「ボーダーライン2」新予告編公開 麻薬カルテルとの戦争再び!!今度はアメリカも敵に回す!?

https://theriver.jp/sicario-2-trailer-2/
[情報元:THE RIVER]

スポンサーリンク
PC用

エミリー・ブラント主演、ジョシュ・ブローリン、ベニチオ・デル・トロ共演の「ボーダーライン」の続編「ボーダーライン2(邦題未定、原題:SICARIO: Day of the Soldado)」の予告編が公開された
本作ではエミリー・ブラントは出演せず、ベニチオ・デル・トロとジョシュ・ブローリンに焦点を絞った作品となる


ベニチオ・デル・トロが前作に続いて演じるのは、家族をメキシコの麻薬王カルロス・レイエスに殺害された過去を持つ傭兵アレハンドロ・ギリック
今回、彼に下った命令はカルロスの娘イザベラを誘拐すること
CIAエージェントのマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)の目論見はイザベラの誘拐によってカルテル同士を対立させ、その両方を消滅させることだった
だが、計画は明るみに出てしまい、マットはアレハンドロにイザベラの殺害を命じる
アレハンドロはかつて自分の家族の命が奪われたように、罪なき少女を殺すことを拒むのだった

脚本は前作に続いてテイラー・シェリダン
監督はドゥニ・ヴィルヌーヴに代わって、「暗黒街」のステファノ・ソッリマ
2018年6月29日に米国公開予定である

ざっくり感想

大好きな「ボーダーライン」の続編がついに公開!!
監督がドゥニ・ヴィルヌーヴじゃないのは悲しいけど、砂の惑星で忙しいから仕方ないか!!

予告編を見ると、かなりハードな仕上がり
アクションましましになっていそう
印象だとアレハンドロと少女の逃避行?
CIAのマットとも対立しそう

個人的に注目しているのは脚本のテイラー・シェリダン
この人はあの名作「最後の追跡」でも脚本を担当(Netflixで配信中)

監督作「ウインド・リバー」も日本での7月公開を控えている

今、もっとも目が離せないクリエイターだ
この人が脚本というだけで「ボーダーライン2」も傑作の予感

ただ問題は日本での公開がはっきりしないこと
アメリカで来月公開なのに、いまだに日本での公開日が発表されないということは、最悪来年以降
まさかビデオスルーってことはないだろうな
そんなことになったら絶対に許さない!!(お前が許さないから何なの?

「ボーダーライン」

メキシコの麻薬戦争の最前線の実態をリアルに描いた衝撃アクション
まるで他の惑星のようにメキシコを映し出したドゥニ・ヴィルヌーヴの映像センスに痺れた
クライマックスも凄まじい
善とも悪ともとらえられないベニチオ・デル・トロの際立つ存在感
すごく胡散臭いCIAのジョシュ・ブローリンも良かった

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする