を断った
執筆を始めると没頭しすぎて、家庭のことをないがしろにしてしまう
まるで別人のようになってしまうのだ
メアリーはそれが嫌だった

夫のトムにそのことを話すと、彼の顔色が変わった
トムは半年前にギャンブルで、自分たちの財産の半分を失ったことを、メアリーに告白した
ショックを受けるメアリー
悩んだあげくメアリーは新作の執筆を引き受けた
しかし、仕事と子供たちの世話の両立は無理だ

友人のエレインに相談すると、ベビーシッターを派遣する良質な代理店を教えてくれた
メアリーは手続きをして、さっそく面接をすることになった
だが、メアリーはどの子も気に入らなかった

もう諦めかけていたところに、1人の少女が現れた
その少女グレースは読書が趣味の清楚な印象の女の子だった
グレースは子供たちとも、すぐ打ち解けた
メアリーはグレースがすっかり気に入り、彼女に来てもらうことに決めたのだが…………

メアリー

ベストセラー作家
完璧な家庭を築いている
だが、仕事の方はスランプ気味
ベビーシッターとして雇ったグレースに、じょじょに惹かれていき…………
演じるのは「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリスティン・デイヴィス

グレース

ベビーシッターの少女
清楚で従順
身寄りがなく、メアリーたち一家を本当の家族のように慕う
裏表のない性格に思えたが…………
演じるのは「新しいワタシの見つけ方」のグリア・グラマー

トム

メアリーの夫
妻や子供たちを愛しているが、ギャンブル好きという悪癖がある
最初はグレースにも家族のように接するが…………

演じるのはダーモット・マローニー
映画やドラマなど、多数の作品で名バイプレーヤーとして活躍
個人的に大好きな「ヤングガン」にも出ていた

ベビーシッター

雇ったベビーシッターが、実はヤバい人物だった
サスペンス映画でよくあるパターンである
Netflixオリジナル映画でも、タイトルそのままの「ザ・ベビーシッター」がある

2017年のNetflixオリジナル映画「ザ・ベビーシッター」の続編が登場 あの悪魔のベビーシッターが帰ってきた!! ファン(いればだけ...

作家であるメアリーは執筆に行き詰まり、様々な幻覚を見るようになる
これは現実なのか? 幻なのか?
メアリーは虚構とリアルの区別がつかなくなる
こういった作家の苦悩を描いたサスペンスには、ジョニー・デップ主演の「シークレット ウインドウ」がある

本作はそれらの要素を組み合わせたスリラーといえるだろう

サスペンス

ベビーシッターとして雇ったグレース
まるで天使のような少女
これが彼女の素顔なのか?
絶対に何かあると思わせたが…………

映画が始まって1時間経っても、特に何も起きない
ただメアリーがグレースとのイチャイチャを妄想するだけ

この作品ってサスペンスじゃなかったの!?

自分が何を見せられているのか分からない
本当に退屈だった

終盤、ようやく殺人が起き、サスペンス映画らしくなる
正直、ありがちな展開で特に意外性もなかったが、そこからはまあまあ楽しめた
とはいえ1時間54分は長すぎる
1時間30分ぐらいに収めて欲しかったところだ
そうすれば、もうちょっと印象が良くなったのだが…………

まとめ

安っぽい設定
無駄に多い濡れ場
いまいちな出来栄えの作品
だが、B級のサスペンスと割り切れば、それなりに楽しめるだろう

ラストシーンの説明はこちら

3月18日にNetflixで配信されたサスペンス映画「デッドリー・イリュージョン」 Netflixのランキングで世界中で上位に入っているよ...


Deadly Illusions (2021) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/deadly_illusions
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/376342

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする