Netflix「Lupin/ルパン」シーズン1ネタバレ解説 パート2の配信日や内容はどうなる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月8日にNetflixで配信されたフランスのドラマ「Lupin/ルパン」が、大きな反響を呼んでいるようだ
大人気のドラマ「ブリジャートン家」を抑えて、1月18日の時点で世界ランキングで1位
初めてアメリカのTOP10に入ったフランスのドラマでもある

実際、かなり面白かった

ドラマティックなストーリー
大掛かりなミッション
主人公の鮮やかな手口

人気も納得の出来栄えである

そしてラストの衝撃の展開
これにはかなり驚かされた
まさか、あんなところで終わるとは!!

続編であるパート2の配信はいつになるのか?
そして、その内容は?

海外サイトなどを参考にして、個人的に予想してみた
もちろん正しいかどうかは分からない
その点はご容赦願いたい

なおドラマのネタバレ全開なのでご注意を!!

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「Lupin/ルパン」

アサンは父のババカールと、セネガルからフランスへ移民してきた
父は裕福なペレグリニ家で、運転手として働いていた
アサンの楽しみは父からプレゼントされた「怪盗紳士ルパン」を読むことだった
ルパンの鮮やかな手口にアサンは憧れた

ある日、父が警察に捕まった
ペレグリニ家の金庫にあった「マリー・アントワネットのネックレス」を盗んだというのだ
父は無実を訴えたが、誰も信じてくれなかった
最高刑の判決が出て、父は獄中で自殺した
結局、ネックレスは見つからないままだった

25年が経った
成長したアサンの目に、あるニュースが飛び込んできた
発見されたマリー・アントワネットのネックレスが、ルーブル美術館でオークションにかけられるというのだ
父を死に追いやった原因であるネックレス
アサンはあの事件の真相を突き止めるため、何とかしてそのネックレスを手に入れようと考えるが…………

アサン役には「最強のふたり」のオマール・シー
アサンの元妻クレール役にリュディヴィーヌ・サニエ
憎むべき敵ヒューバート・ペレグリニ役にエルヴェ・ピエール
ゲディラ刑事役にスフィアン・グラブ

シーズン1は2部構成で全10話
とりあえずパート1として5話が配信された

1月18日現時点で、IMDbのスコアは7.8/10
ロッテントマトの批評家支持率は93%、観客支持率は79%
非常に高い評価を得ている

Netflixオリジナルのフランスのドラマ 汚い罠によって非業の死を遂げた父 成長したアサンは父の無念を晴らすことを誓うが………… ...

パート2の配信日は?

非常に続きが気になるところで終わった「Lupin/ルパン」
続編の配信はいつになるのか?

ドラマのシーズン1からシーズン2は、1年ぐらい間隔があくことが多い
だが、「Lupin/ルパン」の場合は状況が異なる
あくまでシーズン1の前半と後半だからだ
アメリカのメディアは、これまでのNetflixの同じようなケースから考えて、2021年の4月から9月の間に配信されるのではないかと予想している
この予想が当たっているなら、そこまで待たされる心配はなさそうだ

パート1のラスト

それでは肝心のパート2の内容はどうなるのか?
まずはパート1を振り返ってみよう

父ババカールの仇であるペレグリニ家
アサンはジャーナリストであるファビエンヌと手を組み、ペレグリニ家の過去の悪事のゆるぎない証拠を手に入れる
それをテレビで告発しようとするアサン
だが、証拠は改竄されていた
ペレグリニ家がマスコミに手を回していたのだ

アサンが逃げ帰ってみると、ファビエンヌは首を吊っていた
ペレグリニ家の手下に、自殺に見せかけ殺されたのだ
絶望するアサン

親友である宝石商のベンはアサンのことを心配し、「家族のことを考えろ」とさとす
その日12月11日は息子ラウールの誕生日
アサンはラウールと元妻のクレールを連れ出す
行先はエトルタ
アルセーヌ・ルパンシリーズの中でも有名な「奇巌城」の舞台である

ところが列車の中で、ペレグリニ家の手下が自分を追っていることに気付く
アサンは機転を利かせて、その男を警察に逮捕させることに成功する
これで危機は免れたと思われた

しかし、エトルタの海岸でラウールの姿がいつの間にか消えていた
ペレグリニ家の手下はすぐに解放されて、ラウールをさらったのだ
そのことを知らず、必死にラウールを探すアサン
ラウールの姿はどこにも見当たらない

「ルパン」

その声に振り返ると、アサンの前に立っていたのはゲディラ刑事だった…………

クレール

アサンの元妻クレール
かつて私立の名門アンドレジー校で知り合い、強く惹かれあった
別れた今でも、クレールはアサンの親友
いつもアサンのことを気にかけている

アサンの裏の顔に薄々気付いていたクレール
だが、アサンは決して口を割らなかった
別れたのはそれが原因だった

アサンのペレグリニ家への復讐
今までは蚊帳の外だったクレール
だが、パート1のラストで状況は一変した
息子ラウールがさらわれた
パート2ではクレールは、アサンがずっと隠してきた秘密に、自ら踏み込んでいくだろう
愛する息子を救うために

ゲディラ刑事

アルセーヌ・ルパンのマニアであるゲディラ刑事
彼はルーブル美術館の「マリー・アントワネットの首飾り」事件と、アルセーヌ・ルパンの関連性に気付く
ところが同僚たちはそんなゲディラをあざ笑う
デュモン警視はゲディラを、捜査から外してしまう

ラストシーン、何故ゲディラがアサンの前に立っていたのか?
アサンの息子ラウールの誕生日12月11日は、アルセーヌ・ルパンの生みの親モーリス・ルブランの誕生日でもある
ルパンマニアのゲディラは、もしかしたら捜査とは関係なく、個人的な趣味で「奇巌城」の舞台エトルタに来ていたのかも知れない

ゲディラはアサンを捕まえるのか?
そうすることでゲディラは同僚たちやデュモン警視を、見返すことが出来るかも知れない

しかし、もう一つの可能性がある
ゲディラがアサンの仲間になるというパターンだ
ペレグリニ家の力は警察にまで及んでいる
アサンの事情を知り、真の巨悪に気付いた時、ゲディラがアサンの味方をする可能性はあるだろう
それにゲディラとアサンは同じルパン仲間(笑)
めちゃくちゃ相性が良さそうだ

ジュリエット・ペレグリニ

アサンの敵、ヒューバート・ペレグリニ
その一人娘のジュリエット
子供の頃からアサンのことを知っている
ペレグリニ家の悪事には、全く関わっていないように見えるが…………

犯人がアサンだと気づいても、父親に黙っていたジュリエット
彼女はアサンの味方なのか?

だが、第5話で驚きの事実が発覚する
子供の頃にジュリエットはアサンとキスをした
それ以来、ずっとジュリエットはアサンに執着していたのだ

「俺には恋人がいる」
「だから何? わたしはあなたを離さないわ」

アサンがヒューバートを追い込んだ時、ジュリエットはアサンの味方をするのか
それとも、その逆か?
パート2でジュリエットは思わぬ伏兵になりそうな予感がする

アサン

25年前に父親のババカールを卑劣な罠にかけたペレグリニ家
絶対に父親の無念を晴らす
そうしてペレグリニ家の悪事をあばくために動いていたアサン
全ては順調にいっているように思えた
しかし、協力を仰いだジャーナリストのファビエンヌは殺された
そして、ついには最愛の息子ラウールがさらわれてしまった
絶体絶命のピンチで、アサンはどう動くのか?

ペレグリニ家への復讐
今までクレールとラウールは、その件に巻き込むまいとしていたアサン
だが、事態は最悪の状況になった
アサン1人ではこの事態を打破できない

アサンに出来ることは、ラウールを救うために、1人でも多く味方を作ること
まずはゲディラ刑事に正体を明かし、協力を仰ぐべきだろう
もし味方になったら、頼もしい戦力になる
ジュリエットに助けを求めてもいい
クレールにも真実を全て話すしかないだろう
もはや隠しておける段階ではない

ラウールをさらったペレグリニ家も、苦渋の選択だったと思われる
本当は誘拐などという目立つ手段は取りたくなかったはずだ
実際、ヒューバート・ペレグリニは手下に、アサンを殺して家族は放っておけと命令している

アサンとペレグリニ家
どういう決着がつくのか、パート2が楽しみでたまらない

まとめ

非常にいいところで終わった「Lupin/ルパン」
続きを予想してみたが、正直自信なし!!(爆
作品のクォリティが高いので、軽々と素人の予想の上を行きそうな気がする
この復讐がどういう結末を迎えるのか
最後まで見届けたい

「Lupin/ルパン」の感想はこちら

Netflixオリジナルのフランスのドラマ 汚い罠によって非業の死を遂げた父 成長したアサンは父の無念を晴らすことを誓うが………… ...

{ad]

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする