Netflixオリジナル映画「エクスティンクション 地球奪還」感想 文句なしの娯楽作品!!迷わずに見てもOK

ちょっと癖のある作品が多いNetflixオリジナル映画
だが、この「エクスティンクション 地球奪還」はストレートな娯楽作
万人受けするタイプの作品である
個人的にはかなり楽しめた


予告編

作品情報
作品名「エクスティンクション 地球奪還」(原題Extinction)
監督:ベン・ヤング
キャスト:マイケル・ペーニャ、リジー・キャプラン、マイク・コルター
上映時間:95分
製作国:アメリカ(2018年)

スポンサーリンク
PC用

ざっくりあらすじ

美しい妻と可愛い二人の娘。ピーターの日常は平穏なはずだった。だが、夜な夜なエイリアンが襲来し、世界を破滅させる悪夢にうなされ続ける。そんなピーターを心配する家族。だが、その悪夢がある日、現実となる。謎の地球外生命体が人類を襲撃したのだ。強大な力で人々をせん滅していくエイリアン。彼らの目的は何なのか………………

感想(ここからネタバレ)

宇宙人が襲来して人類がピンチ
こんな直球の娯楽映画がNetflixオリジナルで見れるとは
TVムービーとは思えないほど、スケール感もなかなか
こういうエンターテイメント作品は大歓迎

予知夢

エイリアンが襲来し、平和な日常が壊される
そんな悪夢にさいなまれるピーター
妻も周りの人々もただの妄想だと決めつける
しかし、あまりのリアルな感触に、ピーターは気のせいだと片づけられなかった

悪夢に苦悩するピーターを描く序盤
ピーターの妻や娘との触れ合い
マンションのご近所さんとの付き合い
職場の工場で働く姿が淡々と描かれる

オリジナル映画だし、このまま地味に続くのか
さして期待せずに見ていた僕
だが、すぐにその予想は覆された

宇宙人襲来

ピーターの悪夢が現実となる瞬間
宇宙人が襲撃してくる場面はかなり凄まじい

巨大な宇宙船
崩壊するビル
異形な姿のエイリアンたち

ド派手なシーンの連続に思わず目が覚めた
これぞハリウッド映画
やはりこれぐらい派手でなければ!!

マンションの自宅にいるところを宇宙人が襲来し、ビルからの脱出を目指すピーター一家
銃を手にして兵隊のように、マンション内の部屋を制圧していくエイリアンたち
見つけた住人は女子供でも容赦なく始末していく
人を人とも思わないエイリアンたちの冷酷非情さ
ピーターたち一家は無事に逃れることが出来るのか
緊迫した場面の連続で、まさにエンターテイメント!!
平和な日常が一瞬にして壊される様が見事に描かれる

キャスト

マイケル・ペーニャ
宇宙人の襲来を予知し、家族を守ろうとするピーターを演じる
マイケル・ペーニャというと「アントマン」などのコメディ演技のイメージが強いので、家族を守るために戦う平凡なお父さん役はけっこう新鮮

代表作
「エンド・オブ・ウォッチ」

つねに死と隣り合わせのロスのパトロール警官の日常を描いたデヴィッド・エアー監督作品
マイケル・ペーニャはジェイク・ギレンホールの相棒の警官を演じる
壮絶なクライマックスは見もの

マイク・コルター
ピーターの職場の上司を演じる
Netflix作品だけあって、ルーク・ケイジも参戦だ!!(違う

エイリアン襲来映画

エイリアンが地球を侵略してくる映画は昔からの定番
代表的なのは

「インデペンデンス・デイ」
ローランド・エメリッヒ監督作品
でかすぎる円盤のインパクトが凄かった
ウィル・スミスの出世作でもある
大統領が戦闘機に乗って大活躍など、エメリッヒらしい大味の映画
でも、勢いで最後まで見せる


「宇宙戦争」
トム・クルーズとスピルバーグという夢のタッグ
宇宙人侵略を一人の男の視点からのみ描く
そういう部分は「エクスティンクション 地球奪還」に通じるものがある

スポンサーリンク
PC用

ひねりのあるストーリー

宇宙人襲来映画というとヴィジュアルに力を入れすぎて、ストーリーはないがしろにされることが多い
しかし、この「エクスティンクション 地球奪還」はかなりシナリオに力を入れている

ピーターの予知夢
エイリアンの正体
そして、その目的
タイトルの意味

そうした疑問点のほとんどが、ちゃんと終盤に明らかになる
「エクスティンクション」の脚本は、ハリウッドでの未完成の最高のスクリプトの2013年のリストの1本に挙げられていたという
かなり練りこまれたシナリオといえるだろう

くつがえった世界

映画の終盤で世界の謎が明らかになる
それにより今まで見てきたものの価値観がひっくり返される
容赦なく人類を虐殺する恐ろしいエイリアン
だが、その正体が判明した時、観客はどちらを支持すればいいのか分からなくなる
エイリアンの側にもそれだけのことをする事情があったからだ

「地球奪還」

このタイトルの意味を理解した時、善悪が揺らぎ始める
信じていたものが全て偽りだった
非情に面白いアイデアだと思う

まとめ

宇宙人襲来というエンターテイメントの定番ネタに、ひねりを効かせたストーリー
かなり楽しめた
Netflixオリジナル映画にはこういった娯楽作品を、どんどん増やしていって欲しい
エッジのきいたインディ作品に、万人受けする娯楽作
それらがバランスよく供給されたら最高


Extinction (2018) on IMDb


rotten tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/extinction_2018
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=365036

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする