イルミネーション・スタジオ最新作「グリンチ」大ヒット・デビュー!! 全米興行成績

1. 「グリンチ」
2. 「ボヘミアン・ラプソディ」
3. 「Overlord」
4. 「くるみ割り人形と秘密の王国」
5. 「蜘蛛の巣を払う女」
6. 「アリー/ スター誕生」
7. 「Nobody’s Fool」
8. 「ヴェノム」
9. 「Halloween」
10. 「The Hate U Give」

スポンサーリンク
PC用

「怪盗グルー」シリーズ、「ミニオンズ」「ペット」など話題作を続々と提供するイルミネーション・スタジオの最新アニメ「グリンチ」が初登場首位
興収6600万ドルとクリスマス映画としては申し分ない大ヒットとなった
「グリンチ」はドクター・スースの名作絵本をアニメ化したもので、2000年にジム・キャリー主演で実写映画化もされている
11月に公開されたアニメ映画としては「Mr.インクレディブル」の70万ドル、「アナと雪の女王」の67万ドルに次いで、3番目のオープニング記録となる

ひねくれ者のグリンチは愛犬マックスと洞窟の中で暮している
いつもグリンチは近くの村の人々に意地悪ばかりしていた
今年もクリスマスの季節がやってきた
グリンチは村人たちからクリスマスを盗むことを思いつくが………………
主演のグリンチの声はベネディクト・カンバーバッチ
日本語吹替版のグリンチの声は大泉洋が担当する
監督は「ペット」のヤーロウ・チェイニーとスコット・モシャー
日本での公開は12月14日

予告編

前週1位の「ボヘミアン・ラプソディー」は2位に後退したが、累計は早くも1億ドル突破
海外でも好調で、世界的な総額は2億8500万ドル
11月9日に公開された日本でも1位を獲得している

3位にはJ・J・エイブラムス製作の戦争ホラー、「Overlord」が初登場
興収1000万ドルと残念な結果となった
ノルマンディー上陸作戦成功のために、送り込まれた米軍の小隊
だが飛行機がフランスに墜落し、生き残ったのは5人だけだった
近くの村の教会がナチスの研究施設として使われているという情報を得た彼らは、そこに潜入するが………………
レビューの方は上々なので、今後の巻き返しに期待したいところ
監督は「ガンズ&ゴールド」のジュリアス・エイヴァリー

予告編

初登場5位と厳しい出だしになったのは「蜘蛛の巣を払う女」
世界的なセンセーションを巻き起こした北欧発のサスペンス「ミレニアム」シリーズの最新作
作者のスティーグ・ラーソンは「ミレニアム」3部作を発表した後で亡くなったが、本作はその続編としてダヴィド・ラーゲルクランツによって書かれた第4部が原作である
2011年にデビッド・フィンチャー監督によってシリーズ第1作の「ドラゴン・タトゥーの女」が、ダニエル・クレイグとルーニー・マーラ主演で映画化されたが、メインスタッフやキャストはほぼ入れ替わっている
順番通りに第2部を映画化して欲しかったというファンが多かったようで、評価も芳しくないものとなった

天才ハッカーのリスベットはAIの世界的権威であるバルデル教授から、アメリカ国家安全保障局(NAS)から核攻撃プログラムを取り返してほしいと依頼される
手掛かりを探るうちにリスベットは、何者かが仕掛けた罠にはまってしまう
主人公のリスベット役を「ファースト・マン」のクレア・フォイ
共演にスベリル・グドナソン
監督は「死霊のはらわた」「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレス
日本での公開は2019年1月11日

予告編

8位の「ヴェノム」は中国でも公開
1億1,100万ドルというロケット・スタートを記録した
これはスーパーヒーロー映画としては「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」に次ぐ歴代2位
全世界興行収入は6億7,353万ドルを突破した

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする