「ジュラシック・ワールド 炎の王国」ネタバレ感想 タイトルと予告編にまんまと騙された!?

世界歴代の興行収入で第5位という記録的なヒットを飛ばした前作「ジュラシック・ワールド」
そして、3年ぶりにその続編が登場
すでに全米をはじめ世界で大ヒットを記録している
その人気シリーズ最新作の出来栄えはもちろん………………

なんか思ってたのと違う!?


予告編

作品情報
作品名「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(原題JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM)
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、レイフ・スポール、ジャスティス・スミス、ジェフ・ゴールドブラム
上映時間:128分
製作費:$170,000,000 (imdb推定)
製作国:アメリカ(2018年)

スポンサーリンク
PC用

ざっくりあらすじ

恐竜テーマパーク“ジュラシック・ワールド”で起きた大惨事から3年。パークがあったコスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島は放置され、恐竜たちが野生化して生息していた。だが、島の火山活動が活発化し、大噴火が迫っていることが明らかになる。島の所有者であるロックウッド財団はパークの元運用管理者であるクレアに恐竜たちを救出することを要請する。クレアは元恐竜監視員であるオーウェンと共に島へ向かったのだが………………

感想(ここからネタバレ)

映画を見に行くと、たまにある
なんか思っていた内容と違うと感じることが
それはストーリーが期待していたものじゃなかったり
ハードな作品だと思っていたらコミカルだったり
予想していたほど面白くなかったり

そして今回の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」はまさに今年の”思っていたのと違った大賞”という感じだった(ネーミングがダサすぎ

「ジュラシック・ワールド」

前作の「ジュラシック・ワールド」は好きな作品で、もう何度も見た
「ジュラシック」シリーズを見事現代に復活させ、再び大ヒットさせた手腕は素晴らしい
またパニック映画として素直に面白かった

ただ基本的には好きな作品なのだが、不満点もけっこうあった
特に中盤からのストーリー展開が雑に思えた
パークの運営責任者であるクレアなど、あれだけの大惨事を起こしておきながら、ハッピーエンドな感じで終わるのも納得いかなかった
ようするに色々と脚本が大雑把なのである

素晴らしい導入部

前作の監督であるコリン・トレボロウが今回も脚本ということで、少々危惧していた「炎の王国」
だが、冒頭のシーンでその懸念は吹き飛んだ
イスラ・ヌブラル島で小型潜水艇が前作で海に沈んだインドミナス・レックスの遺体を回収
その時、背後で巨大な影がよぎる
消失する潜水艇
遺体を回収したヘリコプターはその場を飛び去ろうとする
そこに現れるTレックス
スタッフの一人が逃げ遅れ、ヘリから降ろされた梯子につかまる
その梯子を咥えるTレックス
スタッフは何とかよじ登ろうとするが………………

手に汗握る見事な冒頭シーンである
そこでいっきに映画に引き込まれた
その後も
火山の噴火により危機に陥っているイスラ・ヌブラル島の恐竜たち
恐竜救出の協力をロックウッド財団から依頼されるクレア
山奥で暮らしているオーウェンとの再会
島に向かう一行

滑らかで小気味いいストーリー運び
ワクワクする展開
見る前に抱いていた心配はどこかへ消え去っていた
これは最高の続編になりそうだぞ
この時はそう思っていた(遠い目

イスラ・ヌブラル島

島に舞台が移ってからも、映画は絶好調だった
次々と登場する様々な恐竜
可愛がっていたヴェロキラプトルのブルーとの再会
溶岩が飛び交う火山の噴火の大迫力
逃げまどう恐竜たちの群れ

「すごーい!!」
「楽しいー!!」

童心に返って頭空っぽで楽しむ僕
そしてイスラ・ヌブラル島は溶岩にのまれ、オーウェンたちは島を脱出した

「炎の王国」というタイトルから、てっきり恐竜を救出し島から脱出するのが映画のクライマックスになると思っていた
ところが、まだ前半なのに脱出に成功してしまった
あれ? この後、何を描くんだ?

ぐだぐだな中盤

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が最高に楽しかったのはここまでだった
恐竜救出を建前にしたロックウッド財団の実質運営者のイーライ・ミルズの陰謀
ロックウッドの屋敷に運び込まれた恐竜たち
捕らわれたオーウェンたち
ロックウッドの孫娘メイジーの秘密

この辺のドラマ、マジでどうでもいい
チマチマしてチープな人間ドラマ、クソつまんない
舞台も屋敷の中の狭苦しい閉鎖的な空間ばかりで、見ていて面白くない
最初から最後まで島で暴れる恐竜たちを見ていたかった
このつまらないドラマに、こんなに尺を取る必要あったの!?

キャスト

クリス・プラット
前作に続いて恐竜監視員オーウェン・グレイディを演じる
この人は逞しさと醸し出すユーモアが魅力
すっかりドル箱スターに

代表作

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
クリスの出世作
スターロード役で一躍人気者に
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」でも大活躍

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」の感想はこちら


「マグニフィセント・セブン」
デンゼル・ワシントン主演の痛快な西部劇
クリスはギャンブラーで銃の腕前もピカイチの美味しい役

ブライス・ダラス・ハワード
前作に続きクレアを演じる
苦労したせいか前より丸くなっているような
この人ってロン・ハワード監督の娘さんだったのね

代表作

「ヴィレッジ」
M・ナイト・シャマラン監督の意欲作
この村の秘密とは何なのか?
ブライスはヒロインの少女を演じる

ジャスティス・スミス
コンピューターが得意な黒人青年フランクリン役
どこかで見た顔だと思ったら大好きなドラマ「ゲットダウン」の主役だった

ジェフ・ゴールドブラム
イアン・マルコム役で久々の登場
僕の中ではこの人の代表作はいまだにこれ

「ザ・フライ」
デビッド・クローネンバーグ監督の衝撃作
蠅と同化していく姿がおぞましい

監督

J・A・バヨナ
前作のコリン・トレヴォロウから監督を引き継ぐ

代表作

「インポッシブル」
2004年のスマトラ島沖地震による大津波を題材にしたドラマ
ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、トム・ホランドが出演

恐竜たち

「炎の王国」では前作に引き続き様々な恐竜が登場

ティラノサウルス・レックス
今回も大活躍
もはや王様の貫禄

ヴェロキラプトル
オーウェン大好きなブルーが今回も登場
彼以外には容赦しないのがブルーの魅力

インドラプトル
前作のインドミナス・レックスの遺伝子を組み替えて作られた新種の恐竜
スピード特化で凶暴で残虐
本作の目玉

この作品の問題点

「炎の王国」が中盤以降失速した大きな理由の一つが恐怖感の欠如である
一作目の「ジュラシック・パーク」は恐怖演出で存分に怖がらせてくれた
前作の「ジュラシック・ワールド」もパークへの来場者が襲われ、スリルを盛り上げてくれた

「炎の王国」で後半で襲われるのはオーウェンたち以外は、傭兵や恐竜を売買する金持ちなど悪党ばかりである
これでは恐怖は盛り上がらない
やられても全く同情できない連中ばかりなのだから
むしろ恐竜を応援したくなるぐらいである

今回の目玉インドラプトルはクライマックスで活躍
追われるのが少女ということもあり、なかなかスリリングだった
ただそれでも物足りなさは否めない

主人公オーウェンのヒーロー化も気になる
絶対に死なないだろうという安心感が、この作品にはマイナスになっている
クライマックスの悪党たちをやっつける活躍もちょっとやりすぎのような

スポンサーリンク
PC用

続編への布石

ラスト、恐竜たちは世界へと散らばっていく
「ジュラシック・ワールド」シリーズは次が最後になるらしい
今までは現実味のある世界観だったが、次回は世紀末に変わってそう

まとめ

前半が良かっただけに、中盤からのガッカリ感が凄い
完全にタイトルと予告編に騙された
おそらく日本でも大ヒットするだろうが、前作よりも劣る出来である
でも、島を脱出するまでは素晴らしい
そこで終わっておけば良かったのに(それじゃ1時間で終わっちゃうだろ


Jurashikku Wârudo/Honoo no oukoku (2018) on IMDb


rotten tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/jurassic_world_fallen_kingdom
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=362712

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする