「ゲット・アウト」監督最新ホラー「Us」が記録的デビュー!! 全米興行成績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「Us」
2. 「キャプテン・マーベル」
3. 「Wonder Park」
4. 「Five Feet Apart」
5. 「How to Train Your Dragon: The Hidden World」
6. 「A Madea Family Funeral」
7. 「Gloria Bell」
8. 「No Manches Frida 2」
9. 「レゴ(R)ムービー2」
10. 「アリータ:バトル・エンジェル」




監督デビュー作「ゲット・アウト」アカデミー脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督最新ホラー「Us」が、興収7025万ドルという驚異的な数字で初登場1位に輝いた
これは3,330万ドルのオープニングだった「ゲット・アウト」の2倍以上の成績である

興収7025万ドルというオープニング成績は原作もなく続編でもない実写のオリジナル映画としては、「アバター」の7,700万ドルに次ぐ史上2位
しかも製作費2億ドル越えだった「アバター」と比べて、「Us」の製作費は2000万ドルである
R指定のホラー映画としては「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」、「ハロウィン(2018)」に続く第3位
「ゲット・アウト」は最終的に米国内で1億7,600万ドルの成績を収めた
「Us」は2億ドル越えも十分に可能だと期待されている

忙しい生活から逃れるために、ウィルソン一家4人はビーチにバカンスへ出かけた
浜辺で1日を過ごした後、一家は別荘に戻った
その夜、ウィルソンは別荘の私道に手をつないだ4人の人物が立っているのを目撃する………………
シネマスコアは “B”
これは「ゲット・アウト」の “A-“より下だが、ホラー映画としては手堅い評価だろう
ロッテントマトの批評家支持率は94%、観客支持率は69%
主演は「ブラックパンサー」のルピタ・ニョンゴ
共演にウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー

2週連続1位だったマーベルの「キャプテン・マーベル」3500万ドルで2位にダウン
累計は3億2100万ドルを突破
MCU作品の中では「アイアンマン」を抜いて10位となった
また全世界での累計は9億1,030万ドルで、10億ドルを越えるのはほぼ確実と見られている

公開規模拡大で7位に浮上したのはセバスティアン・レリオ監督が自身の「グロリアの青春」を英語リメイクした「Gloria Bell」
興収は180万ドルだった

夫との離婚後、グロリア・ベルは独身生活を謳歌していた
そんなグロリアは魅力的な男性アーノルドと恋に落ちる
だが、アーノルドは別れた妻に未練があり、そんな彼にグロリアはやきもきするのだった………………
ロッテントマトの批評家支持率は94%、観客支持率は46%
主演のグロリアを演じたジュリアン・ムーアの演技が絶賛されている
共演はジョン・タートゥーロ、マイケル・セラ、カレン・ピストリアス、ブラッド・ギャレット

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする