「エージェント・マロリー」感想 豪華キャストのオサレスパイ映画

マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パクストン、チャニング・テイタム、マチュー・カソヴィッツ、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラス
たかが90分のB級スパイ映画にどうしてこんなに豪華なキャストが集まっちゃったのか
そんな凄い面子の中で主役を張るのはあのジーナ・カラーノ!!
…………………ごめん、全然知らん


予告編


作品情報
作品名「エージェント・マロリー」(原題Haywire)
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
キャスト:ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パクストン、チャニング・テイタム、マチュー・カソヴィッツ、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラス
上映時間:93分
製作費:$23,000,000(imdb推定)
製作国:アメリカ(2011年)

スポンサーリンク
PC用

ざっくりあらすじ

マロリー・ケインは凄腕の女スパイ
バルセロナで人質救出のミッションを成功させた彼女のもとに新たな仕事が舞い込む
それはポールというエージェントと新婚夫婦を装うだけの簡単な任務のはずだったが…………………

感想(ここからネタバレ)

この作品の監督はあのスティーヴン・ソダーバーグ!!
「オーシャンズ11」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」
いくつもの話題作を手掛けた文句なしの名匠である

ぶっちゃけこの監督、苦手だ!!(えっ、この流れで!?

逃亡

雪に覆われたレストラン
マロリーの前に一人の男が現れる
しばしの口論の後、いきなり殴りかかってくる男
それを鮮やかな身のこなしで裁き、逆に返り討ちにするマロリー
彼女は何故追われているのか?
物語は数日前にさかのぼる

なかなか面白い導入部分なのだが、凝った映像お洒落な演出のせいで、いまいち頭に入ってこない
色々な場面が心に残らずに通り過ぎていく感じ
面白い題材だと思うのに、どうしてノレないのか

スティーヴン・ソダーバーグ

代表作

「オーシャンズ11」
豪華キャストで話も面白そうなのに、いまいちつまらなかった
泥棒ものは大好きなのに


「コンテイジョン」
マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット
謎のウィルスが世界に感染していく恐怖を豪華キャストで描いたサスペンス
悪くないけど、いまいち盛り上がらない


「インフォーマント!」
マット・デイモンと組んだブラックコメディ
面白くなりそうだったのに、いまいちはじけない

どうもこの監督、テクニックに溺れている気がする
そのお洒落な感じが苦手だ
もちろん、そういうのが好きな人もいるだろう
結局、単なる好みの問題なのかも知れない
僕はケレン味がある作品が好きなのだ
ソダーバーグの演出は面白いところをサラリとお洒落に流す印象で物足りない

マロリー・ケイン

とはいえ、この「エージェント・マロリー」が見る価値がないほどつまらないと言ってるわけではない
とにかく圧倒的なのはマロリーを演じるジーナ・カラーノのアクション
女子総合格闘技界の人気スターらしいが素晴らしい身のこなしと、男顔負けの格闘を見せてくれる
劇中で何度も描かれる彼女のアクションは見事なもので、まさに本物の迫力!!

豪華なキャスト

本当に一流のスターが揃っている
やはりソダーバーグの作品に出たがる俳優は多いのかも知れない

マイケル・ファスベンダー
マロリーと夫婦を装うエージェントのポールを演じる
それほど出番は多くないのだが、さすがの風格
マロリーとの激しい格闘を見せてくれる
出演作

「エイリアン コヴェナント」
物語の鍵を握るアンドロイド役
その冷徹な表情がはまり役
「エイリアン コヴェナント」の感想はこちら

ユアン・マクレガー
マロリーの雇い主で元恋人のケネスを演じる
そのみじめすぎる最期は見もの
出演作

「ゴーストライター」
ロマン・ポランスキー監督の本格サスペンス
陰鬱な雰囲気が素晴らしい

チャニング・テイタム
エージェントのアーロンを演じる
上の命令でマロリーを追いながらも、彼女は潔白なのではないかと疑い始める

出演作
「ホワイトハウス・ダウン」
ローランド・エメリッヒ監督のいつもの大味映画
でもけっこう好き

ビル・パクストン
去年お亡くなりになったビル・パクストンがマロリーの父親役で出演
惜しい人を亡くした

スポンサーリンク
PC用

好きなシーン

「エージェント・マロリー」で一番好きなシーンはマイケル・ファスベンダーとジーナ・カラーノのホテルでの格闘
両者一歩も譲らない迫力あるアクションを見せてくれる
それなりに重要人物だと思っていたマイケル・ファスベンダーを、あっさり殺してしまう展開もインパクトがあって良かった

そしてクライマックスのユアン・マクレガーとの海岸でのアクション
とはいえユアン演じるケネスはあまり強くない設定なので、相手としては物足りなかった
だが、岩に足を挟まれ逃げられなくなったユアン・マクレガーには爆笑
さすがにミジメすぎでしょ
そういうわけでけっこうお気に入りのシーン(酷すぎる

まとめ

色々と文句を言ったけれど、ジーナ・カラーノの目を見張る本格アクションと豪華すぎるキャスト
そして90分でサクッと見れるお手頃感がいい
アクション映画が好きなら見て損することはないだろう
それにしてもソダーバーグの人脈凄いな!!


Haywire (2011) on IMDb


rotten tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/haywire_2011
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=342934

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする