「フォードvsフェラーリ」感想と解説(ネタバレあり) 絶対王者に挑め!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2大スター初共演
不可能に挑む男たち
見ごたえのある1本である
キャストは好演
特に性格に難のある天才ドライバーを演じたクリスチャン・ベイルが素晴らしい
マット・デイモンとの友情も見どころ
理想のレースカーを仕上げるための試行錯誤
その過程も面白い
限りある時間と予算
横やりを入れてくる大企業
様々な問題が次々と発生する
それをどう乗り越えるのか
人間ドラマとしても一流である
そしてレースシーンはド迫力
凄まじいスピードと緊迫感に、息もつけなかった
ただ爽快なだけの作品ではない
苦みもある大人のドラマである
ぜひ大画面で見るべきだ


予告編

作品情報
作品名「フォードvsフェラーリ」(原題Ford v Ferrari)
監督:ジェームズ・マンゴールド
キャスト:マット・デイモン、クリスチャン・ベイル、ジョン・バーンサル、カトリーナ・バルフ、トレイシー・レッツ、ジョシュ・ルーカス
上映時間:153分
製作国:アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

大企業フォード社はル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに勝利するため、元レーサーでカー・デザイナーのキャロル・シェルビーを雇うが………………

感想(ここからネタバレ)

レース映画の傑作といえば「ラッシュ プライドと友情」

宿命のライバル、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いと友情を描いた
この「フォードvsフェラーリ」はそれに劣らぬ傑作

不可能への挑戦

1960年代、イタリアのフェラーリはル・マン24時間耐久レースで4連勝を成し遂げ、モータースポーツ界の絶対王者だった
しかし、フェラーリの財政は破綻寸前だった
モータースポーツ部門の拡大を図るアメリカのフォード社は、フェラーリの買収を試みる
ところが契約成立直前、交渉は決裂する
創業者のエンツォ・フェラーリは、最初からアメリカ企業に売却する気などなかったのだ
コケにされた
フォード社の会長ヘンリー・フォード2世は激怒した
このままでは済まさない
絶対にル・マン24時間レースで、フェラーリに勝ってみせる

そうして白羽の矢が立ったのがキャロル・シェルビーだった
シェルビーはル・マンで優勝した唯一のアメリカ人だ
だが、心臓病のためレースを引退
今は車のセールスとカーデザイナーとして生計を立てていた

絶対王者フェラーリにフォードが勝つ
どう考えても不可能だった
しかも次のル・マンまで90日しかない
本気で勝つためには凄腕のドライバーが必要だ

シェルビーはイギリス人レーサー、ケン・マイルズのところを訪ねた
マイルズはレーサーとしてはずば抜けているが、怒りっぽくて口が悪く扱いにくい男だ
そのため周りからは敬遠されていた

フェラーリに勝つというシェルビーを、最初は馬鹿にするマイルズ
けれどシェルビーの情熱に、次第に心が動かされていった
生活苦で一度はレーサーを辞めようと思った
そんなマイルズにとって、これは大きなチャンスだった

フェラーリに勝てる最高のレーシングカーを作る
シェルビーとマイルズはフォードGT40に様々な改良を加えていく
しかし、彼らの前には様々な困難が立ちふさがっていった………………

ジェームズ・マンゴールド

「3時10分、決断のとき」ではクリスチャン・ベイルと組み、見事な西部劇を作り上げた
「LOGAN ローガン」では老いたウルヴァリンの最期を、哀愁をもって描いてみせた
確かな力量のある監督である
特に熱い男たちのドラマを描かせたら天下一品
「フォードvsフェラーリ」はそんなジェームズ・マンゴールドにピッタリな作品
新たな代表作を誕生させた

マット・デイモン

カーデザイナーでチームのリーダーのキャロル・シェルビーを演じる
シェルビーはル・マン24時間レースで優勝したほどのレーサーだった
だが、心臓病でレーサーの道を断念
夢を失った思いは、いまだにシェルビーの中でくすぶっている

情熱的で大胆
信念を持った熱いリーダー
そんなシェルビーをマット・デイモンは、持ち前の親しみやすさで好演
シェルビーは扱いにくいマイルズに苦労しながらも、彼の腕前を信頼し夢を託す
けれど大企業フォードがスポンサーということで、様々な横やりが入る
フォードとマイルズの板挟みで苦しむシェルビー
夢と理想だけではままならない現実
見ていて身につまされる気分だった

クリスチャン・ベイル

短気で口が悪く皮肉屋
何でも思ったことをズバズバ言う
周囲からのコントロールを全く受け付けない
それがケン・マイルズである
扱いにくい男だ
だが、レースの腕前は最高
本当の天才である

そんなマイルズをクリスチャン・ベイルは、30キロ体重を落として熱演
鬼気迫る演技を見せてくれる
我が強い厄介な男
そんなマイルズも息子のピーターにだけは優しい眼差しを見せる
そのギャップがたまらない
気丈に夫を支える妻のモリーも良かった

まるで抜身の刀のようなマイルズ
そのため周囲と上手くいかない
そんなマイルズに代わって、シェルビーが彼の橋渡しとなる
またマイルズもシェルビーが喉から手が出るほど欲しているレーサーとしての才能を提供
お互いに足りないものを補い合う二人
まさに理想の関係だった
シェルビーとマイルズの友情は、この作品の大きな見どころ

フェラーリとの戦い

モータースポーツ界に絶対王者として君臨するフェラーリ
レーシングカーも赤く滑らかなフォルムで洗練されている
誰が見ても格好いい
別格の存在だ

そんなフェラーリを上回るレーシングカーを作る
試行錯誤の連続
新たな問題点が出ては、一からやり直し
ル・マン24時間耐久レースは1台の車で昼夜を走りぬく過酷なレースだ
スピードを出すためには、車体を軽くしなければならない
24時間走りぬくには、頑丈でなければならない
相反する二つの条件を満たさなければならないのだ
たった一つのミスが致命的となる

繰り返されるテスト走行
時には事故も発生する
まさに命がけ
最高の車を作り出すということは生半可なことではない
それを思い知らされた

常に改良を繰り返す果てしない工程
寝る間も惜しんで作業に没頭する
でも、シェパードやマイルズ、他のチームのメンバーもどこか楽しそうだ
この連中は根っからの車バカなのだ
夢に向かって突き進むことが楽しくて仕方がない

そしてレースシーンの迫力は圧倒的だった
極力CGに頼らず、本物にこだわったという
素晴らしくスリリングでエキサイティングなものとなっている

24時間耐久レースとは、ただスピードを出せばいいというわけではない
無理をしすぎると車体が駄目になってしまう
その匙加減が重要なのだ

ライバルとの抜くか抜かれるかというスリル
そんなに回転数を上げて大丈夫か
どこかに故障が生じるのではないか
そんな潜在的な不安
レース中は一瞬たりとも気が抜けなかった
そして念願のフェラーリへの勝利
素晴らしい爽快感を味わえた

フォードとの戦い

だが、この作品の本当の敵はフェラーリではなかった
大企業フォード社
レースのノウハウなどない
そんな重役たちが様々な横やりを入れてくる

レースに勝つため
理想の車を完成させるため
フォードをフェラーリに勝たせるため、全力を尽くすシェルビーたち
ところが彼らの最大の障害が、皮肉にも依頼してきたフォードとなっていく

フォードの最終的な目標は車を売ること
企業イメージをアップさせること
そのため、ズバズバ言いたいことをいうマイルズをフォードは嫌った
このままではインタビューで何を言い出すか分からない
そんな勝手な理由で、フォードはマイルズをレーサーから外せと要求してくる

純粋に勝利を目指すシェルビーたちスタッフ
世間体や金儲けしか頭にない大企業フォード
最初から温度差が違うのだ
ちなみに実際のフォードはあまりの赤裸々な内容に、この作品から距離を置いたという

様々な横やりを入れてくるフォード
特に副社長のレオ・ビーブのムカつき度は絶品
こいつが出てくるたびにイライラが止まらなかった(笑)

勝利を邪魔しようとしてるとしか思えないフォードの無理難題
それはル・マン24時間耐久レースでも炸裂する
独走状態のマイルズ
勝利は決定的だ
それをスピードを落として、フォードの他の2台と同時にゴールさせろというのだ
馬鹿げた要求である
シェルビーはその判断をマイルズに任せる

マイルズの行動

マイルズはその命令を無視するかのように全力で飛ばし、コースレコードを更新した
やはりマイルズがそんな要求を呑むはずがない
当然のことだ
ところがゴール直前になって、マイルズはわざとスピードを落とす
そして他の2台を待って、同時にゴールイン
マイルズがこの作品で見せた初めての大人な行動である

フォードに屈したわけでは決してないだろう
マイルズは悟っていた
このレースは自分だけのものではない
シェルビーやスタッフ、みんなのものだ
自分1人では成し遂げられなかった
みんなの顔を立てたのだ

マクラーレンの方が後ろからのスタートだったということで、彼が優勝となった
その時、ようやくシェルビーは気づく
副社長のレオ・ビーブにはめられたのだと
マイルズの勝利をふいにしてしまった
怒り狂うシェルビー
けれどマイルズは満足そうだった
勝ったのは間違いなく自分たちだ

勝利を目指して全力を尽くしたシェルビーとマイルズ
彼らに比べて大企業フォードが、ちっぽけで醜い存在に見えた
レーサーとして純粋すぎたマイルズ
彼が事故で亡くなったのは、このレースからたった2ヶ月後だった

まとめ

絶対王者に挑む熱い男たちのドラマである
秀逸な演技
力強い演出
手に汗握るレースシーン
まさに極上の作品
こんな人間ドラマが見たかった

1. 「フォードvsフェラーリ」 2. 「MIDWAY」 3. 「チャーリーズ・エンジェル」 4. 「Playing with Fir...


Ford v Ferrari (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/ford_v_ferrari
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/369005

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする