「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」が初登場2位!! 全米興行成績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「アナと雪の女王2」
2. 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
3. 「フォードvsフェラーリ」
4. 「A Beautiful Day In The Neighborhood」
5. 「Queen & Slim」
6. 「21 Bridges」
7. 「Playing with Fire」
8. 「MIDWAY」
9. 「ジョーカー」
10. 「ラスト・クリスマス」

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

全米興行成績は「アナと雪の女王2」がV2
週末の3日間で8520万ドル
感謝祭を含んだ5日間では1億2370万ドル
これは2013年の「ハンガー・ゲーム2」の感謝祭の5日間、1億900万ドルという歴代1位の記録を越えた

「アナと雪の女王2」は10日間で2億8,760万ドルを売り上げた
公開から10日間の記録としては歴代15位
最初の10日間で2億5,000万ドル以上を売り上げた25番目の映画となった
これらの内、北米での累計が4億ドルを越えなかったのは3本だけである

ワールドワイドでは驚異の7億3900万ドル
もはや10億ドルを超えるのは確実であり、焦点となっているのは前作の12億9000万ドルという記録を上回れるかどうかだろう

2位に初登場は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督のミステリー「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
感謝祭の5日間で4170万ドル
2,000万から2,500万ドルという事前の予想を大きく上回る素晴らしいスタートとなった

11月に公開された作品で、最初の5日間で4,000万ドルを越えたのは約61本
その中で最終的に1億ドルを越えられなかったのは、4本だけである
オリジナルの映画としては、文句なしのデビューとなった

莫大な財産を築いたベストセラー作家が、85歳の誕生日の翌朝、死んでいるのが見つかった
警察は自殺と判断
遺産相続をめぐる熾烈な親族争いが勃発しようとした矢先、ブノワ・ブランという私立探偵がひょっこり現れる
ブランはこれは殺人事件だと言うのだが………………

シネマスコアは「A-」
ロッテントマトの批評家支持率は96%、観客支持率は93%
鋭く斬新な殺人ミステリーだと文句なしの高評価
今後の口コミも期待できそうだ
出演はダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、クリストファー・プラマーと豪華
日本での公開は2020年1月31日

もう1本の新作「Queen & Slim」は初登場5位
3日間で1,170万ドル、5日間で1,580万ドルだった
製作費がわずか1700万ドルのため、十分な成績といえるだろう

クイーンとスリムは黒人のカップル
初めてのデートの後、クイーンを家に送るため車を走らせていると、白人警官に止められる
言いがかりをつけ興奮した警官は、スリムに拳銃を向ける
自衛のためにスリムは、誤って警官を殺してしまう
2人は逃避行を余儀なくされるのだが………………

シネマスコアは「A-」
ロッテントマトの批評家支持率は84%、観客支持率は93%
スタイリッシュでパワフルな現代のボニーとクライドだと絶賛された
スリム役に「ゲット・アウト」のダニエル・カルーヤ
クイーン役に初主演のジョディ・ターナー=スミス
監督はこれが長編デビューとなるメリーナ・マツーカス

今年の感謝祭の休日は「アナと雪の女王2」の快進撃もあり、全体の収益は2億6400万ドルだった
「シュガー・ラッシュ:オンライン」「クリード 炎の宿敵」「グリンチ」「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」「ボヘミアン・ラプソディ」
そういった話題作が集中した昨年の感謝祭の驚異の記録3億1500万ドルから約16%減少した
今年も十分に立派な成績なのだが、「ターミネーター ニュー・フェイト」や「ドクター・スリープ」などの話題作の不振が痛かった

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする