「クレイジー・リッチ!」勢いは止まらずV3!!全米興行成績

1. 「クレイジー・リッチ!」
2. 「MEG ザ・モンスター」
3. 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」
4. 「Operation Finale」
5. 「search/サーチ」
6. 「プーと大人になった僕」
7. 「Alpha」
8. 「The Happytime Murders」
9. 「BlacKkKlansman」
10. 「マイル22」

スポンサーリンク
PC用

アジア系俳優総出演の「クレイジー・リッチ!」は勢いが止まらず、週末に2200万ドルを稼ぎ、公開から3週連続で首位となった
観客はアジア系だけではなく、様々な人種の老若男女が押し寄せているという
累計はついに大台の1億ドルを突破した
ちなみに2018年で3週連続首位を維持した作品は「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」「ブラックパンサー」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の3本だけである

2位は前週と変わらず「MEG ザ・モンスター」

3位は「ミッション:インポッシブル フォールアウト」で公開6週目でも高い人気をキープ
累計は2億ドルを越えた
本作は中国でも公開が始まり、オープニング成績は7730万ドルの大ヒットとのこと

4位に初登場は実録サスペンス「Operation Finale」
ホロコーストを指揮したといわれる元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを追跡し、逮捕に導いたイスラエル諜報特務庁(モサド)の諜報員の活躍を描く
主演はスター・ウォーズ新3部作でポーを演じるオスカー・アイザック
共演はベン・キングズレー、メラニー・ロラン
監督は「アバウト・ア・ボーイ」「ライラの冒険 黄金の羅針盤」のクリス・ワイツ

予告編

全編PC画面の中だけで物語が展開する異色のミステリー「search/サーチ」は拡大公開で5位にランクイン
16歳の娘マーゴットが忽然と姿を消した
父親のデビッドは手掛かりを探すために彼女のPCにログイン
SNSにアクセスするが、やがて自分の知らない娘の意外な一面が浮き彫りになっていく
米サンダンス映画祭で観客賞を受賞し、高い評価を受けている
主演は「スター・トレック」シリーズのスールー役で知られるジョン・チョー
監督はこれが長編デビューとなるインド系の新鋭、アニーシュ・チャガティ
奇しくもアジア系の俳優の主演作が2作もランクインするという快挙となった
日本での公開は10月26日

予告編

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする