Netflixが国内で初の値上げ!!個人的な感想と見解

Netflixの料金が値上げするというニュースが飛び込んできた
2015年の9月に日本でサービスを開始して以来、初めての値上げである
価格改定後の月額プランは

ベーシックプラン(SD画質・同時1画面)650円 →800円(税込864円)
スタンダードプラン(HD画質・同時2画面)950円 →1200円(税込1296円)
プレミアムプラン(4K UHD + HDR画質・同時4画面)1450円 →1800円(税込1944円)

それぞれのプランによって150円、250円、350円の値上げとなる
ちなみにアメリカでは2017年10月にすでに値上げされており、現在の月額料金はベーシックプランが7.99ドル、スタンダードプランが10.99ドル、プレミアムプランが13.99ドルとなっている
ベーシックプランは日本の方が安いが、プレミアムプランはこちらの方が高い

スポンサーリンク
PC用

値上げの理由

ネットフリックス広報によると値上げの理由は「オリジナルコンテンツの製作や字幕や吹き替えなどのローカライゼーション、技術的イノベーションへの投資」としている
値上げの実施の時期は新規加入者向けの価格はすでに変更されている
既存加入者については、支払いの一カ月前にメールやサービス上などで値上げの告知がされるとのこと
確認してみたところ9月の支払いは今までの価格と変わらなかったので、その次から変更されるのだろう

各サービスとの料金の比較

定額制動画サービスの各社のサービスの現在の価格は

Amazonプライム、月額プラン400円(税込)、年間プランの場合、3,900円(税込)
dtv、月額500円(税抜)
Hulu、月額933円(税抜)
U-NEXT、月額1990円(税抜)

Netflixの新料金はU-NEXTを除けば、比較的割高になる

Netflixの国内の会員数

Netflixの世界の会員数は1億3,000万人と発表されているが、日本国内の会員数は公表されていない
ただICT総研の調査によると2017年末の日本の定額制動画配信サービスの利用者は1,190万人と見られている
さらにWebアンケートの調査では利用されているサービスの順位は

1位、Amazonプライムビデオ(68%)
2位、Hulu(25%)
3位、dTV(16%)
4位、Netflix(14%)
5位、GYAO!(13%)
6位、U-NEXT(8%)

これらから乱暴な計算をすれば2017年末の時点ではNetflixの国内の会員数はおよそ160万人ほどということになる
ただ実際のところは分からない
だが、Netflixに限らず定額制動画配信サービスが日本でも着実に根付いているのは間違いないだろう

料金値上げの個人的な感想

Netflixが日本に上陸してもう3年になることに驚き
サービス開始日からずっと利用している
個人的にNetflixで気に入っているのは、オリジナル作品を世界で同時に配信してくれること
劇場映画で海外の半年遅れや1年遅れなどしょっちゅう泣かされてきたため、まるで夢のようだった

料金値上げの大きな要因はオリジナルコンテンツ制作への投資だという
僕はNetflixのオリジナル作品には今後、もっと楽しいことが起きそうな可能性を感じている
だから今回の値上げには大きな不満はない
むしろ映画料金以下の価格でこれだけ膨大な数の作品が見れるのだから、凄い時代になったとさえ思う
もちろん料金は安いに越したことないけどね!!

スポンサーリンク
PC用

料金値上げを不満に感じる人々

個人的には値上げも仕方ないかという感想だが、不満に思う人の気持ちも理解できる
色々とネットで見たところ、代表的なのはこういう理由ではないか

①Amazonプライムビデオが安すぎる

Amazonプライムは月額プランでも400円、年間プランの場合は3,900円でひと月分に換算するとなんと325円!!
脅威の安さである
それでいてメジャーな映画やドラマやアニメもけっこうな数が揃っている
Netflixの新料金が割高に感じる人がいても無理はないだろう

②オリジナル作品に魅力を感じない人々がいる

Netflixのオリジナルドラマは質の高さで定評がある
しかし、オリジナル映画に関しては正直、玉石混交という感じである
中には劇場にかかるほどのクォリティになっていない作品も目に付く
また日本ではその作品のレビューを探すのも一苦労である
マイナーすぎて周囲の知人とも話題にしづらい
レンタルで借りるような話題作で十分という人には、オリジナルコンテンツの充実のための値上げと言われても納得しにくいだろう

③値上げの公表が急すぎた

発表されたその日には新規加入者は新料金
現会員も9月分からもう値上げ
確かに支払いには一か月は余裕があるようだが、いきなりすぎて不満に思った人も多いだろう
余裕をもって来年の1月から値上げとかなら、そこまで神経を逆なでされる人もいなかったのではないか
この辺りは日本の企業との違いを実感せざるをえない

まとめ

今回の値上げで作品の質が向上するというならやむを得ないとは思う
だが、心配なのは日本でのNetflixの盛り上がりに水を差すのではないかということ
ただでさえAmazonプライムに水をあけられているのだ
スタンダードプランで1000円を越えるというのは、そこまで映画やドラマに興味がない人には敷居が高く感じられるだろう
Netflixには国内でもっと盛り上がってほしい
せっかく世間にも認知されてきたのだから、今回の値上げが勢いを殺すことにならなければいいのだが

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする