【全米興行成績】アダム・サンドラーの「アンカット・ダイヤモンド」が初登場!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
2. 「ジュマンジ ネクスト・レベル」
3. 「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」
4. 「アナと雪の女王2」
5. 「Spies in Disguise」
6. 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
7. 「アンカット・ダイヤモンド」
8. 「キャッツ」
9. 「スキャンダル」
10. 「リチャード・ジュエル」

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」が興収7,200万ドルで2週連続首位
-59%と大きな落ち込みだった
しかし、前作「最後のジェダイ」の2週目-67.5%に比べれば軽微なものだった
そもそも10日間で3億6,180万ドルという成績は、十分に立派なものである
全世界では7億2,480万ドル

「ジュマンジ ネクスト・レベル」3,530万ドルで2位
先週末と比較して+33%向上
累計1億7,500万ドルを突破した

3位は初登場「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」
興収1652万ドルだった

水曜日から5日間で2900万ドル
制作費4000万ドルの作品としては、堅実な結果だった

ルイザ・メイ・オルコットの名作小説「若草物語」を新たな視点で映画化
南北戦争時代にたくましく生きるマーチ家の4姉妹を、作家志望の次女のジョーを主人公に描く
メグ、ジョー、ベス、エイミーのマーチ家の4姉妹
ジョーは作家となる夢を一途に追っていたが、女性が表現者となるには厳しい時代だった………………

ロッテントマトの批評家支持率は95%、観客支持率は93%
時代を超越した作品となっていると絶賛された
主演はシアーシャ・ローナン
共演にエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ティモテ・シャラメ、ローラ・ダーン、メリル・ストリープ
監督は「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグ
日本での公開は2020年3月

「アナと雪の女王2」1650万ドルで4位
累計は4億2100万ドル
全世界では12億1000万ドル
2015年の「ミニオンズ」を超え、歴代3位

5位に初登場はアニメ映画「Spies in Disguise」
興収2,200万ドルだった

ランス・スターリングは凄腕のスパイ
そんな彼の相棒は若き天才科学者、ウォルター・ベケット
ある日、ウォルターの装置が誤作動を起こし、ランスはなんと小鳩になってしまう
そんな時、凶悪なテロリスト、キリアンが世界を震撼させていた
ウォルターは小鳩になったランスと、キリアンに挑むことになるが………………

シネマスコアは「A-」
ロッテントマトの批評家支持率は72%、観客支持率は91%
キャストの演技も良くて、満足できるファミリー映画だと好評だった
声の出演はウィル・スミスとトム・ホランド
監督は長編デビューのトロイ・クアンとニック・ブルーノ

7位は950万ドルで犯罪映画「アンカット・ダイヤモンド」が公開規模拡大で7位にランクイン

アダム・サンドラーがシリアスな役柄に挑戦
名の知れた宝石商ハワード・ラトナー
ところが顧客やガールフレンドから宝石を盗まれてしまう
借金を抱え窮地に陥ったハワードは、イチかバチか危険な行為に手を出すが………………

シネマスコアは「C+」
ロッテントマトの批評家支持率は93%、観客支持率は54%
アダム・サンドラーが素晴らしい役者だと証明されたと好評だった
共演はケヴィン・ガーネット、レイキース・スタンフィールド、イディナ・メンゼル
監督はベニー・サフディとジョシュ・サフディ
日本では2020年1月31日にNetflixで配信

トム・フーパー監督の「キャッツ」は2週目で9位に
制作費1億ドルの大作は全世界でわずか3,800万ドルの売り上げとなっている

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする