Netflixは映画館を殺すのか?

アルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」がNetflixオリジナル作品として配信された

ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞などすでにいくつもの賞を受賞している名作であり、オスカーも期待されている
それ以外にもNetflixでは「モーグリ ジャングルの伝説」「クリスマス・クロニクル」「バスターのバラード」など、劇場公開作品と比べてもなんら遜色のない作品が続々と配信されている
今後のラインナップを見てもマーチン・スコセッシの「アイリッシュマン」ライアン・レイノルズ主演マイケル・ベイ監督の「6 Underground」と、劇場で公開しないのが不思議なほどの話題作ぞろいである

もしNetflixで質の高いオリジナル映画が配信され続ければ、映画館に行く人は減ってしまうのではないか?
このままでは映画館が衰退してしまうかも知れない
素朴な疑問としてそう思った
VARIETYの記事で興味深いものを見つけた

スポンサーリンク
PC用

Netflixは映画館を殺さない

Netflixと映画館は共食いしあっているのか?
劇場のオーナーの団体が11月に2500人から調査した
その結果、意外なことが分かった
1年間に9回以上、映画館を訪れた回答者は年に1~2回しか映画館に行かない人々よりも、Netflixなどのストリーミングサービスを長時間利用していたのである
具体的には映画館で9本以上の映画を見た人は、毎週11時間のストリーミングを行っていた
そして、年に1~2本しか映画館に行かない人々のストリーミングの平均は、毎週7時間だった
これによりリサーチ・ディレクターのフィル・コントリノ氏は「ストリーミングと映画館の戦争はない」と述べた

実際、過去12ヵ月間映画館に行かなかった人々の半数は、ストリーミング・サービスを利用していなかった
利用している人でも、1週間に8時間以上の視聴はわずか18%だった

13歳から17歳までの回答者は、映画館で平均7.3本を見て、週9.2時間のストリーミングコンテンツを消費した
これはあらゆる年齢層でもっとも高かった
その一方で18歳から37歳の回答者は平均して映画館に年6回訪れ、ストリーミングは週8.6時間だった


「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「ヴェノム」などヒット作が相次ぎ、2018年の北米の興行収入は記録的な水準に近付いている
Netflixによる映画館離れなど起きていないことが、その事実からも伺える

結局、映画を好きな人は映画館、ストリーミングなど分け隔てなく見ているということだ
映画を好きでない人は、そもそも映画そのものをあまり見ない
しごく当たり前の結論が出たとも言える

Netflixの影響

レポートではNetflixは映画館に対して、影響を及ぼしていないという結論が出た
ではNetflixの大躍進はどこにも影響を与えていないのか?

そんなことはなかった
Netflix、Amazonプライムビデオ、Hulu
利用者にも支払える限界がある
どこかで節約しなければならない

2018年にケーブルテレビやその他の有料テレビサービスをキャンセルした消費者の数は、32.8%増の3300万人になると予測されている
Netflixが殺そうとしているのは映画館ではなかった
有料テレビ放送やケーブルテレビから視聴者をごっそり奪い取っていたのだ
むしろ殺されそうなのはそちらだった
この流れは誰にも止められないだろう

個人的感想

ストリーミング・サービスの躍進で映画館は衰退してしまうのではないか?
漠然とそんな風に思っていたが、実際は逆だった
確かに僕自身もNetflixを利用するようになったから、映画館に行かなくなったということはない
意外と今後もストリーミング・サービスと映画館は上手く共存していけるのかも知れない

代わりにNetfliXやAmazonプライムビデオの影響で、レンタル・ビデオ屋に全く行かなくなった
以前はあんなに利用していたのにだ
借りに行くのはまだいいが、返しに行くのが面倒くさい
でも、行かないと延滞料金を取られる
家にいながら好きな映画が見られるストリーミング・サービスに比べると、正直不便だ
アメリカのレンタル・ビデオ店はほぼ壊滅したと言われている
いずれ日本もそうなる可能性が高い

またストリーミング・サービスに慣れてしまうと、テレビ番組をほとんど見なくなった
放送時間にテレビの前で待機したり、録画したり、CMを見るのが面倒だからだ
実際、ケーブルテレビや有料チャンネルは、日本でも衰退していくと思う
ただ日本は他国に比べると、その変化はゆっくりかも知れない

最近のNetflixオリジナル映画の質は高い
同じ週に劇場で公開された作品とNetflixで配信された作品を比べて、Netflixの方が魅力的なラインナップに思えたことすらある
データではNetflixと映画館は敵対関係にないと出たが、今後もずっと同じだという保証はない
両者が競い合って面白い映画を提供してくれれば最高なのだが

Netflixは2019年に90本のオリジナル映画を投入する計画である
ハリウッドのユニバーサルなどの大手スタジオが製作する映画は、年間約30本
Netflixはハリウッド最大の映画スタジオとなりつつある

スポンサーリンク
PC用




ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする