ディズニーがジェームズ・ガン監督をクビに!!どうなる「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」!?

ショッキングなニュースが飛び込んできた!!
ジェームズ・ガン監督がディズニーからクビになったというのだ
ジェームズ・ガンといえば「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズを成功に導いた立役者
いったい何があったのか!?



こちらの記事『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ジェームズ・ガン監督が降板 ― 過去の発言が問題視されるによるとジェームズ・ガン監督はディズニーから一方的に解雇されたらしい
マーベル・スタジオを有するウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホルン会長は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」や今後のディズニー関連作品にジェームズ監督を関与させない方針を発表
その理由はジェームズ監督の過去のTwitterでの発言にあるという!!

主に2008年から2011年にかけてジェームズ・ガン監督はTwitterにてレイプ小児性愛などといったタブーとされる話題のジョークを投稿していた
アラン会長は「ジェームズの過去のTwitterで見つかった攻撃的な態度と発言は弁解の余地がなく、我がスタジオの価値観と相いれない。我々は彼とのビジネス関係を絶った」と発言している
解雇に関してジェームズ・ガン監督はメディアを通してコメントを発表
「10年近く前の発言は、当時から完全に間違っていたものです。以来、私は長年後悔してきました。全く面白くないだけでなく、非常に無神経なものだったからです。それから長い時間が経ちましたが、私は今日のビジネス的な決定を理解し、受け入れます。長い年月が経過してもなお、当時の自分自身のふるまいについては私に全責任があります」

ただ今回の騒ぎの発端はそもそもジェームズ監督がドナルド・トランプ米大統領の政策や本人の人格を、厳しく批判するツイートを繰り返したことにある
そのことが大統領の支持者の反感を買い、その報復として過去のジェームズ監督の発言が発掘され拡散された
つまり一連の騒動は最初からジェームズ監督の失脚を狙って、意図的に画策された可能性が濃厚なのである

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」におけるジェームズ・ガン監督の功績

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の原作は知名度が低く、当初は映画はヒットしないだろうと言われていた
ジェームズ監督は初めて「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を提案された時、いいアイデアだとは思わなかったという
だが、ジェームズ監督はキャラクターを掘り下げれば、この作品は面白くなると感じた
さらに随所に笑いをちりばめた
70年代の懐メロ・ヒットナンバーを使うことも監督のアイデアで、選曲も自ら行った
曲が流れる場面では、実際に撮影現場でもBGMとして流したという
こうして「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は当初の予想を覆し大ヒット
批評家も絶賛した
そして2017年には続編である「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」が公開され、1作目を上回るヒット
MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中でもトップクラスの人気シリーズとなった
この成功におけるジェームズ・ガン監督の功績は計り知れない

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の感想はこちら

ジェームズ・ガン版「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」は幻となるのか!?

2018年6月、ジェームズ監督は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の脚本が完成したことを発表した
シリーズの完結編である
サウンドトラックの選曲もほぼ完了
スター・ロード役のクリス・プラットは、そのストーリーについて「最高の内容」と絶賛
2019年の早い時期から撮影を開始し、2020年に公開の予定だった
ファンの誰もが楽しみにしていた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」
だが、今回の騒動で白紙に戻ってしまった
ジェームズ監督の脚本もディズニーのアラン会長の発言から察すると、になる可能性が高いだろう
もうディズニーはジェームズ監督と仕事をしないと言い切ったのだから

ディズニーの対応

今回の騒動はもちろんジェームズ・ガン監督に非がある
大勢の人々を不快にする発言が過去に多くあったのだろう
監督もそれは認めている

しかし、10年近くも前のTwitterの発言である
別に犯罪を犯したわけでもなく、誰かに訴えられてるわけでもない
なぜ監督降板となるほどの大事にしなければならないのか
セクハラをしたとかならまだ理解できるが

ここで大きく失望したのが今回のディズニーの対応である
自らのブランドのイメージを守るため、あっさりジェームズ・ガン監督を切り捨てたのだ
ディズニーにいかがわしいものは不要ということらしい

一連のセクハラ騒動から、最近のハリウッドは神経質になりすぎている感があった
それにしても今回は酷い
これではまるで新たな赤狩りではないか
そもそも映画とはいかがわしいものである
潔癖なものばかりでは面白くなるわけがない

スポンサーリンク
PC用

ディズニーが支配する未来

ディズニーの21世紀フォックス買収がほぼ確定した
これで業界のかなり多くの割合をディズニーが占めることになる
今後は映画を見る時、ディズニー映画か、そうでないか、という未来が訪れる
いかがわしいものを排した綺麗な世界
恐ろしい未来と言うしかない

まとめ

今回のジェームズ・ガン監督の降板で、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズとMCUは大きな痛手をこうむることとなる
ジェームズ監督以外であのノリを再現できるとも思えない
ディズニーが下した決断は、ファンにとってはほとんど裏切り行為に等しい
そして、今後ディズニーが業界で力を拡大することで、どんな未来が待っているのか
はなはだ不安である



スポンサーリンク
PC用

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする