【全米興行成績】新型コロナウイルスの影響で、この20年で最低の興行に!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「2分の1の魔法」
2. 「I Still Believe」
3. 「Bloodshot」
4. 「透明人間」
5. 「The Hunt」
6. 「ソニック・ザ・ムービー」
7. 「The Way Back」
8. 「野性の呼び声」
9. 「Emma.」
10. 「バッドボーイズ フォー・ライフ」

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス
中国、フランス、スペイン、イタリア、オランダ、アイルランドを含む32の国で、全ての映画館が閉鎖
イギリスを含む15の国で部分的に閉鎖されていると報じられている

それらの国々に比べると、まだそこまで深刻な状況ではなかったアメリカ
どこか対岸の火事という雰囲気もあった
だが、トム・ハンクス夫婦のコロナウイルス感染のニュースなどで、一気にウィルスへの警戒が高まった
すでにアメリカでも、いくつかの州で映画館の閉鎖が始まっている

そんな状況で映画館に人が来るわけがない
週末の全米興行収入は全体で約5,530万ドル
2000年の9月15日から17日の週末(5450万ドル)以来の最低の記録となった
ちなみにこの週はキアヌ・リーブスの心理スリラー「ザ・ウォッチャー」などが公開された

そのような厳しい状況の中で1位を取ったのは、前週に続いてピクサーの「2分の1の魔法」
わずか1,050万ドルだった
-73%という前代未聞の下落
ピクサー作品の2週目の週末の成績としては過去最低
オープニング成績が「2分の1の魔法」より低かった「アーロと少年」ですら、2週目は-60%で1530万ドルだった
そのため「2分の1の魔法」は米国で、1億ドルにすら届かない可能性まで出てきた

2位は初登場で「I Still Believe」
興収950万ドルだった

クリスチャン・シンガーのジェレミー・キャンプの実話を基にした宗教ドラマ
ジェレミー・キャンプは牧師の父の下で育った敬虔なキリスト教徒だった
大学を卒業後、ジェレミーは教会を回る歌手として活動し、メリッサと出会った
2人はすぐに恋に落ちたが、しばらくしてメリッサの卵巣に腫瘍が見つかり…………

シネマスコアは「A」
IMDbのスコアは6.9/10
ロッテントマトの批評家支持率は40%、観客支持率は98%
ありがちなメロドラマだと批評家からは叩かれたが、観客からは絶賛されている
主演のジェレミー・キャンプ役はNetflixドラマ「リバーデイル」のK・J・アパ
共演にブリット・ロバートソン、シャナイア・トゥエイン、ゲイリー・シニーズ
監督は「ウッドローン」のアンドリュー・アーウィンとジョン・アーウィンのアーウィン兄弟

3位も初登場でヴィン・ディーゼル主演のスーパーヒーロー映画「Bloodshot」で、興収930万ドルだった

スタジオの遠慮がちな予想よりは上回ったが、製作費4500万ドルの作品としては残念な結果となった
もちろんコロナウイルスの影響もあるだろう
しかし、実はヴィン・ディーゼルは絶大な人気を誇る「ワイルド・スピード」シリーズを除けば、ここ最近はヒット作がない
「ラスト・ウィッチ・ハンター」も「トリプルX:再起動」も冴えない結果で終わっている
そろそろ「ワイルド・スピード」以外のヒット作が欲しいところだ

原作はアメコミ
ある日、アメリカ海兵隊員のレイ・ギャリソンとその妻が、何者かに殺された
軍の科学者チームはナノマシンを駆使して、レイを蘇生させた
復活したレイは圧倒的なパワーと回復力を持ち、「ブラッドショット」と呼ばれた
しかし、レイは自分たちを殺した犯人に復讐を誓い、施設から逃げ出し…………

シネマスコアは「B」
IMDbのスコアは5.7/10
ロッテントマトの批評家支持率は31%、観客支持率は78%
残念なほど平凡な出来だと酷評された
共演はガイ・ピアース、エイザ・ゴンザレス、サム・ヒューアン、トビー・ケベル、ラモーン・モリス
監督は本作がデビューとなるデイヴ・ウィルソン

4位は600万ドル「透明人間」
アメリカで6,440万ドル
世界では1億2,200万ドルを超えた

5位にデビューしたのはバイオレンス・ホラー「The Hunt」
興収は530万ドルだった

12人の見知らぬ男女が、森の空き地で目を覚ます
ここはどこなのか?
どうやって連れて来られたのか?
やがて彼らは自分たちが、セレブ達の人間狩りの標的として集められたことを知り…………

シネマスコアは「C+」
IMDbのスコアは6.5/10
ロッテントマトの批評家支持率は54%、観客支持率は66%
アクション・スリラーとしては楽しめるが作品に深みはないと評された
主演はベティ・ギルピン共演にヒラリー・スワンク、エマ・ロバーツ、アイク・バリンホルツ
監督は「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベル

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする