マーベル VS DC スーパーヒーロー映画の歴史を解説!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーベル・コミックとDCコミックス
アメコミの2大出版社である
多くのスーパーヒーローを生み出し、映画化された

スーパーヒーロー映画は今や、ハリウッドを征服したといっていい
しかし、最初から上手くいったわけではなかった
大の大人がコスチュームを着て、悪と戦う
見下す者も多かった

スーパーヒーロー映画の歴史
それはマーベルとDCの戦いの記録でもある
その歴史でもっとも重要な位置づけの作品は何か?
Looperの記事などを参考に、スーパーヒーロー映画の歴史を振り返る

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「スーパーマン」(1978年)


スーパーヒーロー映画の歴史
それはこの傑作から始まったと言っていい
DCコミックスでもっとも有名なヒーロー”スーパーマン”
スーパーヒーロー映画としては初のメジャー作品である

主役のスーパーマンにクリストファー・リープ
その父親にマーロン・ブランド
悪役であるレックス・ルーサーにジーン・ハックマンと豪華なキャスト
監督は「オーメン」のリチャード・ドナー

アメリカでの興収は1億3121万ドルで、1978年の最高の売り上げ
全世界では3億2000万ドルで、当時の歴代6位だった
作品は批評家からも観客からも絶賛された
この大成功で続編が3本製作された

スーパーヒーロー映画の歴史はDCから始まった

「バットマン」(1989年)


次に続いたのもDCだった
バットマン
DCコミックスの人気キャラクターである
監督はティム・バートン
バットマン役はマイケル・キートンだった

ティム・バートンとマイケル・キートンは「ビートルジュース」など、コメディとしての印象が強かった
そのためファンが猛反発
論争を引き起こし、特にキートンの起用に対しては5万人の抗議文がワーナー・ブラザーズに送られてきた

だが、映画は大成功
全米で2億5120万ドル
全世界で4億1135万ドル
これは2008年の「ダークナイト」まで、DC作品の歴代1位だった

「暗すぎる」という声もあったが、作品はおおむね好評
ジョーカー役のジャック・ニコルソンの怪演が話題を呼んだ
またマイケル・キートンのバットマンも、公開後は称賛の声が多くなった

「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年)


スーパーヒーロー映画の歴史を語る上で欠かせない作品
それがこの「バットマン&ロビン」である
しかし、良い意味ではない

「バットマン」シリーズの第4作
前作「バットマン フォーエヴァー」が大ヒット
その勢いに乗って作られた
主演のバットマン役にジョージ・クルーニー
ヴィランであるMr.フリーズにアーノルド・シュワルツェネッガーが抜擢された
これで大ヒット間違いなし!!

ところが映画は大失敗
製作費1億6千万ドルに対して、全世界の興収は2億3820万ドル
これは歴代のバットマン映画では最低である
作品の評価も最悪で、その年のゴールデンラズベリー賞の最低作品賞にもノミネートされた
監督のジョエル・シュマッカーは、ファミリー向けにするようにワーナー・ブラザーズが圧力をかけてきたのが原因だと主張した
この失敗により、続編「Batman Triumphant」はキャンセルされた

このことは後のスーパーヒーロー映画にも、大きな影響を与えた
「バットマン&ロビン」は明らかにチケットやおもちゃの売り上げだけを念頭に作られた
しかし、スーパーヒーロー映画にとっても、もっとも重要なのはクオリティなのだと、誰もが思い知らされた

「ブレイド」(1998年)


さてDCの話題ばかりだが、その頃マーベルは何をやっていたのか?
マーベルは1980年代後半から徐々に経営が悪化し、もはや破産寸前だった
そのため「スパイダーマン」など、人気キャラクターの権利を格安で売り出すという最悪の状況
もはやどん底だった

そんな時、マーベル初の映画での成功作品が生まれた
それが「ブレイド」である
主演ウェズリー・スナイプス
人間とヴァンパイアの混血として生まれてきた黒人ブレイドが、スーパー・ヒーローとして活躍する
米国で7,000万ドル、世界で1億3,120万ドルを稼いだ

ぶっちゃけDCの「スーパーマン」や「バットマン」と比べると、大した売り上げではない
話題性もいまいちで、マニアックな人気を集めたというだけである
だが、この小さな成功が、後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)へとつながっていく

「X-メン」(2000年)


チームとしてのスーパーヒーロー映画
マーベル初のメジャー作品だった
予算はわずか7,500万ドル
監督は「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー
ウルヴァリン役には当時は無名だったオーストラリアのヒュー・ジャックマンが起用された
全米で1億5700万ドル、全世界で2億6600万ドル
予算の3倍の収益という大ヒットだった
この成功でシリーズ化され、現在までに世界で60億ドル以上を稼いでいる
マーベル新時代の幕開けだった

「スパイダーマン」(2002年)


「X-メン」でマーベル作品は大ヒットを飛ばすことが可能だと証明された
しかし、「スパイダーマン」がここまでのヒットをするとは、誰も予想していなかった

この映画の企画は難航し、ジェームズ・キャメロンやトニー・スコット、ローランド・エメリッヒなど、様々な監督の名前が挙がった
最終的には「死霊のはらわた」のサム・ライミが監督に就任
サムはスタジオの反対を押し切って、トビー・マグワイアをスパイダーマン役に抜擢した

作品はアメリカで史上初の公開1週目で1億ドル越えを達成
最終的にはアメリカで4億300万ドル、全世界で8億1100万ドルの売り上げだった
どん底だったマーベルがついにDCを追い抜いた瞬間だった
この成功によってスーパーヒーローのジャンルや夏の大ヒット映画が再定義されたといわれている

「バットマン ビギンズ」(2005年)


DCの人気キャラクター”バットマン”
ワーナー・ブラザーズは再びこのキャラクターを復活させたいと思案していたが、企画は難航していた
救いの主は思いもかけない人物だった
クリストファー・ノーラン
「メメント」「インソムニア」など、どちらかというとインディーズ系の監督だった
メジャー大作など手がけたことはない

クリストファー・ノーランはティム・バートンやジョエル・シュマッカーと同じことをするつもりはなかった
彼はバットマンの起源の物語を、現実に即したリアルな映画で再起動したかった

こうして完成した作品は「バットマンの本質を描いている」と批評家から絶賛された
アメリカのオープニング成績は4800万ドルと「スパイダーマン」の半分だったが、作品の高評価からじわじわと成績を伸ばし、最終的には2億600万ドル
全世界で3億7300万ドルだった
本作の成功によりハリウッドでは、人気作のリブートに火がつくことになる

「アイアンマン」(2008年)


「アイアンマン」が登場した時はまだ、この作品が映画史においていかに重要な作品であるか、気づく者はいなかった
MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の始まりの作品である

最初はトム・クルーズがアイアンマンことトニー・スターク役で考えられていた
しかし、監督のジョン・ファヴローはロバート・ダウニー・Jrを推薦
マーベルはダウニーの過去の薬物問題から「絶対に彼を雇うことはない」と大反対した
だが、コミックのファンであると公言していたロバート・ダウニー・Jrは、オーディションで他を圧倒
皆が認めざるを得なかった

そして公開された「アイアンマン」は全ての期待を上回った
最終的にアメリカで3億1800万ドル、世界で5億5800万ドル
MCUとしては最高のスタートとなった

「ダークナイト」(2008年)


「バットマン ビギンズ」の続編
史上最高のスーパーヒーロー映画といわれている

前作「バットマン ビギンズ」は1億5000万ドルの予算で3億7,300万ドルの利益を上げた
これはヒットではあるが、メガヒットといえるほどのものではなかった
誰もが「バットマン」はまだポテンシャルを秘めていると感じていた

監督のクリストファー・ノーランにとっては、初の続編
ジョーカー役に選ばれたヒース・レジャーの演技に、ノーランや他のキャストは魅了されたという

「ダークナイト」はスーパーヒーロー映画の歴史を塗り替えた
全米の収益は5億3490万ドル
「タイタニック」に次ぐ全米興行収入歴代2位だった
全世界では最終的に10億192万ドルとなり、歴代4位
ダークでシリアスな本作が記録的なヒットを飛ばしたことは、大きな衝撃となった

「その深遠な内容はヒーロー映画の枠を超えている」と批評家も絶賛
公開前にヒース・レジャーが亡くなったことも、話題を呼んだ
そのヒース・レジャーはアカデミー賞で助演男優賞を受賞
スーパーヒーロー映画の歴史において、大きな快挙となった
また評価の高い本作がアカデミー賞の作品賞にノミネートされなかったことが、大きな批判を集め、翌年から作品部門の候補枠が5作品から最大10作品まで拡大された

「アベンジャーズ」(2012年)


スーパーヒーロー映画はDCから始まった
しかし、何年もDCの影にいた後、マーベルは画期的な何かを計画した
スーパーヒーローのクロスオーバー映画
それは荒唐無稽なアイデアに思えた
上手くいくはずがない

「アベンジャーズ」はアメリカの最初の週末で、2億700万ドルの収益を叩き出した
これはオープニング成績で2億ドルを突破した最初の映画である
最終的にはアメリカで6億2300万ドル、全世界で15億ドルに達した
「アバター」「タイタニック」に続く歴代3位の成績である

「アベンジャーズ」は様々な記録を塗り替え、大ヒット映画の新時代を切り開いた
そしてマーベルはクロスオーバーを成功させた唯一のスタジオとなった

「デッドプール」(2016年)


映画「X-メン」が登場してから16年
シリーズの人気は衰えていた

デッドプールが初登場したのは「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」
デッドプール役を演じたライアン・レイノルズは、単独主演作品の実現に情熱を注いだ
20世紀フォックスは「デッドプール」の映画化を発表した
しかし、ライアン・レイノルズ主演の「グリーン・ランタン」の爆死
あまりに超暴力的なキャラ
「X-メン」シリーズ初のR指定
スタジオは「デッドプール」に多大な期待はせず、製作費はスーパーヒーロー映画としては格安の5800万ドルだった
そのためシナリオからいくつかのアクション・シーンを、削らなければならなかった

その「デッドプール」がまさかの大ヒット
アメリカで3億6310万ドル、全世界で7億8,500万ドル
「X-メン」シリーズで歴代1位の成績だった(ちなみに現在は「デッドプール2」が1位)
多くのファンがスーパーヒーロー映画のお約束をあざ笑うデッドプールを楽しんだ
「デッドプール」はスーパーヒーロー映画の新しい可能性を切り開いた

「ワンダーウーマン」(2017年)


「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で初登場したワンダーウーマンの単独主演作品
ワンダーウーマン役は引き続きガル・ギャドットが演じた
監督には「モンスター」のパディ・ジェンキンス
アメリカン・コミック原作の映画としては、初の女性監督となった

「ワンダーウーマン」の興収はアメリカで4億1200万ドル、世界で8億1100万ドルとなった
これは女性監督作品、および女性が主演のアクション映画において歴代1位である
批評家も作品の出来を称賛
「ワンダーウーマン」は女性スーパーヒーロー映画の新たな歴史を築いた

「ブラックパンサー」(2018年)


スーパーマン、バットマン、スパイダーマン
歴史に名を残す偉大なヒーローたち
では「アベンジャーズ」などのクロスオーバー作品を除いて、ソロでもっともヒットしたのはどのヒーローの作品か?
それは思いもよらぬ無名のヒーローだった

ブラックパンサー

「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で初登場したヒーローの単独主演作
黒人監督で黒人が主役でスタッフ、キャストもほとんど黒人が占めた
その売り上げは凄まじく全米で7億ドル
「アベンジャーズ」の1作目を上回ってしまった
全世界では13億4700万ドル
10億ドルを超えた5番目のMCU作品となった
そして、アカデミー賞の作品賞にノミネートされた初のアメコミ映画であり、スーパーヒーロー映画である

「アベンジャーズ エンドゲーム」(2019年)


2008年の「アイアンマン」から始まったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズのフィナーレ
前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で宇宙最強の敵サノスに、全人類の半分を消滅させられた
残ったヒーロー達は集結して、最後の戦いに挑む
まさにマーベルの集大成といった作品である

全米の最初の週末で、史上初の3億ドル超えである3億5700万ドルを記録
Box Office Mojoはこんな数字は想像すらしていなかったと報じた
そして全世界で27億9780万ドルを稼ぎ、「アバター」を抜いて歴代1位となった
ついにマーベルが映画の歴史の頂点に輝いたのだ
こうしてMCUは一つの区切りをつけ、新たな段階へ進むこととなった

「ジョーカー」(2019年)


DCの「スーパーマン」から始まって、様々な種類のスーパーヒーロー映画が作られてきた
だが、この「ジョーカー」は初めてのスーパーヒーロー映画ではないスーパーヒーロー映画だった
ジョーカーはバットマンでもっとも有名な悪役である
その誕生秘話を描いた本作は、マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」や「キング・オブ・コメディ」からインスパイアを得ている
いわば精神疾患や暴力、社会格差をテーマにした社会派作品となった

監督を務めたトッド・フィリップスはスタジオからジョーカー役にレオナルド・ディカプリオを強く勧められたが、最初からホアキン・フェニックス以外は念頭になかった
フェニックスは80kgあった体重を、本作のために60kg以下まで減量した
あまりにも暗い内容のため、スタジオは製作費を5500万ドルしか出さなかった
公開前は専門家もヒットするかどうか意見が分かれた

その「ジョーカー」は全米で3億3500万ドル、全世界で10億7400万ドルを稼いだ
これはR指定作品としては、「デッドプール2」を抜いて歴代1位
初めて10億ドルを超えたR指定作品となった
また低予算だったため、もっとも収益性の高いスーパーヒーロー映画となった
さらには第79回ベネチア国際映画祭でDCコミックスとしては初となる金獅子賞を受賞
アカデミー賞でもホアキン・フェニックスが主演男優賞を受賞した
「ジョーカー」はスーパーヒーロー映画の新たな可能性を生み出した

まとめ

こうしてみると、マーベルとDCの歴史は凄まじい
お互いに刺激し合って画期的な作品を生み出してきた
スーパーヒーロー映画というジャンルがここまでの地位を築くとは、かつては誰も想像していなかっただろう
今後、マーベルとDCによって、どんな作品が生み出されるのか
とても楽しみだ

現在、世界歴代映画興行収入のランキング1位は「アベンジャーズ エンドゲーム」である それ以外にもTOP10には「アベンジャーズ インフ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする