Netflix「ロマンティックじゃない?」感想 もしロマンチック・コメディ映画の世界に迷い込んだら?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixのロマンチック・コメディ
アメリカでは2月13日に公開され初登場3位
現在も上映中の最新作である

1. 「アリータ:バトル・エンジェル」 2. 「レゴ(R)ムービー2」 3. 「ロマンティックじゃない?」 4. 「What Men ...

ロマンチック・コメディ映画の世界に迷い込んでしまった主人公
お約束への主人公のツッコミに爆笑
ロマコメ好きならかなり楽しめるだろう
88分でサクッと見れるのも嬉しい
映画館で1800円払うかといわれると微妙だが、Netflixで見れるのならば問題なし
かなり得した気分になれる
なかなかの良作コメディ


予告編

作品情報
作品名「ロマンティックじゃない?」(原題Isn’t It Romantic )
監督:トッド・ストラウス=シュルソン
キャスト:レベル・ウィルソン、リアム・ヘムズワース、アダム・ディバイン、プリヤンカー・チョープラー
上映時間:88分
製作国:アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

子供の頃、ロマンチック・コメディ映画が大好きだったナタリーは、現実にそんな話があるわけないと醒めた大人になっていた。ある日、地下鉄で強盗にバッグを盗られそうになったナタリーは、はずみで頭を強打してしまう。目覚めると、そこはロマンチック・コメディ映画の世界だった………………

感想(ここからネタバレ)

「ピッチ・パーフェクト」レベル・ウィルソン初主演映画
ロマンチック・コメディ好きなら見て損はなし

ロマンチック・コメディの世界

子供の頃、ナタリーはロマンチック・コメディ映画に夢中だったが、母親にその夢を打ち砕かれる

「あんた、自分がジュリア・ロバーツになれると思ってんの?」

それから25年後、ナタリーはニューヨークで建築家として働いていた
彼女はすっかり恋愛に対して否定的な皮肉屋な女性になっていた
親友のジョシュや助手のホイットニーは、そんな彼女のことを心配していた

ある日、ナタリーは仕事からの帰り、地下鉄でひったくりに遭う
何とかバッグを死守するナタリー
強盗は撃退したが、はずみで柱に頭を強打し気を失ってしまう

目覚めた時、そこは病院のベッドの上だった
だが、何かがおかしい
まるでホテルのように綺麗な病室
ハンサムすぎる医師
ナタリーは逃げるように病院から出た
そこは花に囲まれた美しいニューヨークの街だった
ナタリーはロマンチック・コメディ映画の世界に迷い込んでしまったのだ………………

登場人物

ナタリー
大柄な女性
子供の頃はロマンチック・コメディの世界に憧れていたが、今では恋愛を否定し、ハッピーエンドを信じなくなった
演じるのはレベル・ウィルソン
本作は彼女の初主演映画である

代表作

「ピッチ・パーフェクト」
全米で大ヒット
超個性的な女子大生のアカペラ部が大会で優勝を目指す
レベル・ウィルソンはアカペラ部の一員として出演
見事な歌声を披露

ブレイク
ハンサムで金持のクライアント
リアル世界ではナタリーを無視するが、ロマコメ世界では彼女に一目惚れ
演じるのはリアム・ヘムズワース
「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースは7歳年上の兄である

代表作

「ハンガー・ゲーム」
このシリーズで全米で、若い世代に人気に火がついた

ジョシュ
ナタリーの同僚で親友
お互いのことを理解している仲
演じるのはアダム・ディバイン
レベル・ウィルソンとは「ピッチ・パーフェクト」で共演

「プリティ・ウーマン」

ジュリア・ロバーツの魅力爆発
ロマンチック・コメディ映画の金字塔

「ロマンティックじゃない?」では冒頭からあの「オー・プリティ・ウーマン」が流れてびっくり
本作はかなり「プリティ・ウーマン」を意識している
ブレイクとのヨットのディナーでナタリーが着ていく赤いドレスは、ジュリア・ロバーツが「プリティ・ウーマン」でオペラで着用したものと同じである

ロマンチック・コメディ映画のお約束

ナタリーはかつてロマンチック・コメディ映画にどっぷりハマっていた
彼女いわく、ロマコメ映画には以下のお約束がある

起き抜けなのに主人公は髪もメイクもばっちり

主人公がなぜかよく転ぶ

職場にはライバルの同僚がいる

主人公を応援するゲイの親友がいる

ベッドシーンに入りそうになるとカットが変わる

クライマックスでスローモーションが入る

結婚式を止めようとする

そういえば確かに「セカンド・アクト」でもジェニファー・ロペスが転んでた(笑)

Netflixオリジナルでジェニファー・ロペス主演のロマンチック・コメディ 全米では「アクアマン」「バンブルビー」などと同じ週に公開された...

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ロマコメ世界からの脱出

ロマンチック・コメディの世界に迷い込んで、無駄にモテるようになったナタリー
彼女はリアル世界に戻ろうと悪戦苦闘する
なおこの世界は全年齢向けらしく、”F〇ck”などと汚い言葉を使おうとすると邪魔が入る
そして、ようやくナタリーは思いつく

恋を成就すれば、このラブコメ世界も終わり、元の世界に戻れるのでは

本当の愛

ナタリーは自分に言い寄ってきたイケメンで金持のブレイクと付き合いだす
ベッドシーンは飛ばされるが、ちやほやされるのは気分のいいものだった
少しずつロマコメ世界に馴染んできたナタリー
これはこれで悪くないかも知れない

だが、親友のジョシュにモデルの彼女が出来て、ようやくナタリーは気づく
馬鹿で、冗談ばかり言って、イケメンでもないが、自分が好きなのはジョシュなのだと

「昔からの親友が、実は運命の人だったなんて、なんて意外な展開なの!!」

いや、それ十分にお約束だからっ(笑)

ジョシュを奪い返すために結婚式場まで走るナタリー

ここでスローモーションかよっ!!

クライマックスの意味

結婚式場でジョシュの前に立つナタリー
しかし、ここで意外な展開を見せる
ようやくナタリーは目覚める

自分が愛しているのは自分なのだと

恋愛が世界の全てではないのだ
世界がどうだろうが、自分は自分
何かに依存しすぎてはいけない

てっきりロマコメの定番通りに進むと思っていたストーリー
この展開は予想できなかった

ミュージカル

リアル世界に戻ってきたナタリー
もう今までの自信のない彼女ではなかった
仕事に恋に、自分らしく全力投球
清々しい結末である

ラストに監督が付け加えたというリアル世界でのミュージカルシーン
レベル・ウィルソンもアダム・ディバインも「ピッチ・パーフェクト」で歌もダンスもお手のもの
ハッピーな気分で映画を見終えることが出来た

まとめ

なかなか楽しい一作
ロマンチック・コメディ映画に精通している人ほど面白く見れるだろう
久々に「プリティ・ウーマン」を見返したくなった


Isn't It Romantic (2019) on IMDb


rotten tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/isnt_it_romantic_2019

関連記事

1. 「アリータ:バトル・エンジェル」 2. 「レゴ(R)ムービー2」 3. 「ロマンティックじゃない?」 4. 「What Men ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする