Netflix「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」シーズン1ネタバレ感想 ファンなら必見!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨匠スティーヴン・スピルバーグらが手がけてきた「ジュラシック・パーク」シリーズ
それがNetflixで初のアニメ化
6人の少年少女たちがイスラ・ヌブラル島でサバイバルを繰り広げる
見る前は正直、子供向けだろうと舐めていたのだが…………

めちゃくちゃ面白かった!!

前半はそこまでではないのだが、中盤でインドミナス・レックスが脱走してからは、スリリングなシーンの連続
何度も悲鳴を上げそうになった
6人の少年少女たちも個性的
仲間として友情が深まっていく姿が感動的だった
様々な恐竜が出てきて飽きさせない
本作は映画「ジュラシック・ワールド」と同じ時間軸
映画の裏側でこんなことが起こっていたというアイディアも面白い
シリーズお馴染みのキャラクターも登場し、ファンならニヤリとすること間違いなし
内容的にはかなりハードだが、子供から大人まで楽しめる
個人的には「ジュラシック・ワールド/炎の王国」より面白かった
シリーズのファンなら見ない理由がないだろう


予告編

作品情報
作品名「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」(原題Jurassic World: Camp Cretaceous)
製作総指揮:レイン・ルエラス、スコット・クリーマー、スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレヴォロウ、フランク・マーシャル
キャスト:ポール=ミケル・ウィリアムズ、ショーン・ジャンブロン、カウサール・ムハンマド、ジェナ・オルテガ、ライアン・ポッター、レイニ・ロドリゲス、ベンジャミン・フローレス・Jr
声の出演(日本語吹替版):佐藤元、増田俊樹、内田真礼、望海将太郎、水瀬郁、河合ゆめの
全8話
製作国:アメリカ(2020年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

テーマパーク「ジュラシック・ワールド」のあるイスラ・ヌブラル島で行われるキャンプ。そこに6人の少年少女たちが参加したが…………

「ジュラシック・パーク」シリーズ

マイケル・クライトンによる小説「ジュラシック・パーク」
それをスティーヴン・スピルバーグ監督が1993年に映画化
世界的な大ヒットとなった

シリーズは「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、「ジュラシック・パークIII」、「ジュラシック・ワールド」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」と続いた
本作は2015年の「ジュラシック・ワールド」と同じ時間軸の物語である

製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグは、本作がただの子供向けになることを望んでいなかった
そのため映画に負けないほどスリリングなシーンが、いくつも用意された

感想(ここからネタバレ)

期待以上に面白くてビックリ
途中から見るのを止められなくなった

ジュラシック・ワールドへ

ダリウスは恐竜が大好きな少年
父親といつかジュラシック・ワールドへ行くのが夢だった
その父も病気で亡くなった
そんなある日、ダリウスはひょんなことから、ジュラシック・ワールドのあるイスラ・ヌブラル島で行われるキャンプのメンバーに選ばれる
大喜びするダリウス

ケンジ、ベン、ブルックリン、ヤスミナ、サミー
キャンプに集まったのは個性的な少年少女たちだった
誰も恐竜にはあまり興味がなさそうだ

ダリウスたちはキャンプで、様々な恐竜の世界を体験した
ハプニングもあったが、ダリウスには楽しい毎日だった
バラバラだった仲間たちの仲も深まっていった

ところが思いがけないことが起こった
遺伝子組み換えによって誕生した新種の恐竜インドミナス・レックスが、飼育エリアから逃げ出したのだ
職員たちは非常事態でパニックになっていた
そんな事情を知らないダリウスたちは、何の騒ぎか確かめようとキャンプの外へ出てしまい…………

ダリウス

恐竜が大好きな少年
ジュラシック・ワールドへ行くことが憧れだった
夢がかない、メンバーの中で一番はしゃいでいたが…………

亡き父と約束していたジュラシック・ワールド
だが、そこで非常事態に巻き込まれる
最初は頼りない印象だったダリウスだが、徐々に成長し仲間を引っ張っていく

仲間たち

裕福な育ちで自己中心的なケンジ
SNSで有名なインフルエンサーで、スマホばかりいじっているブルックリン
牧場育ちで大らかなサミー
潔癖症で臆病なベン
有名な陸上選手で他人と馴れ合わないヤスミナ

個性的な6人の少年少女たち
最初は全くまとまりがなく、皆が自分勝手な行動を取っていた
しかし、命の危険にさらされたことで、助け合い友情が生まれていく

恐竜

インドミナス・レックス
映画「ジュラシック・ワールド」で大暴れしたインドミナス・レックス
それが本作でも大活躍
ダリウスたちを何度も窮地に陥れる
こちらのインドミナス・レックスもかなり怖かった

モササウルス
こちらも「ジュラシック・ワールド」に続いて登場
シリーズ最大の肉食動物
ダリウスたちがモササウルスが棲む湖エリアに迷い込んでしまうシーンは、非常にスリリングだった

プテラノドン
大型の翼竜
モノレールに乗ったダリウスたちを襲ってくる
子供がトラウマになりかねない怖さ

ヴェロキラプトル
「ジュラシック・ワールド」といえばこの恐竜
オーウェンを追いかけることに忙しかったのか、出番は少なめ

他にも様々な恐竜が登場
恐竜好きにはたまらないだろう

サバイバル

最初は自分勝手に行動していたキャンプのメンバー
それが窮地に陥ったことで、互いに協力し合うようになる

しょせんは子供向けアニメ
どうせヌルい内容だろう

そう思っていたら甘かった!!

ガチでダリウスたちを殺しにくる恐竜たち
食われる大人

直接的な描写やグロいシーンはないが、けっこう人が死ぬ
緊張感は映画版に負けないほどだった
この危機をどう乗り越えるか
かなりのめり込んで見てしまった

シリーズとの関わり

何の予備知識もなく見始めた「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」
インドミナス・レックスが逃げたところで「おや?」と思い、ヘリコプターがプテラノドンに襲われて墜落したシーンで確信

これ、映画「ジュラシック・ワールド」じゃん!!

ダリウスたちがいるキャンプ場は、ジュラシック・ワールドの反対側
島の裏側でこんなことが起こっていたとは

またシリーズお馴染みの科学者、ウー博士も登場
声も本人が担当
相変わらずのうさん臭さ

また「ジュラシック・ワールド」のヒロインであるクレアも、声だけ出演
ついでにミスター・DNAも登場した

カプセル状の乗り物「ジャイロスフィア」も登場
シリーズのファンなら楽しめる要素が満載である

作品の評価

中盤、インドミナス・レックスが脱走してからは見せ場の連続
危機また危機で、まるでジェットコースターのようだった
またけっこう人が死ぬことにも、驚かされた
スタッフの本気が伝わってきた

CGのクォリティは高い
しかし、あくまでTVシリーズなので、ピクサー作品などの映画と比べると、さすがに劣る
特に人間はちょっと違和感を感じたが、すぐに気にならなくなった

TVシリーズということで映画より尺に余裕があり、キャラクター1人1人が丹念に描かれていた
そのためドラマ部分も見ごたえがあった
おかげでキャラクターに感情移入しやすく、スリリングなシーンもより盛り上がった

これまでのシリーズ作品と比較しても、全く劣らない出来栄え
特に恐竜からのサバイバルというシリーズの原点に戻ったのが良かった
久しぶりに恐竜の怖さを存分に味わえた

まとめ

期待以上の出来
「ジュラシック・パーク」シリーズを見たという満足感があった
CGアニメでここまでやれるとは驚き
ファンなら見逃す手はないだろう
シリーズは続きそうなので、シーズン2に期待


Jurassic World: Camp Cretaceous (2020– ) on IMDb


allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/373410

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする