Netflix「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」ネタバレ感想 懐かしいメンバーとのΨ会!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「斉木楠雄のΨ難」のアニメは、2018年12月の完結編で終わりを迎えた
あれから1年
なんとNetflixで「Ψ始動編」としてオリジナルアニメ化!!
全世界で配信
そんな人気作品だったっけ!?
さて「Ψ始動編」の内容はというと相変わらず
あまりにいつも通りなので、逆に清々しい
全6話
ちょっと見足りないぐらいだ
とはいえアニメ化して欲しかったエピソードが見られて嬉しい
懐かしのメンバー
さらに新キャラ2人も面白い
そして最大の見どころは「完結編」のその後を描いた「斉木楠雄のΨ起動」
真の完結編となっている
TVシリーズが好きなら、安心安定の出来
あくまでファン向けの作品なので、原作かTVアニメを見てからにしよう


予告編

作品情報
作品名「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」
監督:桜井弘明
原作:麻生周一
キャスト:神谷浩史、小野大輔、島崎信長、日野聡、花江夏樹、茅野愛衣、鳥海浩輔、東山奈央
全6話
アニメーション制作:EGG FIRM、J.C.STAFF
配信日:2019年12月30日

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

「斉木楠雄のΨ難」のアニメ化されていなかったエピソードと、完結編のその後

作品解説

「斉木楠雄のΨ難」は週刊少年ジャンプで2012年から2018年にわたって連載された麻生周一のギャグマンガ


斉木楠雄のΨ難 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

高校生の斉木楠雄は生まれながらの超能力者
サイコキネシス、テレパシー、透視、テレポート
あらゆる能力を使うことが出来る
そのため目立たないように、他人と関わらず生きてきた
ところがいつの間にか周りには、斉木のことを気に入った人物が集まってきて………………

2016年にはTVアニメ化
2017年には福田雄一監督による実写映画化もされた

感想(ここからネタバレ)

原作は好きで連載当初から読んでいた
こんな人気作になるとは

あらすじ

僕の名は斉木楠雄
超能力者だ
そのため目立たないように、ひっそりと生きてきた
だから僕には友達がいない
必要ないからだ
ところが最近、周りが騒がしい

怪力バカの燃堂
中二病の海藤
熱血委員長の灰呂
元ヤンキーの窪谷須
学園一の美少女の照橋さん

彼らが僕の平穏を乱してくるのだ
やれやれ
僕は静かに暮らしたいだけなのに

さらに今回は新キャラが2人
新任教師の井口工
転校生で不幸体質の鈴宮陽衣
やれやれ、どちらもやばそうだな
やっとTVシリーズが終わったのに、僕の心の平穏はいつになったら訪れるんだ(神谷浩史風に)

斉木楠雄 CV.神谷浩史

本作の主人公で高校2年生
生まれながらの超能力者
つねにクールで無表情
なるべく他人と関わるまいとする
あとツッコミ役

斉木楠雄はかなりのツンデレ
僕には友達がいない
他人のことなど知ったことじゃない
そう言いつつ、相手が困っていると放っておけない
何だかんだ理由をつけて助けてしまう
そこが魅力

完結編で超能力を失い普通の人間になった楠雄
だが、「斉木楠雄のΨ起動」で再び能力を取り戻す
超能力はもはや斉木楠雄のアイデンティティ
切っても切れない関係なのだ

井口工 CV.鳥海浩輔

「異Ψを放つ新任教師現る」で初登場
斉木たちのクラスの担任となる新任教師
真面目で生徒思い
いい先生なのだが、顔がスケベ顔という欠点を持つ
そのため生徒たちから変態だと誤解される

本当のことを知っている楠雄は放っておけずに、誤解が解けるよう世話を焼く
相変わらずの苦労性

鈴宮陽衣 CV.東山奈央

「恐怖! Ψ厄の転校生現る!」で初登場
並外れた不幸体質を持つ
だが本人は自分が単なるドジだと勘違いしている
その不運は周囲の人間まで巻き込むほど

もはや何かの能力者かと思えるほどの不幸っぷり
そのトラブルに巻き込まれ、楠雄も思わぬピンチに
また霊能力者の鳥束と普通体質の佐藤くんとの三角関係も面白かった

エピソード

個人的に面白かったエピソード

「Ψ子自慢!ママ友会議」
楠雄と燃堂と海藤
3人の母親が喫茶店に集結
そこに鉢合わせてしまった楠雄
燃堂の母親が32歳という衝撃の事実が判明

「自慢の粘土Ψ工を披露しよう」
1人1人が粘土細工を披露
それぞれがいかにもな作品で爆笑

「Ψ強デッキを組み上げろ!」
海藤と燃堂がカードバトルで勝負
思わぬ展開に………………

「勇者のΨ難」
麻生周一の初連載作品「ぼくのわたしの勇者学」
そのキャラクターたちが登場
楠雄たちお馴染みのメンバーと絡む

「目指せ!ジャンプ掲Ψ」
宿題のために集まった燃堂、海藤、窪谷須、楠雄
何故か3人はマンガをジャンプに投稿しようと盛り上がり………………
海藤の考えたストーリーが中二病炸裂!!(笑)

「Ψンを読め!相卜命の予知」
ギャルの予知能力者
個人的に好きな相卜命(あいうらみこと)のメイン回
陰から彼女を守る楠雄が格好良すぎる
そりゃ惚れるわ

「斉木楠雄のΨ起動」

「完結編」のその後
実質上の最終回ともいえる作品

超能力が亡くなり普通の人間になった楠雄が新鮮
そんな楠雄に照橋さんが猛烈アプローチ
ちょっと楠雄が羨ましくなった

そして楠雄のピンチを救う燃堂が男前
まさか、こいつに感動させられるとは(笑)

自分が周りの人間に助けられていることを実感する楠雄
そんな時、世界に最大の危が訪れる
みんなを守るために、楠雄は超能力の封印を解く

最後だけあって見ごたえのあるエピソード
ファンならぜひ見ておくべきだろう

こうして再び超能力者に戻った斉木楠雄
彼の災難はまだまだ続きそうだ

まとめ

この作品は気楽に見れるのが最高
TVシリーズと同じノリなのが嬉しかった
不満があるとすればOPとEDがないこと
それともっといっぱい見たかった!!
これで「斉木楠雄のΨ難」も本当に終わりだと思うと、寂しい限り


Saiki Kusuo no Psi Nan (2016– ) on IMDb


allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/367643

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする