Netflix「天空侵犯」ネタバレ感想 デスゲームを生き残れ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デスゲーム漫画「天空侵犯」をNetflixがアニメ化!!
突然、高層ビルの屋上に飛ばされた女子高生の遊理は、謎の仮面たちが襲ってくる「領域」と呼ばれる世界で、生き残りをかけたデスゲームに挑んでいく…………

グロ耐性がない人は見ない方がいい
序盤を乗り切れば、かなり面白くなってくる

最初は不快なシーンが多く、脱落しそうになった
しかし、3話ぐらいからストーリーが広がりを見せ、けっこうハマってしまった
主人公の女子高生、遊理が前向きで明るく仲間思いで、かなり好感が持てた
他のキャラクターも魅力的
特にスナイパー仮面は美味しいキャラだった
とにかく残虐なシーンが多い
そういうのが苦手な人は、最初から見ない方がいい
だが、ストーリーは尻上がりに面白くなるので、デスゲームものが好きな人は見る価値があるだろう
とはいえ、好き嫌いが激しく分かれそうな作品だ


予告編

作品情報
作品名「天空侵犯」
監督:たかたまさひろ
キャスト:白石晴香、青木志貴、関根明良、榎木淳弥、梅原裕一郎、福山潤、日笠陽子、緒方恵美、遊佐浩二、安済知佳、伊藤静
全12話
原作:三浦追儺
アニメーション制作:ゼロジー
製作国:日本(2021年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

普通の女子高生、遊理は突然、高層ビルの屋上に飛ばされた。そこは襲い来る謎の仮面と戦う「領域」と呼ばれる過酷な世界だった。自分と同じように領域にいる兄を探して、遊理はデスゲームに挑んでいく…………

感想(ここからネタバレ)

グロいシーンが多くて、1話でリタイアしそうになった…………

領域

女子高生の本城遊理は、気が付くと高層ビルの屋上にいた
突然のことに困惑する遊理
携帯電話をかけると、兄の理火とつながった
理火もこの世界「領域」に来ているという

その時、遊理は悲鳴を聞いた
見ると他のビルの屋上で、女性が武器を持った仮面の男に襲われていた
追い詰められた女性は絶望して、ビルから飛び降りた
ショックを受ける遊理

この世界では地上に降りることは出来ず、ビルとビルの間にかけられた吊り橋を渡るしかない
そして仮面をかぶった殺人鬼が、そこら中にいて襲ってくる
遊理は兄と再会するために、その過酷なデスゲームに挑んでいくが…………

「天空侵犯」

三浦追儺と大羽隆廣のサバイバルアクション漫画「天空侵犯」が原作
DeNAのマンガアプリ「マンガボックス」にて、2014年1号から2019年18号まで連載された
単行本は講談社より全21巻発売されている


天空侵犯(1) (マンガボックスコミックス)

デスゲーム

登場人物たちが特定の場所に隔離され、殺し合いまたは死のゲームを強要される
本作はいわゆるデスゲームものといえるだろう
映画では「CUBE」シリーズや「SAW」シリーズ
最近ではNetflixのドラマ「今際の国のアリス」が話題を呼んだ

人気マンガ「今際の国のアリス」がNetflixでドラマ化 無人と化した東京でアリスたちは生き残るために、様々な死の”げぇむ”に挑むことにな...

「天空侵犯」では登場人物たちは、高層ビルの屋上に飛ばされる
そこは「領域」と呼ばれる世界で、地上に降りることは出来ず、ビルの上層階を接続する吊り橋を移動するしかない
しかし、武器を持った仮面たちが、いたるところで襲ってくる
殺されるか、ビルから飛び降りるか、それとも仮面を倒して生き延びるか
遊理たちは過酷な選択を迫られる…………

本城遊理 CV.白石晴香

16歳の女子高校生
学校にいたはずが、気づくと高層ビルの屋上にいた
最初はパニックに陥るが、兄の理火もこの「領域」に来ていることを知り、再会するために生き残ることを決意する
極度のブラコン

最初は普通の女子高生に思えた遊理
だが、絶望的な世界でも希望を失わず、明るくて仲間思い
非常に強い心を持っている
まさに少年マンガの主人公といった印象
次第にリーダーとして成長していく

二瀬真由子 CV.青木志貴

遊理が遭遇した女子高生
冷酷で他人を信じない
生き残るためには、普通の人間でも躊躇なく殺す
遊理と行動を共にすることになるが…………

一匹狼
周りは全て敵だと思っている
とてもとっつきにくいキャラだと思ったが…………

あっさり遊理にデレた!!(笑)

意外とチョロインだった
初めて信頼できる人間に出会った真由子
遊理を守るためなら死ねるとまで考えている
真由子(通称{ニセちゃん」)の成長が、本作の見どころの一つ

新崎九遠 CV.関根明良

おっとりした女子高生
殺伐とした「領域」の中で、場違いなほど危機感がない
仮面への警戒心もまるでなく、ひょんなことからスナイパー仮面と行動を共にすることになる

最初に登場した「神に近い人物」
そのため仮面に襲われることはない
性格は呑気で平和
自分を守ってくれたスナイパー仮面を、白馬の王子様のように想っている
本作の癒し的存在

本城理火 CV.榎木淳弥

遊理の兄
高校3年生
知識が豊富で、頭の回転が速い
リーダーとして仲間を率い、遊理との再会を目指している
武器は大型ハンマー

もう1人の主人公
理火の登場で作品に厚みができ、いっきに話が面白くなった
またキャラクターとして、とても魅力的
遊理と理火
本作はこの2人の物語が並行して描かれる

スナイパー仮面

序盤で遊理と交戦した仮面
スナイパーとしての腕前は超一流
執拗に遊理を追い苦しめるが…………

最初は恐るべき敵として登場したスナイパー仮面
しかし、仮面を損傷したことにより、自我を取り戻す
そして九遠との出会いをきっかけに、遊理たちの心強い味方となる

かつての敵が仲間に…………

もっとも燃えるシチュエーションである

また素のスナイパー仮面がとてもいい奴で、高所恐怖症だったり無防備な久遠に戸惑ったり、非常に美味しいキャラクターだった

グロ

本作のグロ描写はかなり過激
仮面はバットや刀、チェーンソーなどで襲ってくる
撲殺、刺殺、銃殺
生首などが当たり前に出てくる
地上波ではぼかしが入ること確実
受け付けない人も多いだろう
苦手な人は避けた方が吉

また本作ではパンチラシーンなども多い
これも人によっては不快に感じるだろう

こんなの世界で配信して大丈夫!?

思わず心配になったほどだ
個人的にはここまでB級に徹してくれると、いっそ清々しい!!(笑)

神に近づいた者

最初はありきたりのデスゲームものに思え、退屈だった
しかし、序盤を乗り切れば、俄然と面白くなった

クチナシの仮面

そのレアな仮面を被ると、神に近い人物となる

仮面たちを操る
超人的な身体能力
脳内干渉

様々な特殊な能力を発揮できるようになる

「神」になれるのはたった1人

物語は「神に近づいた者」同士のバトルロイヤルへと発展していく
クチナシの仮面を被った遊理は、勝ち残ることが出来るのか?
続きが気になって仕方がない

まとめ

かなり人を選ぶ作品
受け付けない人も多いかも知れない
だが、序盤を乗り切れば、ストーリーは次第に面白くなる
続きが気になって、最後までいっきに見てしまった
キャラクターは魅力的
暴力シーンばかりではなく、思わず笑ってしまうシーンも多い
好みが合えば楽しく見られるだろう


High-Rise Invasion (2021– ) on IMDb


allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/374525

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする