Netflix「ARASHI’s Diary -Voyage-」第9話「2020年4月」 ネタバレ感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンという立場ではない一視聴者からの感想
前回、第8話は櫻井翔にスポットが当てられた

ファンという立場ではない一視聴者からの感想 前回、第7話は相葉雅紀にスポットが当てられた 相葉雅紀の過去、プライベート、仕事など、非常に...

今回、第9話は異色のエピソード
新型コロナウイルスが世界を席巻し、その中で嵐の5人が自分たちの出来ることを模索していく姿を描き出す

作品情報
作品名「ARASHI’s Diary -Voyage-」第9話
出演:櫻井翔、大野智、松本潤、二宮和也、相葉雅紀
配信日:2020年6月5日

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

2020年4月

2020年4月7日
日本では東京をはじめとする7都府県に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された
そんな中、嵐5人が過ごした日々の記録

この「ARASHI’s Diary -Voyage-」は活動休止する嵐の最後の華々しい1年を追うドキュメンタリーになるはずだった
ところが世界を新型コロナウイルスが席巻

2020年4月
中国北京公演中止

2020年5月
国立競技場 アラフェス2020延期

2020年7月
東京オリンピック延期
NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター担当

予定されていた嵐のイベントがことごとく中止になったり、延期になった

櫻井翔
「いやあ、悔しいよ。毎日毎日、悔しいよ、それは。北京もやりたかったし、国立もあのタイミングでやりたかったし。オリンピックだってそう。やっぱり前人未到の誰もチャレンジしてこれなかったことを最初にやれる喜びって、めちゃめちゃ大きいから。この状況の中でできることを、もう最大限とかそういうレベルじゃなくて、もうコツコツコツコツやってくしかないなとは思ってるけどね」

このドキュメンタリーも誰も想定していなかった方向へ向かっているようだ

リモート紙芝居

そんな中、嵐のメンバーは自分たちが出来ることを模索し始めた
このリモート紙芝居は、櫻井翔の発案で生まれた
嵐のメンバーで紙芝居を行い、配信する
外に出られない子供たちや、その親に向けたものだ

「(大野)それ何か変装すんの?」
「(櫻井)いや、一発目は普通でいいんじゃない? 大野さん1人の時に急に変装してても面白いとは思うけど」
「(大野)分かりやすい方がいいのかなと思って」
「(櫻井)でもさ、紙芝居だから絵は出るからさ。読んでる奴まで変装しなくていいと思うけど」

全員、爆笑

「(二宮)反省会があった方がいいかもね、最後に。”じゃあ、次回はこれやりましょう”ってなって」
「(松本)どんなに誇張しても、その場では笑わないように頑張るか」
「(相葉)マイクとかつけられないのかな、ここに」

内容を煮詰めていく嵐のメンバー
リモート紙芝居はYouTubeで配信された

嵐のワクワク学校

嵐が先生になり授業をするチャリティーイベント
東日本大震災の復興支援として開始され寄付総額は約20億円
若い子が学校に行けない状況で、やるなら”ワクワク学校”がいいのではないかと、松本潤が提案した

ライブ配信

2017年12月にあった東京ドーム公演「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018『untitled』」
そのライブ映像が4月11日に、YouTubeで配信された

松本潤
「untitledをYouTube上に上げるってなった時に、これ批判出るだろうって思って。ファンクラブに絶対先に言ったほうがいいと。でファンクラブの人たちに”申し訳ないけどこれはこういう有事のタイミングだからご理解ください”っていうコメントを出したんだけど、まったく批判とかそういうものが上がんなくて。俺本当に『untitled』のコメント欄見ながら、1人で家で号泣してたわけ。3時間も4時間も。なんてこの人たちはあったかいんだろうと。そのコメント見てて、俺はすげえ元気になったんだよね」

まとめ

誰も予期せぬ事態
それは嵐にとっても同じだった
そんな中で、自分たちに出来ることを模索して、実行していくメンバー
見ていて前向きな気持ちになった
改めてメンバーの仲の良さも再確認
次回は松本潤にスポットが当たるようだ

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする