「アクアマン」がV3の快挙!! 全米興行成績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「アクアマン」
2. 「Escape Room」
3. 「メリー・ポピンズ リターンズ」
4. 「スパイダーマン:スパイダーバース」
5. 「バンブルビー」
6. 「運び屋」
7. 「バイス」
8. 「Second Act」
9. 「シュガー・ラッシュ:オンライン」
10. 「Holmes & Watson」




「アクアマン」が3030万ドルで3週連続の首位をキープした
これで米国での興収は2億5,972万ドルとなる
海外興収は6億8,100万ドル
合わせて9億4,072万ドルとなった
「ワンダーウーマン」や「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」も抜いてしまった
もはや10億ドル突破も時間の問題と思われる

2位に初登場はサスペンス・スリラー「Escape Room」
1,800万ドルという予想を上回る好成績だった
ある日、6人の男女の下に脱出ゲームの招待状が届く
軽い気持ちで参加した6人だったが、ゲームの舞台となる屋敷には大量の罠が仕掛けられていた
招待状の送り主が本気で自分たちを殺そうとしていると気づいた彼らは、協力して脱出しようとするが………………
シネマスコアは「B」
ロッテントマトは54%だった
平凡だがサスペンスとしてそれなりに楽しめるといったところのようだ
出演はテイラー・ラッセル、ローガン・ミラー、デボラ・アン・ウォール、タイラー・ラビーン、ジェイ・エリス
監督は「インシディアス 最後の鍵」のアダム・ロビテル

予告編

3位は「メリー・ポピンズ リターンズ」
1577万ドルを稼ぎ米国での総額は1億3,870 万ドルとなった

5位の「バンブルビー」は中国でも公開され、5,940万ドルという大ヒットを記録した
これで世界総額は2億8900万ドルとなった
中国市場の存在感はますます大きくなってきている
世界で公開されていない主要国は、残るは日本だけとなった

クリント・イーストウッドの「運び屋」は6位で、900万ドルと落ち込みが少なく、好調をキープ
総額は8100万ドルを越えた




ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする