「デッドプール2」の次回作は「Xフォース」に決定!! 現在判明していることまとめ

https://theriver.jp/
[情報元:THE RIVER]
注意!!)「デッドプール2」のネタバレが多く含まれます!!

スポンサーリンク
PC用

「デッドプール2」が全世界で大ヒット
「X-MEN」シリーズの歴代1位になりそうな勢いだ
こうなるとファンが気になるのは早くも「デッドプール3」
はたして続編は作られるのか?

これに対して主演のライアン・レイノルズはインタビューでこう答えている

「『デッドプール3』のことは考えてもいません。今、準備しているのは『Xフォース』です」

次は「Xフォース」でチームとしての活躍を描くというのだ
だが、そうなると疑問が生まれる

あれ? Xフォースって「デッドプール2」で全滅しなかったっけ!?

Xフォースのメンバー

ドミノ

演じるのはザジー・ビーツ
超絶に運がいい
身体能力も驚異的
デッドプールよりよっぽど役に立った

ベドラム

演じるのは「エクスペンダブルズ」シリーズのテリー・クルーズ
近接格闘術の達人
近くの電子機器を無効にする能力も持つ
バスに轢かれて死亡

ツァイトガイスト

演じるのは「IT/イット “それ”が見えたら、終わり」でペニーワイズ役のビル・スカルスガルド
口から強い酸を吐く能力を持ったミュータント
粉砕機に飛び込み死亡

シャッタースター

演じるのはドラマ「Marvel アイアン・フィスト」に出演したルイス・タン
超振動で刀の威力を増幅させる二刀流の剣士
ヘリコプターのプロペラに巻き込まれ死亡

バニッシャー

演じるのはあのブラッド・ピット
透明人間
電線に引っかかって感電死

ピーター

演じるのは人気コメディアンのロブ・デラニー
ただの一般人
ツァイトガイストの酸性のゲロで顔面を溶かされ死亡

なお本編で使われなかった彼らの嘘の活躍が予告編で描かれている
俳優陣は本編に使われないことを承知の上で撮影に臨んでいた

Xフォースのメンバーを全滅させた理由

シャッタースターにせよベドラムにせよ、コミックでは多くの読者に愛される人気キャラクターだ
それをなぜ何の活躍も見せずに退場させたのか?
脚本家のポールはこう答える

「『デッドプール』の判断基準は“ほかのヒーロー映画がやれないことをやる”
だからクレイジーなことをやろうと思った」

さすが「デッドプール」はスタッフもぶっ飛んでいる

次回作「Xフォース」の監督はこの展開をどう見たか?

映画「Xフォース(仮題)」で脚本・監督を務めるのは、ドラマ「Marvel デアデビル」や映画「オデッセイ」の脚本で知られるドリュー・ゴダード
「デッドプール2」では脚本のコンサルタントとして関わっている
「Xフォース」で監督を務めることが決定しているドリューは、あの衝撃の展開をどう思ったのか?

「脚本を読んで爆笑しました。だってこの手の映画で一番予想しない展開じゃないですか。だから、すごく嬉しくて」

Xフォースをほぼ全滅させる展開に不安がっているライアン・レイノルズを、ドリュー監督はむしろ励ましたそうだ

「心配しないで。あとは『Xフォース』で僕が何とかするから」

スポンサーリンク
PC用

映画「Xフォース」の現在の構想

「Xフォース」に出演することが判明しているのは3人
ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、ザジー・ビーツである
ドリュー・ゴダード監督はこの3人、デッドプール、ケーブル、ドミノを中心にした物語になると明言している
ストーリーはほぼ決まっているが、脚本にはまだ取り掛かっていないようだ
「Xフォース」はミュータントのチームという意味では「X-MEN」と同じだが、自分たちの手を汚すこともいとわないR指定の尖ったアンサンブル映画になるという

なお気になる公開時期は全く決まっていない
ライアン・レイノルズがしばらくは赤いスーツを見るのも嫌だとのこと
すでにライアンはマイケル・ベイ監督のSFアクション映画「6 Underground(原題)」や同名ボードゲームの映画化作品「Cluedo(仮題)」など、いくつかの出演作品が決まっている
「Xフォース」にお目にかかれるのは、まだ当分先になりそうだ

ざっくり感想

「デッドプール2」で衝撃の退場をした「Xフォース」のメンバーたち!!
彼らにはたして次回作での出番はあるのか!?
まあ、ケーブルのタイムトラベル装置があるから、どうにでもなるか(それを言うな

関連記事
「デッドプール2」ネタバレ感想 あの無責任ヒーローが最強の仲間たちを連れ帰ってきた!!
「デッドプール2」裏話まとめ あの大スターがまさかのカメオ出演!?

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする