映画「冴えない彼女の育てかた Fine」感想と解説(ネタバレあり) 大画面で見る加藤恵の破壊力!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この映画ヤバい!!
大画面で「冴えカノ」を見るインパクト
いったいどんな顔して見ればいいんだ!?
絶対、他人に表情を見られたくない
とにかく加藤恵の破壊力が抜群
こんなもん劇場で流していいの!?
思わず身悶えした
まさに犯罪級!!
ゲーム制作も二転三転
ヒロインたちの魅力も炸裂
やはり丸戸史明は話作りが上手い
そして「冴えない彼女の育てかた」が本当に完結
これ以上ない大団円!!
シリーズのファンなら見なきゃ嘘
完全にTVシリーズの続きなので、復習して行くといいだろう


予告編

作品情報
作品名「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)」
監督:亀井幹太
キャスト:松岡禎丞、安野希世乃、大西沙織、茅野愛衣、矢作紗友里、赤崎千夏、柿原徹也
脚本:丸戸史明
アニメーション制作:CloverWorks
上映時間:115分
製作国:日本(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」とは?

丸戸史明によるライトノベル
略称は「冴えカノ」
イラストは深崎暮人が担当


冴えない彼女の育てかた13 (富士見ファンタジア文庫)

2014年に「冴えない彼女の育てかた」としてTVアニメ化
2017年に第2期「冴えない彼女の育てかた♭」が放送された
脚本は全て著者である丸戸史明が担当している


冴えない彼女の育てかた Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)

高校生の安芸倫也は桜の舞う坂道で、加藤恵と運命的な出会いをする
実は恵は倫也の目立たないクラスメイトだった
恵を理想のヒロインにして美少女ゲームを作ると奮い立った倫也は、幼馴染でイラストレーターの澤村・スペンサー・英梨々と学生ながらライトノベル作家の霞ヶ丘詩羽を誘って、「blessing softeware」を立ち上げた………………

丸戸史明

丸戸史明は美少女ゲームのシナリオライターとして頭角を現した
「ショコラ 〜maid cafe “curio”〜」「パルフェ 〜ショコラ second brew〜」「この青空に約束を」「世界でいちばんNGな恋」「WHITE ALBUM2」
シナリオのクォリティがずば抜けて高かった

丸戸の作品では奇跡やファンタジー要素などは、あまり見られない
どれも地に足の着いた物語である
それを面白おかしく語る力量は凄い

また丸戸作品に見られる特徴としてはヒロインが面倒くさいという点がある
情が深いが、嫉妬深く、諦めが悪い
そして必ず三角関係が発生し、修羅場に発展する
よくあるギャルゲーやラノベのヒロインのように、都合よく他のヒロインを祝福したりしないのだ
この修羅場を楽しみにして、丸戸作品を見ると言っても過言ではない過言だろ

丸戸史明はここ数年は、アニメの脚本に携わることが多い
宇宙の企業を舞台にした意欲作「Classroom☆Crisis」
自身が手掛けたゲームをアニメ化した「WHITE ALBUM2」などがある


WHITE ALBUM2 1 [Blu-ray]

今後はどういった媒体で活躍するのか楽しみなところだ

感想(ここからネタバレ)

TVアニメ第2期「冴えない彼女の育てかた♭」は英梨々と詩羽が人気クリエイターの紅坂朱音に引き抜かれ、倫也のもとを去るという衝撃的な結末だった
倫也は恵と後輩でイラストレーターの波島出海、その兄・伊織、音楽担当でいとこの永堂美智留と共に、新生「blessing softeware」を立ち上げ、新作の開発に取り組む

「冴えない彼女の育てかた」という作品は、ヒロインたちの恋模様と共にゲーム制作が大きな割合を占める
この劇場版でもそれは同様だ

進まない制作
果たして冬コミに間に合うのか!?

そして、物語の中盤で大きな事件が起こり、倫也はサークルを一時離脱することになる
「blessing softeware」を去った英梨々と詩羽をどう物語に絡めるのかと危惧していたが、この辺りの展開は秀逸だった

本作で地味に輝いていたキャラが波島伊織
TVシリーズでは倫也のライバル的存在として現れ、気障ですかした奴だった
この劇場版では「blessing softeware」に正式加入し、プロデューサーとして倫也を支える
その甲斐甲斐しさは、こいつ倫也に気があるんじゃと勘ぐってしまうほどだ
それが原因なのか、劇中では恵に徹底的に嫌われることとなる(笑)

また本作の陰のMVPは紅坂朱音
TV第2期では英梨々と詩羽を引き抜き鬱展開にした、どちらかというと悪役だった
その怪演っぷりは冴えカノ世界にそぐわないと感じたほどだ
ところが、この劇場版では傍若無人なのはそのままだが、とても深みのあるキャラになっている
思わず姉御と呼びたくなったほどだ
物語でも重要な役割を果たし、ようやく第2期の溜飲が下がった気がした

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

正妻争いに加われなかった人たち

永堂美智留

倫也のいとこで音楽担当
「icy tail」というバンドを組み、ギター兼ボーカル

TV第2期では途中から空気になっていた美智留
劇場版では一応、出番があって良かった(笑)
とはいえ倫也争奪戦からは完全に戦線離脱
シリアスになりそうな場を和らげるムードメーカー的ポジションに
唯一、冒頭のライブシーンと打ち上げの焼肉屋の場面では輝いていた

波島出海

倫也の後輩で愛弟子のイラストレーター
英梨々をライバルとして敵視している

唯一の後輩ポジションなのだが、もう上が詰まっていてアピールできず
そのせいか主にツッコミ役
倫也と恵の熟年夫婦っぷりに、本人も諦めムードだった

澤村・スペンサー・英梨々

イギリス人の父と日本人の母を持つ倫也の幼馴染
新進同人イラストレーターとして才能が注目されている
メインヒロインではないのに、原作1巻の表紙を飾った
あとツンデレ

幼馴染といえば負けフラグを地でいくキャラクター
詩羽と険悪なのは相変わらずだが、今では仲間として固い絆で結ばれている
親友と思っていた恵が、まさかの恋のライバルに
終盤の恵との風呂場のシーンは良かった
劇中で倫也にハッキリ振られる
むしろ敗北で輝くキャラ(オイ

霞ヶ丘詩羽

高校生でありながらライトノベル作家
現在は大学生
優等生で年上でロングの黒髪
あれ? 某「ショコラ」にそんなキャラがいたような
うっ、頭が………………!!

第2期最終回で不意打ちで倫也にキスした詩羽
劇場版ではどんな攻勢に出るのか!?
固唾を飲んで見守っていたら、意外と理性的な対応
自ら身を引いて、倫也と恵の仲を応援する
先輩も大人になったんだな………………
しみじみと思っていたら、エピローグでやってくれた
マジで駄目だ、この人………………

安芸倫也

ガチオタク
好きなゲームやアニメのためなら努力を厭わない
加藤恵に出会ったことで、同人ゲーム制作に取り組むようになる
あとモテすぎ!!

劇場版ではメインヒロインのシナリオでスランプに陥る
恵に協力してもらい、シナリオのイチャイチャシーンを実際にやってみることに
このシーン、目の前に壁があったらマジで殴ってた
劇場で何てものを見せやがる!!
軽い殺意が湧いたのは否めない

TVシリーズの初期から比べると、かなりの成長が感じられる倫也
英梨々と詩羽のピンチを救うシーンは素直に格好よかった
熱くて涙もろい主人公
何だかんだで嫌いじゃない

加藤恵

冴えないヒロイン
いつもフラットで淡々としている

何を考えているのか分からない
そんな印象だった恵
この劇場版ではかなりその本性を見せている

面倒くさい性格
嫉妬深い
諦めが悪い

いつもの丸戸ヒロインだった!!
妙な安心感(笑)

幼馴染でしばらく疎遠だった英梨々
作家と熱烈なファンという関係だった詩羽
二人のヒロインは倫也と運命的に結びついていた
ところが恵には何もない
実は過去に出会っていたとか、以前から倫也が好きだったとか、劇場版ではそんな秘密が明かされるのではないか!?
そう思っていたらそんなこともなかった

何もないヒロインの勝利
いや、何もないからこその勝利だった
クリエイターとそのファン
英梨々と詩羽はその壁を崩すことが出来なかったのだ

とにかく今回の恵は凶悪
スクリーンを見ていて、何度も吐血しそうになった(笑)
終わってみると、今までの色々なことが、倫也を陥落するためのだったのではないかとすら思えてくる
だが、それがいい!!

まとめ

劇場版「冴えない彼女の育てかた Fine」
完全にファン向けなのが、いっそ清々しい
続編は望むべくもない見事な大団円
自分の中で冴えカノに、綺麗に決着がついた気がした
見るならぜひ劇場で
大画面の加藤に身もだえて欲しい

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=362725

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする