映画「記憶にございません!」感想と解説(ネタバレあり) 三谷幸喜の真骨頂!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三谷幸喜の最新作
政界を舞台にしたコメディ
かなり良かった
三谷監督作品の中では上位に入る出来
役者陣は皆が好演
洗練された笑いが楽しめる
爽快感があり、最後は前向きな気持ちになれる
日本映画でこういう作品は貴重だ
政治が題材とはいえ、堅苦しい作品ではないので、誰もが気軽に楽しめるだろう


予告編

作品情報
作品名「記憶にございません!」
監督:三谷幸喜
キャスト:中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃
上映時間:127分
製作国:日本(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

史上最悪のダメ総理といわれた総理大臣が、演説中に石をぶつけられ記憶を失ってしまう。彼の秘書官3人は周囲にそのことを秘密にするのだが………………

感想(ここからネタバレ)

さすが三谷幸喜
劇場で大笑いした日本映画は久しぶり

史上最悪のダメ総理

黒田啓介は病院のベッドで目が覚めた
子供の頃の記憶はあるが、それ以降の記憶は失われていた
そしてテレビのニュースで衝撃の事実を知る
彼はこの国の最高権力者、総理大臣だったのだ
とはいえ支持率は最低で、史上最悪のダメ総理と呼ばれているらしい
記憶を失ったのも、演説中に聴衆から石をぶつけられたからだ

政治のことはもちろん、妻や息子のことも覚えていない黒田
彼の秘書官である井坂番場のぞみは、傲慢でワガママな性格だった総理が、腰の低い普通のおじさんになって困惑した
混乱を避けるため、記憶喪失のことは大臣たちや家族にすら秘密にされることとなった
秘書官たちのサポートで、黒田は何とか日々の公務をこなしていった

記憶を失ったことにより黒田は、自分がいかに酷い政治家だったかに気づかされた
もう一切のしがらみはない
ここから尊敬される総理大臣としてやり直せないだろうか?
そんな黒田を井坂たちは半信半疑で見守っていたが………………

三谷幸喜

日本を代表するコメディ作家
個人的には舞台までは見ていないが、ドラマや映画などの映像作品はなるべくチェックしている
好きなドラマは「振り返れば奴がいる」「王様のレストラン」「新選組!」「真田丸」など
映画で一番好きなのは中原俊が監督した「12人の優しい日本人」

今回の「記憶にございません!」は1997年の田村正和主演のドラマ「総理と呼ばないで」を彷彿とさせる
「総理と呼ばないで」は三谷作品としては、それほど人気が出ず話題にならなかった
内容も面白いエピソードや意欲的なものもあったが、他作品に比べるといまいちだった
「記憶にございません!」は「総理と呼ばないで」のリベンジであり、発展させた作品だといえるかも知れない

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

役者陣の好演

本作も三谷作品らしく豪華な役者陣が揃っている
主演の中井貴一はさすがの力量
記憶を失い善良なおじさんになってしまった総理大臣を見事に演じている
その熱演ぶりには脱帽
アカデミー賞ものである

秘書官番場のぞみを演じた小池栄子はとてもチャーミングなコメディアンヌぶりを発揮
性格が豹変した総理に最初に理解を示し、陰で支えていく
意外だったのはディーン・フジオカ
正直、三谷作品に合わない気がして不安だったが、見事なはまり役
総理の善良っぷりに感化されて、政治への情熱を取り戻していく姿がとても良かった

そして素晴らしかったのが何といっても草刈正雄
総理の敵となる鶴丸官房長官役
裏表のあるキャラクターを見事に演じて、映画を引き締めてくれた
邪悪でありながらも自然体に見える演技
「真田丸」といい草刈正雄は三谷作品との相性が最高

他にも石田ゆり子、佐藤浩市、斉藤由貴、木村佳乃など
誰もが味のあるキャラクターを演じていた
さすがに三谷幸喜は役者の魅力を引き出すのが上手い
この役者陣だけでも見る価値があるだろう

政治コメディ

コメディ映画というと最近は福田雄一監督なども活躍している
しかし、洗練されたコメディというと、やはり三谷幸喜の右に出る者はいない印象
不必要に感動を押し付けないところもいい
要するに品があるのだ
日本映画では稀有な資質である

この「記憶にございません!」で彷彿されるのは、「素晴らしき哉、人生!」などのフランク・キャプラ監督作品
特に政治をテーマとしていることで「スミス都へ行く」を思い起こさせる
あの作品も政治の腐敗に立ち向かっていく爽快なドラマだった
また特に影響を受けていそうなのがケヴィン・クライン主演の「デーヴ」

正直者のデーヴは大統領に瓜二つで、一晩だけ影武者を演じることに
ところが大統領が急死してしまい、そのまま演技を続けることになって………………
気持ちのいい政治コメディの大傑作!!
正直者が政治改革に挑むなど、共通点も多い

日本では難しいと思われた政治コメディ
それを高い水準で実現させてみせた
そのことだけでも「記憶にございません!」は評価に値する

確かにご都合主義なところもあり、政治ドラマとしては能天気だ
だが、その能天気さこそ日本映画に欠けているものでもある
ハッピーな気分で映画を見終える
それはとても有意義なことである

まとめ

日本では珍しい政治コメディ
そういう意味ではヒットは難しいかも知れない
でも、とっつきにくい題材を、これほどの娯楽作品に仕上げた手腕は見事
さすがは三谷幸喜
また映画監督としての力量もかなり上がっていると感じた
役者陣の熱演も見ごたえあり
久々に日本映画でハッピーな気分になった

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=367984

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする