007最新作、ダニー・ボイルに監督が決定!!監督作品をざっくり振り返る

https://theriver.jp/bond25-danny-boyle/
[情報元:THE RIVER]

スポンサーリンク
PC用

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を務める映画「007」第25作目(タイトル未定)に「トレインスポッティング」「127時間」などのダニー・ボイル監督が正式に就任した
脚本は「トレインスポッティング」シリーズのジョン・ホッジが執筆
撮影は2018年12月3日から行われる

実はダニー・ボイル監督がジェームズ・ボンドを手掛けるのは、本作が2度目
2012年に開催されたロンドン・オリンピックの開会式典を演出した際、ダニエル・クレイグ演じるボンドとエリザベス2世女王本人を共演させた短編「Happy & Glorious」を撮っている

ダニエル・クレイグは以前、もう一度007を演じるぐらいなら、手首を切った方がまし、などと発言していたが撤回している
クレイグの本作のギャラは2500万ドルとのこと

ざっくり感想

あのダニー・ボイルが007を監督!!
好きな監督なので、これは嬉しい
悪役はユアン・マクレガーにして欲しい(無茶言うな

007は前作の「スペクター」が個人的にいまいちだったので、次回作がどうなるか心配だったが、ダニー・ボイルなら俄然期待できる
ダニー・ボイルが演出する007、どんな作品になるのか凄い楽しみ

ダニー・ボイル監督作
「トレインスポッティング」

世界に衝撃を与えたダニー・ボイルの出世作
ヘロイン中毒の若者たちの日常をポップに描いた
斬新な映像と疾走感に驚かされた

「28日後…」

ダニー・ボイルが放つまさかのゾンビ映画
内容は意外と王道
大ヒットして続編も作られた

「スラムドッグ$ミリオネア」

アカデミー作品賞、監督賞という快挙
スラム出身で無学のはずの青年が、なぜクイズ番組で勝ち進むことができたのか
ダニー・ボイル流インド映画

「127時間」

実話を基にした極限のドラマ
右手を岩に挟まれ身動きが取れなくなった青年
彼が最後に取った手段とは…………………
ほぼ登場人物一人で、場所も同じ
これで一本の映画を成立してしまうのだから、やはり凄い

「スティーブ・ジョブズ」

1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMac
ジョブズという男を三つの時代の新作発表会に焦点を絞って描いた構成が面白い
キャストも豪華

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする