映画「プロメア」感想と解説(ネタバレあり) 熱すぎる傑作!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの今石洋之&中島かずきという最強コンビの最新作
とにかく熱い!!
画面に注ぎ込まれた熱量が半端ない!!
冒頭からクライマックス
天元突破する勢いだ!!
キャラが立ちまくっている
魂のぶつかり合いに震えた
そして劇場版ならではのハイクォリティな作画
今石作品らしく動きまくる!!
これぞ映像的快楽
キャストのケレン味たっぷりの演技も見事
どこまでもエスカレートするクライマックスも凄い
理屈じゃない
魂が熱いかどうかだ!!
アクションあり、熱血あり、友情あり、ギャグありのてんこ盛り娯楽活劇
このコンビの集大成といっていい本作
ファンなら絶対に見るべし!!


予告編

作品情報
作品名「プロメア」
監督:今石洋之
脚本:中島かずき
キャスト:松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太、佐倉綾音、吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美
アニメーション制作:TRIGGER
上映時間:111分
製作国:日本(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」出現により、世界の人口の半分が焼失する大惨事となった「世界大炎上」が起きた。それから30年後、世界は平和を取り戻したかに見えたが………………

感想(ここからネタバレ)

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」の今石洋之&中島かずきコンビ作
嫌でもテンションが上がった!!

世界大炎上

世界の人口の半分が焼失した「世界大炎上」
その引き金となったのは、「バーニッシュ」と呼ばれる炎を自在に操るミュータントの出現だった

あれから30年後、バーニッシュの中でも攻撃的な「マッドバーニッシュ」という名のテロリスト集団によって、世界の平和は脅かされていた
自治共和国プロメポリスの司政官クレイ・フォーサイトは、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉を結成した

ある日、バーニングレスキューは高層ビルの火災現場に出動
隊員たちの活躍により、無事に人々を救出し、火を消し止められると思われた
しかし、彼らの前に忽然とマッドバーニッシュのメンバーが出現
新人隊員だが人一倍火消し魂を持つガロ・ティモスは、仲間が止めるのも聞かずに、テロリストに立ち向かった
その中にはマッドバーニッシュのリーダー、リオ・フォーティアもいた

リオの能力は凄まじいものだった
追い詰められるガロ
だが、仲間の助けもあり、何とかリオを取り押さえることが出来た

その功績が認められ、ガロはクレイから勲章を授与された
クレイは子供の頃に命を救ってくれた恩人であり、憧れの人である
ガロは無邪気に喜んだ

一方、捕まったリオたちバーニッシュは、クレイの施設で凄惨な人体実験を受けていた………………

今石洋之&中島かずき

今石洋之の名を最初に意識したのは庵野秀明監督のTVシリーズ「彼氏彼女の事情」である


彼氏彼女の事情 Blu-rayBOX (期間限定版)

とにかく明らかに絵が上手い
というか独特
担当しているところは一発で分かる個性があった
そして、やはり動きが凄かった

2007年に劇団☆新感線中島かずきと組んで大傑作「天元突破グレンラガン」を監督


天元突破グレンラガン Blu-ray BOX(完全生産限定版)

とにかく熱さと勢いが凄かった

そしてドリルへのこだわりが凄い!!(笑)

ロボット・アニメでありながら漢(おとこ)の生きざまを描いた
まさに今石洋之&中島かずきの原点にして頂点
奇跡のコラボレーションといえるだろう
様々な部分で「プロメア」との共通点が多い作品だ

今石監督はガイナックスから独立し、TRIGGERを結成
その第一作がTVシリーズ「キルラキル」
中島かずき始め「天元突破グレンラガン」のスタッフが中心となった作品だ


キルラキル Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

父の死の謎“片太刀バサミの女”を追い求め、本能字学園に転校した流浪の女子高生・纏流子
これは本当に平成の作品か?
まさに女版”男組”
熱さと勢いとくだらないギャグが凄い!!
そして喋るセーラー服「鮮血」
半脱ぎが多いのも特徴だ!!(笑)
まさに昭和が蘇った!!

「キルラキル」の後、今石監督と中島かずきで、次は劇場アニメを作ろうと決まった
そして、5年の歳月を経て完成したのが「プロメア」である

ガロ・ティモス CV.松山ケンイチ

高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の新人隊員
誰よりも熱い火消し魂を持っている
直情的で真っ直ぐな性格
レスキューへのこだわりは半端じゃない
いい場面では口上を述べ見えを切るという悪癖がある
司政官のクレイを尊敬しているが………………

ひと言でいうと”火消し馬鹿”
見る前は「天元突破グレンラガン」のカミナに似ていると思っていたが………………

やっぱりカミナだった!!(笑)

熱くて情にもろい
そして時々いい加減
馬鹿っぷりが突き抜けて気持ちのいい男である

演じる松山ケンイチとのシンクロ率も凄い
いちいち口上を述べ見えを切るのが、快感になってくる
ここは劇団☆新感線で舞台を経験した松山ならではだろう
スクリーンから放射される熱量が熱かった!!

リオ・フォーティア CV,早乙女太一

突然変異で炎を操る人種「バーニッシュ」
その中で攻撃的な「マッドバーニッシュ」のリーダー
冷静沈着で頭脳派
炎を開放することを使命とするが、決して人を傷つけないことを誇りにしている
ガロとは宿命的に衝突しあう
またバーニッシュの仲間を心から大切に思っている

ガロを赤い炎とするなら、リオは青い炎
クールだが胸に熱いものを宿している

このリオがとにかくいい奴!!

ガロと共闘した後は、文句を言いながらもガロの注文に応じる
意外と苦労性タイプかも知れない
華奢な身体で運命にあらがう姿
クールで優しすぎる性格
女性の観客は間違いなくリオに胸キュンするだろう

演じる早乙女太一は上手すぎ
本職の声優かと思った

アイナ・アルデビット CV.佐倉綾音

バーニングレスキューの若手隊員
面倒見のいい性格
無茶ばかりするガロのことを気にかけている

「天元突破グレンラガン」のヨーコをどこか彷彿とさせるアイナ
「グレンラガン」ではどちらかというとニア派だったがどうでもいい

ぶっちゃけアイナは可愛い!!

明らかにガロに気があるのだが、直情馬鹿のガロには全く通じていない
こういうところも、カミナとヨーコの関係を思い出させる
あのカップルは悲しい結末をたどったが、こちらはそのぶん上手くいって欲しい
また博士であり姉であるエリスとの関係も描かれ、そちらも見ごたえがあった

演じる佐倉綾音はさすがの安定感
松山ケンイチや早乙女太一という濃い面子の中で、さすが本職の声優というところを見せてくれる

クレイ・フォーサイト CV.堺雅人

自治共和国プロメポリスの司政官で、フォーサイト財団理事長
公正で頼りになる人物
ガロの憧れの人
しかし、それはあくまで表の顔だった………………

堺雅人も声をやっているのか
どの役だろう?
見る前はそう思っていたが………………

マジ堺雅人だった!!

この人は本当に上手いけど、声に特徴があるのか一発で分かる
「プーと大人になった僕」でもユアン・マクレガー堺雅人が憑依しているとしか思えなかった

「くまのプーさん」の実写化である 元々「くまのプーさん」についてほとんど知識がなかったので、話についていけるか心配だった でも、そんな心...

とにかくクレイの悪役っぷりが凄い
ここまで悪いと、いっそ清々しいほどである
ガロとリオの前に、大きな壁となって立ちはだかるクレイ
その圧倒的存在感と、堺雅人の怪演は必見!!

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

最初からクライマックス

冒頭の高層ビルでのアクションが凄い
どれぐらい凄いかというと、分かりやすく例えるなら全27話の2クールアニメの第15話でついに宿敵であるラスボスを総力戦で倒し第1部完!!となったぐらいの凄さだ分かりにくい!!
下手すると映画全編で最大のアクションといってもいい
ついに宿敵マッドバーニッシュのリーダーを打倒
最初からあまりにフルスロットル!!
この映画はこの後何をするのだろう?と心配になったほどだ

またガロの仲間であるバーニングレスキューの面々が、出番が少ないのにキャラが立っている


特に今石作品の常連である新谷真弓演じるルチアが最高だ!!
最初から出し惜しみなし
スタッフの本気度が伝わってきた

魂の衝突

ガロとリオ
宿敵同士が共闘しあう

「天元突破グレンラガン」のシモンとヴィラル
「キルラキル」の纏流子と鬼龍院皐月
「仮面ライダーフォーゼ」の弦太朗と流星

今石、中島作品では繰り返し描かれるテーマである
ワンパターン!?
だとしてもいいものはいいのだ!!(断言
これ以上、熱く燃える展開があるだろうか!?
男なら感じるはずだ!!

またガロとリオのカップルぶりに女性ファンはクラクラすること間違いないだろう何の話!?
絶対に狙ってるだろという場面もある

とにかくライバル同士の共闘に燃えないはずはない
見たいものを見せてくれる
やっぱり今石、中島コンビは最高だ!!

エンドレス・クライマックス

壊滅寸前の地球を見捨て、厳選された1万人だけを乗せ、宇宙船で脱出しようとするクレイ
プロメス博士の開発したロボットで駆け付けるガロとリオ
ここからのクライマックスが凄い
次々と新たな展開を見せ、先が全く読めない

そして、最後はやっぱりドリル!!

今石監督のドリル愛は健在だった(笑)

ガロとリオ、クレイ
もはや絶叫大会!!
どんどんエスカレートして、完全に圧倒された
この過剰っぷりこそ今石作品
お腹いっぱいになること間違いなし!!

まとめ

今石監督と中島かずきのエッセンスが凝縮されたような1本
2時間で2クールアニメを一気見したような高揚感
出し惜しみなし
自分たちの手札を出し尽くした作品である
まさに集大成と言っていい
ファンなら絶対に見るべし!!
2019年の日本映画で確実に頂点を狙える一作だ

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=364779

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする