Netflix「サバハ」感想 衝撃のオカルト・ミステリー!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とっつきにくい作品である
かなり見る人を選ぶだろう
前半、登場人物や情報量が多すぎて、ストーリーがさっぱり理解できなかった
かなり気合を入れて見ないと、あっという間に置いてきぼりになる
だが、個人的にはめちゃくちゃ面白かった
後半、様々な事柄がつながって、全体像が見えた時の衝撃
バットで頭を殴られたようだった

探偵もの X オカルト

これらのキーワードが琴線に触れる人は、かなり楽しめるだろう
主人公を演じるイ・ジョンジェが完璧な演技を披露
とても魅力的なキャラクターとなっている
正直、見終わった今でも、ストーリーで理解できない部分がある
でも、その難解さがむしろ心地いい
戦慄の事件の恐るべき真相
好きな人にはたまらない作品だ


予告編

作品情報
作品名「サバハ」(原題Svaha: The Sixth Finger)
監督:チャン・ジェヒョン
キャスト:イ・ジョンジェ、パク・ジョンミン、イ・ジェイン、イ・デヴィッド、チョン・ジニョン
上映時間:123分
製作国:韓国(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

新興宗教を取材して暴露記事を書くことを生業にしているパク牧師。彼はある宗教団体を調査していた。その頃、行方不明になっていた女子中学生の死体が発見された………………

感想(ここからネタバレ)

難解で人を選ぶ作品
だが、言いようのない魅力がある

少女殺し

1999年、双子の女の子が生まれた
妹のグムファは普通の赤ん坊だった
だが、その姉の方は恐ろしい悪鬼だった
出産がもとで母親は死に、父親も自殺した
残った家族は出生届も出さずに、その悪鬼を閉じ込めた

月日は流れて2014年
パク牧師は極東宗教研究所の所長
怪しい宗教団体を調査して、その暴露記事を書くのが仕事だ

彼が次に目をつけたのが「鹿野苑」という団体
この団体の何が怪しいのか
怪しいところが見つからないのが怪しいのだ
何しろこの「鹿野苑」は信者から金をいっさい受け取っていない
そんな宗教団体が存在するわけがない
パク牧師は清廉潔白な宗教など、まったく信じていなかった

こいつらが何を企んでいるのか、絶対に暴いてやる

その頃、あるトンネルのコンクリートの壁から、女子中学生の死体が見つかった
殺されたその少女はコンクリートの中で、ミイラになっていた
捜査の結果、警察が辿り着いた容疑者は「鹿野苑」の関係者だった………………

登場人物

パク牧師
極東宗教研究所の所長
金に汚く全てに疑いの目を向けるリアリスト
かつての信仰心も薄れてしまった
ある宗教団体を調査する内に、底の見えない恐ろしい事件に巻き込まれていく
演じるのはイ・ジョンジェ

代表作


「新しき世界」
選ぶべきは任務か絆か
超傑作
韓国版「ゴッドファーザー」と言ってもいい作品
イ・ジョンジェは任務と絆の間で葛藤する潜入捜査官を演じる

ナハン
陰で暗躍する謎の男
「鹿野苑」で将軍と呼ばれる地位にいて、広目様と呼ばれている
ある使命を帯びているようだが………………
演じるのはパク・ジョンミン

グムファ
女子中学生
悪鬼である双子の姉を世間から隠している
この生活から抜け出したいと考えているが………………
演じるのはイ・ジェイン

オカルト・ミステリー

この「サバハ」という作品の面白さは、リアルな調査や聞き込みにより事件の真相に近づいていくミステリーとしての魅力
そして、それがいつの間にか非日常、超常現象や神秘の世界に足を踏み入れてしまう恐怖である
「エンゼル・ハート」が大好きな僕にはどストライクだった

「エンゼル・ハート」

人探しを依頼された探偵が、次第に連続殺人事件に巻き込まれていき………………
名匠アラン・パーカー監督のオカルト・ミステリーの傑作
探偵役のミッキー・ローク、依頼人のロバート・デ・ニーロも素晴らしい
クライマックスには衝撃を受けた

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

探偵もの

ある宗教団体を調査するパク牧師
まるでレイモンド・チャンドラーの探偵もののような様相を呈してくる

このイ・ジョンジェ演じるパク牧師がすこぶる魅力的
金に汚く、ひねくれていて、全てを疑いの目で見る
だが、どこか憎めない人間味のあるキャラクターである

言葉の端々から、かつては強い信仰心を持っていたことが伺える
今では全く宗教や宗教団体を信用していない
しかし、心のどこかで神を信じている

「時々、思うことがある。俺たち人間がこんなに苦しんでいるのに、神はどこで何をやってるんだってな」

難解な謎

この作品の前半は本当にストーリーを把握するのが困難である

田舎に隠れ住む双子
宗教団体の謎を追うパク牧師
女子中学生殺人の事件を捜査する警察
陰で暗躍する謎の男ナハン

一見、無関係に思われる出来事が並行して描かれるからだ

また物語に宗教が深く関わっているのも難解に思える要因の一つ
聞きなれない専門用語が続々と出てくる

人によっては退屈で、わけの分からない作品だろう
スマホをいじりながら見たりしたら、あっという間にストーリーについていけなくなる
だが、諦めずに食らいついていくと、無関係に思えた点と点がつながっていき、事件の全体像が姿を現す
その時の衝撃は凄まじい

衝撃の真相

ナハンたち四天王が命じられた恐ろしい使命
行方不明の女子中学生たち
ナハンを夜な夜な苦しめる少女たちの霊

この世の悪を討つためなら、殺人は許されるのか?

真実を知った時、背筋がゾッとした

まとめ

とっつきにくい
しかし、歯ごたえのある作品である
役者陣の演技も素晴らしい
ストーリーはいまだに理解できない部分も多い
しかし考察したり能動的に作品を見れる人なら、たまらない魅力のある映画だ


Svaha: The Sixth Finger (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/svaha_the_sixth_finger
allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=368601

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする