Netflix「ステラ -真昼の誘拐-」感想 リメイクとしては微妙……………

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初のNetflixオリジナルのドイツ映画である
イギリス映画「アリス・クリードの失踪」のリメイク
ステラは路上でマスクをした男二人に誘拐される………………
登場人物は3人だけ
かなりハードな内容
緊迫感は凄まじい
ユーモアなどは一切ないので、好みが分かれるだろう
事件の裏側が徐々に明らかになるさまが面白い
二転三転する展開も目が離せない
娯楽映画としては地味
ちょっと生真面目すぎる印象
サスペンスが好きな人なら、なかなか楽しめるだろう
オリジナルの「アリス・クリードの失踪」を見ていなければだが………………


予告編

作品情報
作品名「ステラ -真昼の誘拐-」(原題Kidnapping Stella)
監督:トーマス・ジーベン
キャスト:イェラ・ハーゼ、マックス・ボン・デル・グレーベン、クレーメンス・シック
上映時間:89分
製作国:ドイツ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

ステラは路上でマスクをした二人組に誘拐された。古いアパートの一室に連れ込まれたステラは、ベッドに縛り上げられるが………………

感想(ここからネタバレ)

こういうこじんまりとしたジャンル映画とNetflixの相性は抜群
今後、ますます増えていくだろう

真昼の誘拐

富豪の一人娘であるステラは、路上でマスクをした二人組の男に誘拐される
ステラは古いアパートの一室で、ベッドに手足を縛られた
男たちの顔はマスクで見えない

猿ぐつわをされて、ベッドから動けないステラ
男たちはその姿を写真に撮った
それを父親に送り、身代金を要求するという

「危害を加えるつもりはない。だが、抵抗したら容赦しない」

年配のマスクの男は凄みがあった

男の1人が電話をすると出かけ、若い方が残った
ステラは用が足したいと要求する
男はベッドにかけられた左手の手錠だけを残して、ステラの手足を開放した
バケツで用を足せという

「見られていたら出来ない」

仕方なく男は後ろを向いた
ステラはバケツで男の後頭部を殴った
揉み合う二人
男のマスクが取れた
それは別れたかつての恋人、トムだった………………

「アリス・クリードの失踪」

本作は2009年のイギリス映画「アリス・クリードの失踪」のリメイクである
そちらは残念ながら未見

「ディセント2」脚本家のジェイ・ブレイクソンの監督デビュー作
ヒロインを演じるのは「007 慰めの報酬」ジェマ・アータートン
その緻密なシナリオが世界で絶賛された

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

サスペンス

冒頭は二人の男、トムヴィックが何かの準備をしている
ホームセンターで道具や必要なものを揃え、部屋の窓を打ち付け、壁を防音加工する
そして、男たちはマスクをかぶり、白昼堂々と路上でステラを誘拐する
10分近くセリフが一切ない
そのことが張り詰めた緊迫感と、犯人たちのプロフェッショナルぶりを伺わせる

この作品の登場人物はステラとヴィックとトムの3人だけ
舞台も主にアパートの部屋だけで進行する
まるで舞台劇を見ているかのようだ

ステラの監禁シーンはかなりリアルに描かれている
目隠しや猿ぐつわをされ、服をハサミで切られて、準備した服を着せられる
手足はベッドに縛られ、身動きできない状態だ
父親が身代金に応じず、ステラが小指を切断されそうになるシーンもある
見ていて精神的にきつかった

物語は誘拐から始まり、そこから事件の背景が徐々に明かされる

ステラと犯人の心理的駆け引き
信頼と裏切り
拳銃と携帯

それぞれの力関係が逆転するのが面白い
また何とか犯人を出し抜き脱出しようとするステラの姿に、手に汗握るシーンも多かった
サスペンス映画として悪くない出来だ

リメイクの必要性

問題はなぜ「アリス・クリードの失踪」をリメイクする必要があったのかだ
もちろんリメイクにも傑作はある
中には「遊星からの物体X」のように、オリジナルを越えたとまでいってもいい作品も
だが、それはあくまで例外

「死霊のはらわた」「X-ミッション」「ベン・ハー」「アサシン 暗・殺・者」

ほとんどはオリジナルを越えられずに、凡庸な出来で終わる
特にオリジナルが傑作と評されている作品ならばなおさらだ

この「ステラ -真昼の誘拐-」がオリジナル作品だったら、それなりに評価できた
しかし、リメイクとなると話は別だ
見どころの多くはオリジナルから引き継いだもの
むしろ色々と劣化しているようだ
わざわざリメイクをした意味が見いだせない

「アリス・クリードの失踪」は脚本が秀逸だと評価されている
そういう作品はリメイクが難しい
例えば「レザボア・ドッグス」をリメイクしても、ロクなものにならないだろう
それと同じことだ
改めて作り直す意味を見いだせないリメイクは、存在する価値がない
それだけリメイクのハードルは高いのだ

裏話

本作はドイツ初のNetflixオリジナル映画である
映画館で公開しないことに躊躇いはなかったのか?
そう訊かれてトーマス・ジーベン監督は語った

「今のテレビは15年前のように小型ではありません。Netflixは高解像度で、音質も良いです。それに彼らはとても協力的でした。しかも作品が世界で配信されます。機会があれば、またNetflixと組みたいです」

まとめ

ドイツ初のNetflixオリジナル映画
これがリメイクじゃなかったら、悪くない出来なのだが
残念な結果になってしまった
だが「アリス・クリードの失踪」を見ていなければ、それなりに楽しめるだろう
見ている人は、正直こちらを見る価値はない

関連記事

Netflixオリジナル映画 全米では4月12日に公開され、初登場8位だった 真面目な優等生の女の子が、軽薄だが陰のあるプレ...
Netflixオリジナル映画 フランスのアクション・スリラー「この愛のために撃て」のハリウッド・リメイク オリジナルは大傑作だが、こちら...


Kidnapping Stella (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes

https://www.rottentomatoes.com/m/kidnapping_stella

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする