Netflix「アフター」感想 運命の出会い………………

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナル映画
全米では4月12日に公開され、初登場8位だった

1. 「シャザム!」 2. 「Little」 3. 「Hellboy」 4. 「Pet Sematary」 5. 「ダンボ」 6....

真面目な優等生の女の子が、軽薄だが陰のあるプレイボーイに惹かれていく………………
まさに少女マンガの世界!!
王道純愛映画である
主演の二人が魅力的
甘酸っぱい気分が味わえる
たわいもない話ではあるが、ツボは押さえている
恋愛映画が好きな人なら、気軽に楽しめるだろう


予告編

作品情報
作品名「アフター」(原題After)
監督:ジェニー・ゲイジ
キャスト:ジョセフィン・ラングフォード、ヒーロー・ファインズ・ティフィン、セルマ・ブレア、ジェニファー・ビールス、ピーター・ギャラガー
上映時間:105分
製作国:アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

真面目な優等生テッサは名門大学への入学を果たした。ある日テッサは、ハーディンというイケメンだが軽薄なプレイボーイと知り合う。ハーディンは何かとテッサにちょっかいを出してくるのだが………………

感想(ここからネタバレ)

原作はアナ・トッドが2014年に発表したベストセラー小説「AFTER」
すでに続編の映画化も決定している

出会い

テッサ・ヤングは真面目な優等生
名門大学へ進学し、母親と恋人のノアの助けを借りて、学校の寮へ越してきた
ルームメイトのステフの軽薄な姿を見て、母親は眉をひそめる
学業に悪影響があるのではないか
テッサは自分は絶対に大丈夫だと約束した

学期が始まった
生真面目なテッサは周りから多少浮いていた
そんな時、ハーディンというイケメンと知り合う
彼はいつも違う女の子を連れているプレイボーイだった
真実の愛など存在しない
それがハーディンの信条だった
テッサはそんな彼を嫌悪した

しかし、無理やり誘われたパーティで、テッサはハーディンと急接近した
ハーディンは軽薄に見えて、どこかがあった
テッサは強くハーディンに惹きつけられた

自分にはノアという恋人がいる
テッサはハーディンと距離を取ろうとした
だが、森の中の湖で二人きりになった時、とうとうテッサは自分の感情が抑えられなくなる
二人は水の中で強く抱き合った
ハーディンと出会う前と、出会った後
テッサの人生が大きく変わった………………

テッサ・ヤング

父親が家を出て行った後、ずっと母親に従って生きてきたテッサ
真面目に勉強し、学業で優秀な成績を収めた
恋人も母親が薦める幼馴染のノアと付き合った
自分が支えないと、母親が壊れてしまうと思ったからだ
すでに母はずっと長い間、傷ついている

ハーディンと出会ったことで、テッサの価値観は大きく変わる
尖った性格のハーディンは、とても母親が気に入りそうな相手ではない
しかし、強く惹きつけられた
テッサは母親ではなく自分の人生を生きたいと願うようになる

そんなテッサを演じるのは新人のジョセフィン・ラングフォード
知的で気品のあるテッサを瑞々しく演じている
生真面目なテッサがハーディンとの出会いによって、サナギからになるように美しく魅力的になるのが見事
今後が注目の新人だ

ハーディン・スコット

軽薄そうに見えて陰があり、大勢の中にいてもひときわ目を引く
まるで少女マンガから抜け出てきたようなキャラクターだ
いつも違う女の子を連れているプレイボーイ
それでいて文学に精通しているという意外な一面もある
最初はテッサとも「嵐が丘」を通じて知り合った

真実の愛など存在しない
そう口にするハーディン
問題ある生活態度の彼は学長の息子だった
父親との関係は最悪
幼少の頃の悲惨な記憶のせいで、人を愛することが出来なくなっている
軽薄そうに見えて心を閉ざしているハーディン
その凍った心をテッサがほぐしていく

最初は遊びのつもりだった
でも、自分に簡単になびかないテッサに、徐々に惹きつけられていく
テッサと付き合うようになって、明るい表情を見せるようになったのが印象的
ハーディンはすっかりテッサに夢中になってしまった
真実の愛なんて存在しない
そんなハーディンがテッサの背中に、指で「I LOVE YOU」と綴るシーンは印象的

そんなハーディンを演じるのはヒーロー・ファインズ・ティフィン
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」でヴォルデモートの少年時代を演じた

この作品の見どころ

ティーンエイジャー向けの恋愛映画である
少女マンガのようなノリで、気軽に楽しめる
主演二人も魅力的

だがその分、内容は薄い
ストーリー展開もどこかで見たようなものばかりである
クライマックスもありがちな展開で拍子抜け
「何があっても、あなたを愛する」と言っていたテッサが、急にハーディンの話を聞かなくなり、正直イライラした
もっとキャラクターの核心に迫って欲しかったのだが

とはいえ気軽に見るには悪くない恋愛映画
すでに続編の製作も決まっている
過度な期待をしなければ、それなりに楽しめるだろう

まとめ

物足りない部分はある
もっとキャラクターの内面を深く描いて欲しかった
だが、主演二人の若々しい魅力と、王道の展開でそれなりに楽しめる
あくまでティーン向けの恋愛映画
映画館まで行く価値はないが、テレビで気軽に見るには悪くないだろう

関連記事

初のNetflixオリジナルのドイツ映画である イギリス映画「アリス・クリードの失踪」のリメイク ステラは路上でマスクをした男二人に誘拐...
Netflixオリジナル映画 フランスのアクション・スリラー「この愛のために撃て」のハリウッド・リメイク オリジナルは大傑作だが、こちら...


After (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/after_2019

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする