「デッドプール2」裏話まとめ あの大スターがまさかのカメオ出演!?

https://theriver.jp/
[情報元:THE RIVER]

注意!!)本編のネタバレが多く含まれます

スポンサーリンク
PC用

「X-MEN」シリーズ最高の稼ぎ頭?

映画「デッドプール2」の米国興行収入が約2週間で「ローガン」の2億2,627万ドルという記録を抜き去った
本作はすでに「X-MEN: ファイナル ディシジョン」を抜いて映画版「X-MEN」史上第2位の米国興収を記録
では1位は何かというと、なんと前作の「デッドプール」なのだ
この作品が「X-MEN」シリーズだということを時々忘れそうになるが、シリーズ1位、2位を独占してしまったのである

続編のタイトルがなぜ「デッドプール2」に決まったのか?

「デッドプール2」、実に潔いタイトルだ
普通ならサブタイトルを付け加えたくなるのが人情
このシンプルなタイトルはなぜ決まったのか?

実は膨大なタイトル候補があったらしい
没になったタイトルは「デッドプール:ユニコーン・マウンテンからの脱出」、「デッドプール:エレクトリック・ブーガルー」、「デッドプール:郊外のコマンドー2」、「デッドプール:ジョシュ・ブローリンのパンツからの脱出」などがあったという
さまざまなタイトルを検討したあげくライアン・レイノルズは映画会社に伝えた

「いいタイトルを思いついたよ。『デッドプール2』っていうのはどう?」

考え抜いた末の結論なのか、もう決めるのが面倒くさくなったのかは分からないが、こうして続編のタイトルは決まったのだった

ライアン・レイノルズ、まさかの一人二役

映画の最後にデッドプールたちに立ちはだかる最大の敵ジャガーノート
実はこの声を演じているのはライアン・レイノルズ
このサプライズなキャスティングが決まった理由はライアンいわく「いや、もう予算が残ってなくて、他の声優を雇う金がなかった」とのこと

ディレクターズカット製作中!?

デヴィッド・リーチ監督は「デッドプール2」の完全版を製作していることを認めた
削除されたシーンやギャグが20分ほど追加されるらしい
追加される主なシーンは冒頭のデッドプールの自殺シーン
本編ではドラム缶で吹っ飛ぶシーンだけだが、実は様々な自殺を試みるシーンが撮影されていたらしい
この完全版はおそらく劇場公開ではなく、ブルーレイなどに収録されるだろうとのこと

あの衝撃の歴史改ざんはこうして決まった

映画のラストでデッドプールはケーブルのタイムトラベル装置を使って、様々な歴史を改ざんする
実はこのエピソードは脚本には存在しなかった
突然、デヴィッド・リーチ監督が言い出したというのだ
しかし本作の重要なエピソード、ヴァネッサの死がなかったことになるという案にライアン・レイノルズや脚本家の二人は猛反対
ライアン「ダメだ、ヴァネッサは生き返らせない!それはズルだ!」

一度は反対したライアンだが結局は受け入れる
映画そのものを台無しにしかねないこのアイデアが、すごくデッドプールらしいと考え直したからだ
そして、どうせなら徹底的にやろう
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「グリーン・ランタン」までアイデアを膨らませたのはライアン本人らしい
こうして、あの伝説級にひどいエピローグが誕生した!!

スポンサーリンク
PC用

豪華すぎるカメオ出演

「Xフォース」のメンバーで透明人間のバニッシャー
そのバニッシャーを演じるのはなんとあのブラッド・ピット!!
といっても本人が映るのは電線で感電死する一瞬だけ
実はブラッド・ピットはジョシュ・ブローリンが演じたケーブル役として、最初にオファーされたらしい
結局、この話は流れたが、何か出番があれば呼んでくれと監督に伝えていた
こうして、このシーンは実現
ちなみにブラッドの出演の条件はライアン・レイノルズがスターバックスでコーヒーを買ってくること

マット・デイモンがこの映画に出演していたことに気づいた人はいるだろうか
マットはケーブルが現代に到着するシーンで、トイレットペーパーやウエットティッシュについて熱心に語る男の役を演じていた
特殊メイクでスタッフすらマット・デイモンだとは気づかなかったらしい
マットいわく「ライアンから食事中にオファーを受け引き受けた」とのこと

「有名なX-MENが出てこないじゃないか」
デッドプールがそうぼやくシーン
彼の後ろの一室にはおなじみのメンバー
だが、扉はそっと閉められる
このシーンに登場したのはプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)、ビースト(ニコラス・ホルト)、クイックシルバー(エヴァン・ピーターズ)、サイクロップス(タイ・シェリダン)、ストーム(アレクサンドラ・シップ)、ナイトクローラー(コディ・スミット=マクフィー)の6名
デッドプールとこの6名のシーンは別々に撮影されたらしい

ざっくり感想

裏話のネタも豊富な「デッドプール2」
あの感電死した男、やっぱりブラッド・ピットだったんだ
でも、マット・デイモンは気づくわけがない
あのひどいエピローグが監督のアイデアだったとは意外
でも、この映画、どこまで本気でどこまでジョークか分からないから、裏話も真に受けない方がいいかも

関連記事
「デッドプール2」ネタバレ感想 あの無責任ヒーローが最強の仲間たちを連れ帰ってきた!!
「デッドプール2」の次回作は「Xフォース」に決定!! 現在判明していることまとめ

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする