「ボヘミアン・ラプソディ」予想を上回る大ヒット!! 全米興行成績

1. 「ボヘミアン・ラプソディ」
2. 「くるみ割り人形と秘密の王国」
3. 「Nobody’s Fool」
4. 「アリー/ スター誕生」
5. 「Halloween」
6. 「ヴェノム」
7. 「スモールフット」
8. 「Goosebumps 2: Haunted Halloween」
9. 「Hunter Killer」
10. 「The Hate U Give」

スポンサーリンク
PC用

世界的な人気ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が5000万ドルという見事な興収で、初登場1位に輝いた
関係者が事前に予想していた3500万ドルという数字をはるかに上回った
5000万ドルという数字は同じく音楽映画の話題作「アリー/ スター誕生」の4,290万ドルをしのいでいる
監督ブライアン・シンガーの降板、批評家の賛否両論など悪いニュースが続いたが、観客からは圧倒的な支持を集めた
男女の比率は約半々でクイーンをリアルタイムで知らない世代も、劇場に駆け付けているようだ
なお「ボヘミアン・ラプソディ」の全世界興行は早くも1億4,100万ドルに達している
日本での公開は11月9日

予告編

一方、残念な結果になってしまったのは2位に初登場のディズニーの最新作「くるみ割り人形と秘密の王国」
興収2000万ドルという微妙な結果になってしまった
チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」を、ディズニーが実写映画化
母を亡くし心を閉ざした少女クララ
クリスマス・イブの夜にくるみ割り人形に導かれ、不思議な世界に迷い込む
それは「花の国」「雪の国」「お菓子の国」
クララはその世界でプリンセスと呼ばれる
だが、その世界には第4の国があった
その国の反乱にクララは巻き込まれてしまい………………

批評家、観客共に評価は芳しくなかった
主演のクララは「インターステラー」のマッケンジー・フォイ
共演はキーラ・ナイトレイ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン
監督は「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレムと「遠い空の向こうに」のジョー・ジョンストン
日本での公開は11月30日

予告編

3位はティファニー・ハディッシュとチカ・サンプター共演のコメディ「Nobody’s Fool」が初登場ランクイン
ターニャは刑務所を仮出所したばかり
真面目な妹はオンラインで男性と親しくなっていた
ターニャはその男がなりすましではないかと疑うが………………
共演はウーピー・ゴールドバーグ、オマリ・ハードウィック
監督・脚本はタイラー・ペリー

予告編

「アリー/ スター誕生」は4位で累計で1奥6500万ドルを越えた
同じ音楽映画である「ボヘミアン・ラプソディ」といつまで共にランクインし続けるか見もの

前週、首位の「Halloween」は今週は5位

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする