「シュガー・ラッシュ:オンライン」がV2!! 全米興行成績

1. 「シュガー・ラッシュ:オンライン」
2. 「グリンチ」
3. 「クリード 炎の宿敵」
4. 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
5. 「ボヘミアン・ラプソディ」
6. 「Instant Family」
7. 「The Possession of Hannah Grace」
8. 「Robin Hood」
9. 「妻たちの落とし前」
10. 「グリーン・ブック」




週末の全米興行成績はディズニー・アニメ「シュガー・ラッシュ:オンライン」が興収2575万ドルで2週連続で1位を獲得した
累計は早くも1億ドルを突破
全世界では2億900万ドルとなっている

2位は「グリンチ」で前週から1ランクアップ
興収1770万ドルで累計2億ドルを突破した

3位は「クリード 炎の宿敵」が前週から1ランクダウン
興収は1680万ドルで、累計は8100万ドルを越えた

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は4位で興収1120万ドル
累計1億3500万ドルと北米では期待を少々下回っている
だがアメリカ以外は好調で3億8500万ドル
ワールドワイトでは5億ドルを突破した
日本でも2週連続1位で、観客は200万人を超えた

5位の「ボヘミアン・ラプソディ」はとうとう「ストレイト・アウタ・コンプトン」を抜いて、全米の音楽映画歴代1位となった
世界累計も5億3,956万ドルと絶好調である

7位に初登場はホラー「The Possession of Hannah Grace」
警察官を辞めたメーガンは、新たに病院の遺体安置所で警備員として働くことになる
そこへ悪魔祓いの途中で死んでしまったというハンナという名の少女の遺体が運ばれてくる
事件性を感じたメーガンは独自に調査を試みる
ところが彼女の周りで奇妙な現象が起きはじめる
その少女にはまだ悪魔が憑りついているのではないか?
評価はロッテントマトで14%と低調
観客の評価も「C-」だった
主演は「プリティ・リトル・ライアーズ」のシェイ・ミッチェル
監督はオランダ出身のディーデリク・ヴァン・ローイェン

予告編




スポンサーリンク
PC用

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする