「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が初登場1位!! 全米興行成績

1. 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
2. 「グリンチ」
3. 「ボヘミアン・ラプソディ」
4. 「Instant Family」
5. 「妻たちの落とし前」
6. 「くるみ割り人形と秘密の王国」
7. 「アリー/ スター誕生」
8. 「Overlord」
9. 「蜘蛛の巣を払う女」
10. 「Nobody’s Fool」



週末の全米興行成績はJ・K・ローリングの「ファンタスティック・ビースト」シリーズ第2弾「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が1位でデビューを飾った
興収6200万ドルは立派な数字だが、前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の7500万ドルには及ばなかった
アメリカからイギリスに帰ってきた魔法動物学者ニュートは、黒い魔法使いグリンデルバルドが逃亡したという報せを受ける
恩師ダンブルドアから特命を受け、ニュートは今度はパリへ向かうのだが………………
批評家の評価は残念ながら芳しくなく、ロッテントマトでは現時点で40%となっている
世界的な興収は中国を含め2億8300万ドルだった
主演は前作に続いてニュートにエディ・レッドメイン
共演にキャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ
監督も引き続きデヴィッド・イェーツ
日本での公開は11月23日

予告編

前週首位の「グリンチ」は2位に後退も1億ドル突破

4位に初登場はマーク・ウォールバーグとローズ・バーンが夫婦を演じるコメディ「Instant Family」
子供が欲しい夫婦は養子を貰うことにする
1人で良かったのだが、成り行きで3人の子供を引き取ることに
その日から想像もしなかった悪戦苦闘の日々が始まった
観客の評価は高く、ロッテントマトで現時点で87%
口コミによる伸びが期待できる
共演はオクタヴィア・スペンサー、ティグ・ノタロ、イザベラ・モナー
監督は「パパVS新しいパパ」のショーン・アンダース

予告編

「それでも夜は明ける」のスティーヴ・マックィーン監督と「ゴーン・ガール」の脚本家ギリアン・フリンがコンビを組んだクライム・サスペンス「妻たちの落とし前」は5位に初登場
シカゴで4人の犯罪者が強盗に失敗し死亡するという事件が起きる
残された妻たち
4人の未亡人は強盗団「WIDOWS(ウィドウズ)」を結成し、夫たちが成し遂げられなかった強盗を代わりに果たそうとする
1983年にイギリスで放送されたミニTVシリーズ「Widows」のリメイク
批評家からは大絶賛されている
主演はヴァイオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲス、エリザベス・デビッキ、シンシア・エリヴォ
共演にコリン・ファレル、ジョン・バーンサル、ダニエル・カルーヤ、ジャッキー・ウィーヴァー、ロバート・デュヴァル、リーアム・ニーソン
日本での公開は2019年4月

予告編





スポンサーリンク
PC用

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする