「シャザム!」感想と解説(ネタバレあり) DCがついに突き抜けた!! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにDC映画が突き抜けた!!
明るくおバカで悪ノリ全開
ある意味、DCの「デッドプール」といっていい作品である
だが、あちらがR18の際どいギャグを売りにしているのに対し、本作はファミリー・ムービーとしても上質なものとなっている
少年の成長
家族の絆
ヒーロー誕生
ハートウォーミングになること間違いなし
また中学生ならではのスーパーパワーの無駄使いには爆笑!!
もはやDCは完全に生まれ変わったといっていいだろう
いや、こちらが本来の姿なのかも知れない
「シャザム!」のダサいスーツが最後には格好よく見えてくる
これぞヒーロー映画の原点である


予告編

作品情報
作品名「シャザム!」(原題Shazam!)
監督:デビッド・F・サンドバーグ
キャスト:ザカリー・リーバイ、アッシャー・エンジェル、マーク・ストロング、ジャック・ディラン・グレイザー
上映時間:132分
製作費:$100,000,000(IMDb推定)
製作国:アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

ある日、謎の魔術師からスーパーパワーを与えられた少年ビリーは、その力を友人のフレディと無意味なことに使いまくるが………………

感想(ここからネタバレ)

4月26日、ついに全世界待望のスーパーヒーロー映画の決定版「アベンジャーズ エンドゲーム」が公開される
何故その1週間前に公開しちゃったのか………………

見た目は大人、中身は子供

ビリー・バットソンは身寄りのない孤独な少年で、家出を繰り返し、次々と里親を変えていた
彼らは偽の家族だ
本当の母親はどこかで自分を待っている

新たな里親は今までと違い風変わりだった
その家にはビリー以外にも5人の子供がいた
彼らは皆が自分と同じく里子らしい
新しいお父さんとお母さんと兄弟はとても優しくて、温かく迎えてくれたが、ビリーは心を開くことが出来なかった

そんなある日、地下鉄に乗っていたビリーは、いつの間にか1人で見知らぬ場所に運ばれる
そこは洞窟で神秘的な場所だった
困惑するビリー
1人の杖を持った老人がいた
彼は魔術師で、自分のパワーをビリーに渡すと言う
その力で世界を救ってくれ
流されるままビリーは杖を握り、その老人の名前を叫ぶ

「シャザム!」

雷鳴が走り、気が付くとビリーはダサいコスチュームで筋肉ムキムキの中年のオッサンになっていた
同時に魔術師の老人の身体は崩れ落ちた
パニックになったビリーは、知り合ったばかりの兄妹の1人、ヒーローオタクのフレディに救いを求めるのだが………………

登場人物

ビリー・バットソン
身寄りのない孤独な少年
自分の本当の家族はどこかにいると信じ、家出を繰り返している
ひょんなことからスーパーヒーローの力を手に入れるが………………
演じるのはアッシャー・エンジェル

フレディ・フリーマン
新しい里親の子供の1人
ヒーローオタク
足が不自由で杖をついている
ビリーにヒーローとしての助言を与えるが………………
演じるのはジャック・ディラン・グレイザー

ドクター・サディアス・シヴァナ
子供の頃にビリーと同じく魔術師に呼び出されたが、失格となった
それ以来、魔法の研究を続けている
魔術師が封印していた”七つの大罪”と呼ばれる7匹の化け物からパワーを得るが………………
演じるのはマーク・ストロング

監督

デビッド・F・サンドバーグ
動画サイトで自らが監督した短編ホラーが合計1億5000万回再生され、それを基にジェームズ・ワン製作で映画化
それが「ライト/オフ」

基になった動画

他に「アナベル 死霊人形の誕生」
長編3作目にして、ヒーロー大作映画に抜擢された

スーパーパワー

もし突然スーパーパワーを手に入れたらどうするか?
絶対に調子に乗って、色々なことをやらかすだろう
しかも、ビリーはまだ子供だ
歯止めが効かない

せっかく大人になったのだからビールを飲む(不味くて吐き出す
ストリップに行く(お金が足りなくて追い出される
強盗を退治する(店の窓を壊しちゃった
ATMから金をいただく(もはや普通に犯罪

自分ならこうするという観客の夢を、ビリーが叶えてくれるのだ
またフレディと共に、どんなパワーが使えるのかを一つ一つ試していくのも面白い
それを録画してyoutubeにアップするのが今風

シリアスな敵

もはやヒーローにはあるまじき悪ノリで、スーパーヒーロー生活をエンジョイするビリー
何でこんな奴を勇者に選んだのか
明らかに人選ミス
だが、そんなお気楽なビリーの前に、強大な敵ドクター・シヴァナが現れる
シヴァナは魔術師に勇者に選ばれず、それ以来そのパワーを手に入れることに病的に執着してきた
そして、七つの大罪と呼ばれる7匹の化け物の力で、ビリーのスーパーパワーを奪いに来たのだ

父親や兄まで平気で手をかける冷酷なドクター・シヴァナ
お気楽なビリーとの温度差が凄い(笑)
ビリーはヒーローとしての覚悟を求められる
本作はビリーが真のヒーローになるまでが描かれる

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

家族

新しい里親一家は皆が優しかった
しかし、ビリーは心を開くことは出来なかった
自分の本当の家族は別にいる
彼らは偽の家族

ついにビリーは本当の母親の住所を突き止め会いに行く
だが、現実は残酷だった
その時、ドクター・シヴァナから電話がある
フレディたち兄弟を人質に取ったと

ようやくビリーは気づく
自分にとって本当の家族は誰なのか
これはビリーが本当の家族を手に入れるまでの物語でもある

シャザム!

SHAZAMという名前は神々の頭文字から取っている

S=ソロモンの知力
H=ヘラクラスの強さ
A=アトラスのスタミナ
Z=ゼウスのパワー
A=アキレスの勇気
M=マーキューリーの神速

クライマックスでフレディたち兄弟5人もシャザムの力を受け取る
その際、シャザムの能力は6等分されている

足の不自由なフレディは空を飛ぶ能力
身体の大きなペドロはヘラクレスのパワー
TVゲームが好きなユージンはゼウスの雷
最年長のメアリーはソロモンの知力
走るのが好きなダラはマーキュリーのスピード

兄弟に力を分け与えた分、ビリーの力は弱まる

DC映画再起動

クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」シリーズが大成功したためか、マーベルに比べてDCは暗く大人向けな作品というイメージがあった
そのせいかマーベルよりも地味という印象が拭えなかった
けれど、「ワンダーウーマン」あたりから少しずつイメージが変わってきて、そして昨年大ヒットした「アクアマン」
明るく誰でも楽しめる娯楽作品となっていた

考えてみると元々1979年の「スーパーマン」も明るくストレートな娯楽作品だったのだ
DCは一時期のスランプから完全に脱したようだ
今後のマーベルとの競争も面白くなりそう

裏話

「シャザム!」は元々「キャプテン・マーベル」というタイトルだった
しかし、某マーベルが「マーベル」を商標登録していたため、タイトルを変更して「シャザム!」になった

実は「シャザム!」は1941年に「キャプテン・マーベルの冒険」というタイトルで映画化されている
これはハリウッド初のスーパーヒーロー映画である

「シャザム!」は「スーパーマン」「ビッグ」の融合を意識して作られた

シャザムがおもちゃ売り場で巨大なフロアピアノを弾くシーンは、「ビッグ」へのオマージュである

「シャザム!」の製作費は1億ドルで、これはヒーロー映画としては比較的安価である

まとめ

完全に娯楽に徹したDC作品である
ストレートに面白い作品となっている
少年の成長に家族の絆に活劇
内容は盛りだくさん
そして、吹っ切れたかのような悪ノリっぷりが楽しい
ラストの〇〇も見もの
今後のDCがどこへ向かうのか
十分に期待させられる一作となった


Shazam! (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/shazam
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=366409

関連記事

1. 「シャザム!」 2. 「Pet Sematary」 3. 「ダンボ」 4. 「Us」 5. 「キャプテン・マーベル」 6. ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする