「ヒックとドラゴン3(仮題)」がシリーズ最高のオープニング!! 全米興行成績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「How to Train Your Dragon: The Hidden World」
2. 「アリータ:バトル・エンジェル」
3. 「レゴ(R)ムービー2」
4. 「Fighting with My Family」
5. 「ロマンティックじゃない?」
6. 「What Men Want」
7. 「Happy Death Day 2U」
8. 「Cold Pursuit」
9. 「The Upside」
10. 「Run the Race」

ドリームワークス・アニメの人気シリーズ「ヒックとドラゴン」第3弾「How to Train Your Dragon: The Hidden World」がシリーズ最高のオープニングとなる5,550万ドルで初登場1位を飾った

「ヒックとドラゴン」の1作目は製作費1億6,500万ドルで、オープニング成績は4373万ドル、世界累計では4億9487万ドル
「ヒックとドラゴン2」は製作費1億4,500万ドルで、オープニング成績は4945万ドル、世界累計で6億2153万ドル
そして「ヒックとドラゴン3」は製作費1億2,900万ドルで、オープニング成績は5,552万ドル、現時点の世界累計は2億7492万ドル
注目すべきは製作費は徐々に下がっているのに、興収は回を重ねるごとに上回っていること
シリーズ物としては理想的かも知れない

シリーズの最終章といわれる本作
ヒックとトゥースは人間とドラゴン、それぞれの長となっていた
ある日、彼らは伝説のドラゴン“ナイト・フューリー”のメスを見つける
ナイト・フューリーはトゥースだけではなかったのだ
そんな時、二人の絆が試される最大の危機が訪れる

ロッテントマトの批評家支持率は92%、観客支持率は90%
シネマスコアは “A” と素晴らしい評価となっている
監督は引き続きディーン・ドゥボロワ

前週1位の「アリータ:バトル・エンジェル」は2位にダウン
-58%の1,200万ドルの売り上げとなった
落ち込みが大きいのが気になる
だが、悪いニュースばかりではない
2月22日に公開された中国でオープニング6400万ドルという記録的なヒットとなっているのだ
「アリータ:バトル・エンジェル」の制作予算は約1億7000万ドル
一部のアナリストはフォックスが映画で約2億ドルを失う可能性があると示唆していた
それを避けるためには4億ドルから5億ドルの総額を稼ぐ必要があるといわれている
現在は世界全体で2億6,330万ドルの収益となっている

「レゴ(R)ムービー2」は第3位にダウン
興収1000万ドルと前週から52%も下落した
世界全体でも1億3,660万ドルと苦戦している

WWEの人気女子レスラー、ペイジの人生を映画化した伝記コメディ「Fighting with My Family」は拡大公開で圏外から4位にランクアップ
800万ドルの興収だった

元レスラーの家に生まれたペイジとザックの姉弟
夢だったWWEの入団試験を受けることになった
しかし、受かったのは姉のペイジだけだった………………

ロッテントマトの批評家支持率は91%、観客支持率は90%
シネマスコアは“A”と高い評価を受けている
主演はNetflixの「アウトロー・キング ~スコットランドの英雄~」「呪われた死霊館」のフローレンス・ピュー
共演はジャック・ロウデン、ニック・フロスト、レナ・ヘディ、ヴィンス・ヴォーン
そしてドウェイン・ジョンソンが本人役(ザ・ロック)で出演している
監督はスティーヴン・マーチャント

限定公開で10位に初登場となったのは「Run the Race」
227万ドルだった

母親の死
自分たちを捨てた父親
その若い兄弟にとって希望はアメフトだけだった………………

ロッテントマトの批評家支持率は40%
対して観客支持率は92%と大きな開きが出ている
監督は「しあわせの灯る場所」のクリス・ダウリング

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする