映画「TENET テネット」ネタバレ感想 未知の映像体験!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あのクリストファー・ノーラン監督の最新作
「時間」をテーマにしたアクション・アドベンチャーである
めちゃくちゃ難解だった!!
謎が多すぎて見ている間、脳みそがショートしそうだった
だが、面白い!!
序盤から度肝を抜く展開
迫力に圧倒された
主演のジョン・デヴィッド・ワシントンや相棒を演じるロバート・パティンソンも素晴らしい
そして見たことのない映像のオンパレード
時間を逆行させるとは、どういうことなのか?
もはや新次元の体験である
正直、見終わっても分からないことが多い
だが、頭ではなく心で感じるべきだろう
これぞ映画館で見るべき映画
クリストファー・ノーランのこだわりを存分に味わえる
逆に最初は頭空っぽにして見るのが正解かも知れない


予告編

作品情報
作品名「TENET テネット」(原題TENET)
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー
上映時間:150分
製作国:アメリカ(2020年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

CIAエージェントである「主人公」はその適正を認められ、謎の組織”テネット”に迎えられる。課せられたミッションは、第三次世界大戦を止めることだった…………

感想(ここからネタバレ)

新型コロナウイルスが世界に蔓延してから公開される初めての大作映画である

テネット

キエフのオペラハウスがテロリストに襲撃された
CIAエージェントの「主人公」は救出作戦に参加
そこで弾丸が逆行するという謎の現象を目にする

主人公はロシアの傭兵に捕らえられ、過酷な拷問を受けた
だが、主人公は口を割らなかった
そして、仲間を守るため、毒薬を口にした

目が覚めるとベッドの上だった

「君はテストに合格した」

それは”テネット”と呼ばれる謎の組織だった
主人公に課せられたミッションは、第三次世界大戦を止めること

未来ではエントロピーを逆転させて、時間が逆行する技術が開発されている
過去の人類を滅亡させようとする何者かが、そうした未来の武器を送ってきている
主人公がオペラハウスで見た逆行する弾丸も、その一つだというのだ

主人公はその弾丸の出所を探るため、ムンバイへ飛ぶ
そこで組織の協力者であるニールという男と合流する
ニールの力を借りて、主人公は武器商人のプリヤと会う
プリヤはその弾丸はロシアのセイターという男から購入したというのだが…………

クリストファー・ノーラン

今や世界でもっとも注目すべき監督となったクリストファー・ノーラン

独創的な作風
スケールの大きさ
本物へのこだわり

ストリーミング全盛のご時勢で、映画館で映画を見る喜びを再確認させてくれる監督である

「バットマン」3部作、「インターステラー」、「ダンケルク」
次々と話題作を発表してきたクリストファー・ノーラン
この「TENET テネット」がもっとも近いのは、2010年の「インセプション」だろう

SFとスパイ映画の融合
独特のアクション映画となっている

また過去にさかのぼっていくというアイディアは、2000年の「メメント」も思いださせる
「インターステラー」や「ダンケルク」でも、時間というものへのこだわりが見られた
クリストファー・ノーランは「TENET テネット」の構想には20年、練り直しにも6, 7年かけたという
「時間」をテーマにした作品の、クリストファー・ノーランの集大成といってもいいだろう

ジョン・デヴィッド・ワシントン

主人公の名もなき男を演じる
過去はCIAのエージェントだったということ以外、いっさい不明
人類を滅亡から救うために、世界を奔走することになる

スパイク・リー監督の「ブラック・クランズマン」で注目されたジョン・デヴィッド・ワシントン
あのデンゼル・ワシントンの息子である
本人は父と同じ道を歩むのを嫌がり、プロのアメフト選手として活躍
しかし、怪我で断念し俳優へと転身した

ジョン・デヴィッド・ワシントンはどちらかというと陽気なキャラクター
あまりスパイというイメージはなかった
だが、ジョンが演じる名もなき男は、プロであると共に人情味があるキャラクターだった
感情豊かなジョン・デヴィッド・ワシントンにピッタリだったと思う

ロバート・パティンソン

主人公の相棒となるニールを演じる
優秀なエージェント
主人公も知らない秘密があるようだが…………

最近はNetflixの「悪魔はいつもそこに」など、悪役を演じることも多いロバート・パティンソン

Netflixオリジナル映画 オハイオ州の田舎町で人々の暴力と死が交錯する………… あの「スパイダーマン」のトム・ホランドと次の「バット...

久々に爽やかなロバート・パティンソンを見た気がする
しかし、めちゃくちゃ良かった
こういう好青年もいけるじゃん
そして、最後に明かされるニールの驚愕の真実
とても印象的な役だった

野心的な作品

この映画「TENET テネット」には驚かされることばかりだった

オリジナル脚本で2億ドルという高額な製作費
そんな超大作なのに、それほど有名ではない黒人俳優が主役
大ヒットが必須なのに、突き放したような難解なストーリー
それなのにアクション映画として成立している

改めてクリストファー・ノーランの才能に驚愕
こんなインディペンデント映画のような超大作、見たことがない
攻めっぷりは「インセプション」以上だろう
これは歴史に残る1作かも知れない

タイムトラベル

この映画で描かれる「逆行」
これは映画でよくあるタイムトラベルとは違う
例えば10年前に戻ろうとしても、一瞬では戻れない
地道に10年間を1日1日、ひたすら戻っていく必要がある
また人間が逆行するには、酸素マスクが必要

逆行している人間との格闘
頭がこんがらがってくる
こんな映像、見たことがない
クリストファー・ノーランは再び、驚異の映像を生み出した

この「TENET テネット」はタイムトラベルものの映画の醍醐味も、ちゃんと押さえている

覆面の男の正体
黒幕の秘密
ニールの過去

バラバラだったピースがパズルのように組み合わさっていく様は快感だった

それでも本作を初回で全て理解するのは不可能だろう
主演のジョン・デヴィッド・ワシントンも脚本を読むのに5時間かかったという
何度見ても新しい発見がありそうだ

作品の評価

ストーリーは難解だが、凄まじい映像の連続
何が起こっているのか分からないけど面白いという、未知の体験をさせてもらった
また音楽がド迫力
劇場が振動するかのようだった

ただ置いてきぼりになった観客もいただろう
もう少し分かりやすく描いても良かった気がする
だが、こんな映画が撮れるのは間違いなくクリストファー・ノーラン1人だけ
もはや孤高の巨匠である
こんな尖った大作を実現してしまったというだけでも、尊敬に値する

本物志向のクリストファー・ノーランだけあって、大スクリーンにふさわしい作品に仕上がっている
新型コロナウイルスがいまだに猛威をふるっている現在
それでも映画館に足を運ぶ価値はあるだろう

作品裏話

格納庫に激突する航空機は、本物が使用された
最初はクリストファー・ノーランも、さすがにミニチュアを使うつもりだった
ところがスタッフがカリフォルニアで、大量の古い航空機を発見
これを購入して使用する方が、効率的だという話になったらしい
スケールがでかすぎる…………

この「TENET テネット」でCGが使われたシーンは、わずか280
SFではないジャンルの映画と比べても、少ない数字である
ちなみにクリストファー・ノーランの前作「ダンケルク」は650

本作の脚本は非常に厳重に管理された
主演のジョン・デヴィッド・ワシントンは施錠されたスタジオのオフィスでしか、脚本を読むことが出来なかった
クリストファー・ノーラン監督作品の常連であるマイケル・ケインでさえ、脚本を自分の出演シーンしか読ませてもらえなかったという

まとめ

待望のクリストファー・ノーラン監督の最新作
予想以上に尖った超大作だった
正直、見終わっても謎だらけである
それでも面白いと思わせる力量が凄い
これこそ劇場で見るべき一作だろう

クリストファー・ノーラン監督の最新作「TENET テネット」が公開された ド迫力のアクション キャストの好演 壮大なスケール ...


Tenet (2020) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/tenet
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/370964

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする