Netflix「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」感想 決して草むらに入るな!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あのスティーヴン・キングと息子のジョー・ヒルが手掛けた短編小説が原作のホラー
普通のホラーを期待して見ると、困惑するかも知れない
序盤は登場人物たちが草むらの中で遭遇する超常現象が、怖いというより摩訶不思議な印象
あまりに不条理な展開が続くので、物語に没入しにくかった
しかし、中盤から草むらの中の邪悪な存在が表に出てきて、そこから俄然と面白くなった
スティーヴン・キングだけあって人間ドラマは見ごたえあり
密閉された中で、登場人物たちが隠していた本音が明らかになっていく
また舞台となる草むらが、じょじょに不気味でお化け屋敷のように見えてくる演出は秀逸
難解でとっつきにくい作品だが、妙な魅力がある
ホラー映画やスティーヴン・キング作品が好きな人は、見ておいていいだろう


予告編

作品情報
作品名「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」(原題In the Tall Grass)
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
キャスト:パトリック・ウィルソン、ライズラ・デ・オリヴェイラ、ハリソン・ギルバートソン、エイヴリー・ホワイテッド、レイチェル・ウィルソン、ウィル・ビュイエ・Jr
上映時間:101分
製作国:カナダ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

大人の背丈ほどもある高い草むらの中から、子供が助けを求める声がした。たまたま車で通りかかったカルとベッキーの兄妹は、草むらに足を踏み入れるが………………

感想(ここからネタバレ)

スティーヴン・キング作品は大好き
本作もファンなら見ておくべきだろう

草むらからの声

カンザス州、カルベッキーの兄妹は車を走らせていた
妊娠中のベッキーが気分を悪くした
カルは車を路上に止めた
目の前には大人の背丈ほどある草が、延々と広がっている

その時、誰かが助けを求める声がした
草むらの中からだ
そのトービンという少年は迷子になって、もう何日も野原をさまよっているという
放ってはおけない
カルとベッキーは、少年の声を頼りに草むらの中に入っていった

そこは無限と思えるほど、広大な草むらだった
足を踏み入れてすぐに、カルとベッキーはお互いを見失った
呼びかけると返事はある
だが、何故か合流できない
異常な空間だった
二人はその草むらから抜け出せなくなっていた

2ヶ月後、トラビスは恋人のベッキーとその兄のカルを捜していた
二人はどこへ消えてしまったのか
トラビスはたまたま通りかかった古びた教会に、二人の車が乗り捨ててあるのを発見した
目の前には広大な草むらが広がっていた………………

草むら

背高く生い茂った草むらの中から、少年の助けを求める声がする
この導入部分は秀逸である
何の変哲もない草むらが、神秘的で不気味な場所に思えてくる

このシーンでホラーではないが、名作「フィールド・オブ・ドリームス」を思い出した

「それを作れば、彼がやって来る」
主人公はトウモロコシ畑で不思議な声を聞く
背高い植物が生い茂った場所には、何か神秘的なものを人は感じるのかも知れない

この「イン・ザ・トール・グラス」はある種のお化け屋敷映画ともいえる
草むら自体がお化け屋敷なのだ
ただの草むらを不気味で禍々しいものに見せる演出は、力が入っていて魅力的だった
問題があるとすれば、やはり草むらより普通のお化け屋敷の方がはるかに怖いということだろう
そういった点で物足りなさを感じる人はいるかも知れない

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

人間ドラマ

スティーヴン・キングの作品がよくあるホラーと一線を画すのは、魅力的な人間ドラマが描かれることだろう
実際、ホラーじゃなくても物語が成立しそうなものが多い
本作でも妹のベッキーに対するカルの秘めた想い
ベッキーと別れて、それでも彼女が行方不明になったら探さずにはいられないトラビスの心情
それらが丁寧に描かれている
恋愛ドラマとしても成り立ちそうだ
やはりスティーヴン・キングはキャラクターを描くのが抜群に上手い

パトリック・ウィルソン

本作で白眉なのはパトリック・ウィルソン
「死霊館」シリーズや「インシディアス」シリーズなど、ジェームズ・ワン監督のホラー作品ではお馴染みの俳優だ
いつも怪奇現状に挑む善良な役が多いので、今回もてっきりそうだと思っていた
まさか悪役だったとは

謎の岩に憑りつかれ、妻や息子まで手にかけようとする父親
狂気の演技がなかなかの迫力だった
思い出したのは、やはりこの作品

「シャイニング」
スティーヴン・キングの代表作
狂気に憑りつかれたジャック・ニコルソンの演技がマジで怖い
この作品でも父親が妻と息子を始末しようとする

「イン・ザ・トール・グラス」と「シャイニング」
同じ作者ということもあり、この2作は共通する点が多そうだ

ホラーとしては?

ガチなホラーを期待して見ると、ガッカリする人が多いかも知れない

閉ざされた空間
繰り返される時間
死んでは生き返る登場人物たち
意味深な岩

ホラーというよりは、「世にも奇妙な物語」を見ているような印象である
その分かりにくいフワフワした設定が、恐怖を半減している気がする
ちょっと不思議で不気味な物語として見た方が楽しめそうだ

まとめ

スティーヴン・キングのファンなので、なかなか楽しめた
役者陣は好演
パトリック・ウィルソンの怪演も良かった
ホラーとしてはとっつきにくく、好みが分かれるだろう
だが、草むらの中から聞こえる声など、奇妙な魅力を持った作品だ

年末に2018年のNetflixオリジナル映画のベスト10を選んだ 早いもので、あれからもう半年がたった その間、Netfl...


In the Tall Grass (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/in_the_tall_grass_2019
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=369935

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする