Amazon「あの夜、マイアミで」ネタバレ感想 アカデミー賞有力候補!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonオリジナル映画
1964年、モハメド・アリは世界王者になり、友人たち(マルコムX、ジム・ブラウン、サム・クック)は彼を祝福するために集まるが…………

密度の濃い会話劇
男4人だけの地味なドラマだが見ごたえあり

実話にインスパイアされた物語である
一室に集まった4人の成功した黒人
中盤まではあまり物語に動きがなく、少し退屈だった
しかし、和やかな雰囲気が次第に雲行きが怪しくなり、4人の緊張感が高まっていく
そこからは目を離せなかった
役者は皆が好演
モハメド・アリやマルコムXなど、有名人の素顔も興味深かった
2021年のアカデミー賞の有力候補の一つといわれている本作
派手さはないが、深い人間ドラマが堪能できる


予告編

作品情報
作品名「あの夜、マイアミで」(原題One Night in Miami)
監督:レジーナ・キング
キャスト:キングズレー・ベン=アディル、イーライ・ゴリー、オルディス・ホッジ、レスリー・オドム・Jr
上映時間:114分
製作国:アメリカ(2020年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

1964年、カシアス・クレイ(後のモハメド・アリ)はヘビー級の世界王者になった。3人の友人たち(マルコムX、ジム・ブラウン、サム・クック)は彼を祝福するために集まったが…………

感想(ここからネタバレ)

モハメド・アリとマルコムXが友達だったとは知らなかった…………

マイアミの夜

1964年2月25日、マイアミで世界ヘビー級王者のソニー・リストンとカシアス・クレイ(後のモハメド・アリ)のタイトルマッチが行われた
事前の予想に反して、試合はカシアスの圧勝だった
試合を見に来ていたカシアスの友人たち

過激な黒人解放指導者として知られるマルコムX
有名なアメリカンフットボール選手、ジム・ブラウン
人気のソウル歌手、サム・クック

彼らもカシアスの勝利に興奮を隠せなかった

興奮冷めやらぬ4人
彼らはマルコムXに招かれ、彼が泊まっているホテルの部屋に集まった
カシアスの勝利を祝って、派手なパーティを行うのだ
少なくともカシアスたちはそう思っていた

ところがその部屋には、他に誰もいなかった
酒や料理も用意されていない
マルコムはここに招いたのはこの4人だけだと打ち明けた
カシアスたちは失望を隠せなかった

それでも気を取り直して、カシアスたちは雑談を始めた
久々に集まった友人4人
最初は和やかなムードだった
しかし、次第にマルコムの言動が熱を帯び始めた
人気歌手であるサム・クックが白人に媚びているというのだ
そんなマルコムにいら立ちを隠せないクック
次第に2人の雰囲気は険悪になり…………

作品解説

原作は2013年に初演された舞台劇「One Night in Miami」

「ビール・ストリートの恋人たち」でアカデミー助演女優賞を受賞した女優レジーナ・キング
本作は彼女の初監督作品である
彼女はアフリカ系女性監督として、初めてアカデミー賞にノミネートされるのではと予想されている

1964年2月25日、マイアミのホテルの一室にモハメド・アリ、マルコムX、ジム・ブラウン、サム・クックの4人が集まったのは事実である
だが、実際には他に2人いたらしい
その夜の会話の内容は知られていないため、映画はあくまでフィクションである

マルコムX

攻撃的な黒人解放運動の指導者
白人を悪魔とみなし、過激な発言を繰り返す
熱心なイスラム教信者で、カシアスに改宗を促すが…………
演じるのはキングズレー・ベン=アディル

盛り上がるはずの祝勝会で、友人たちに説教を始めるマルコムX
空気が読めないウザい人間に思えた
だが、次第にマルコムの人間的弱さが浮き彫りになっていく

カシアス・クレイ(モハメド・アリ)

事前の予想を覆し、見事にヘビー級の世界王者になったカシアス
ついに夢を実現した
得意の絶頂で、友人たちと喜びを分かち合うはずだったが…………
演じるのはイーライ・ゴリー

マスコミの前では大言ばかり吐き、悪者を演じるカシアス
しかし、仲間の前では人懐っこい笑顔を見せる
マルコムXに影響され、イスラム教への改宗を決意するが…………

ジム・ブラウン

有名なアメリカンフットボールの選手
1963年に記録した1,863ヤードという記録は現在も破られていない
2002年には歴史上でもっとも偉大なプロフットボール選手に選ばれている
演じるのはオルディス・ホッジ

劇中ではもっとも落ち着いた性格
マルコムXとサム・クックの仲を取り持とうとする

サム・クック

人気歌手
ソウルミュージックの先駆者であり、ソウルキングと呼ばれている
2008年、クックはローリングストーン誌が選ぶ「史上最高の歌手」の4位に選ばれた
演じるのはレスリー・オドム・Jr

仲間内では明るいムードメーカー
だが、その夜はマルコムXと対立し、怒りを爆発させる
なお劇中では言及されていないが、サム・クックはカシアスが世界王者になったその年の12月に殺害されている

友情

マルコムX、モハメド・アリ、ジム・ブラウン、サム・クック
歴史的にも有名な4人が友人だったという事実に驚き
仲間内だけで見せる彼らの素顔が、非常に興味深かった

実際、このマイアミの夜にどんな会話が交わされたのかは分かっていない
4人の個性を的確に描き出す脚本が見事
本当にこんなことがあったのかと、信じてしまいそうになった

対立

人気歌手として活躍するサム・クック
そんなサムを非難するマルコムX

「お前は白人の奴隷なんだ」

現在でも根深い人種問題
マルコムXの言動は過激だが、それだけ黒人の立場は厳しかったのだ

しかし、次第に意外な事実が明らかになる
マルコムは本当はクックに怒っているのではなかった

教団内での自分の複雑な立場
先の見えない解放運動

マルコムは精神的に追い詰められていた

サム・クックのような成功した黒人が立ち上がってくれれば…………

それはマルコムの勝手な願望だった
そんなマルコムの弱さが浮き彫りになる終盤は圧巻

まとめ

地味だが見ごたえのある人間ドラマ
アカデミー賞の有力候補である本作
今のうちにチェックしておくのもいいだろう


One Night in Miami (2020) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/one_night_in_miami
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/375173

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする