「マッドマックス」続編、絶望的か!?

https://www.cinematoday.jp/news/N0100201
[情報元.シネマトゥデイ]

巨匠ジョージ・ミラー監督の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を手掛けた製作会社と米ワーナーブラザーズが揉めているらしい
何でも当初は「怒りのデス・ロード」の製作費を1億5,700万ドル以内に収めたら700万ドルのボーナスが出るはずが、スタジオ側が渋っているらしい
ワーナーの計算ではちょびっとオーバーしているとのこと
ジョージ・ミラー監督はすでに続編の脚本を用意していたが、今回の騒動で暗礁に乗り上げているそうだ

ふざけんな!
あれだけの映画史に残る神作を作ったんだから、ボーナスぐらいちゃちゃっと払ってやれや!!
本当にワーナーのみみっちさにはがっかりだぜ

ちなみに僕は「マッドマックス」シリーズは大好き
あのクールな世界観は衝撃的だった
独特なビジュアルやコスチュームも良かったしね(肩パッド!!
何よりハリウッドではなくオーストラリアから世界に通用するエンターテイメントを生み出したのが素晴らしい

ジョージ・ミラー監督は以前インタビューで「銃ではハリウッドにかなわないから、こっちは車で勝負しようと思った」と語っていた
いわば「マッドマックス」は車を使った西部劇らしい
オーストラリアの荒野を疾走するインターセプターは超クールだった

30年ぶりの続編で主演も変わるんじゃ、うまくいきっこないだろと世間で囁かれた「デス・ロード」をあれだけの名作に仕上げたジョージ・ミラー監督
もはや映画史に残る偉業である
以前に続編のタイトルは「West world」になると発表されていた
全世界のファンが待ち望んでいるというのに、ボーナスごときでお蔵入りになったんじゃ泣くに泣けない
ジョージ・ミラーがまだ元気なうちに、早くボーナスを払ってやるんだ、ワーナー!!

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする