「ターミネーター ニュー・フェイト」感想と解説(ネタバレあり) これぞ見たかった「ターミネーター」!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とうとう戻ってきた
本物のターミネーターが!!
ド派手なアクション
壮大な世界観
ヒューマニズム
これぞジェームズ・キャメロン
紛れもなく「T2」の正統な続編だ
復帰したサラ・コナーの雄姿に惚れ惚れ
T-800も頼もしい活躍を見せる
そして禍々しいターミネーター”REV-9”
シリーズのファンなら必見!!
一級のエンターテインメントとなっている


予告編

作品情報
作品名「ターミネーター ニュー・フェイト」(原題Terminator: Dark Fate)
監督:ティム・ミラー
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ
上映時間:129分
製作国:アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

メキシコシティの21歳の女性ダニーは、未来から送り込まれたターミネーター”REV-9”に襲われる。それを助けたのは同じく未来から来た強化兵士グレースだった………………

感想(ここからネタバレ)

28年後に「ターミネーター2」の正統な続編が見れるとは
興奮が止まらない

新たなターミネーター

サラ・コナーがスカイネットの野望を阻止し、未来を救ってから22年が経った
ダニーはメキシコシティに住む21歳の女性
今日も弟のミゲルと共に、自動車工場で働いていた
そのダニーの命を狙って、未来から最新のターミネーター”REV-9”が送り込まれていた
REV-9はダニーの父親に姿を変えて、彼女を始末しようとした
そんなダニーの命を救ったのは、同じく未来から送り込まれた強化兵士グレースだった

ダニーとミゲルを連れて、トラックで逃げるグレース
しかし、REV-9は諦めることを知らない
執拗にダニーの命を狙って追跡してくる
ハイウェイでの壮絶な攻防の末、ミゲルが命を落とした
ダニーとグレースもREV-9に追い詰められる
絶体絶命だ
そんな時、いきなり2人の前に現れたのはサラ・コナーだった
サラはおもむろに武器を取り出し、REV-9を攻撃した
容赦ないサラの猛攻に怯むREV-9
その間にグレースはダニーを連れて、サラの車を盗み逃亡したのだが………………

ジェームズ・キャメロン

「ターミネーター2」以来、28年ぶりにシリーズに復帰したジェームズ・キャメロン
本作ではストーリーも担当している

2003年の「ターミネーター3」
2009年の「ターミネーター4」
2015年の「ターミネーター 新起動/ジェニシス」

ジェームズ・キャメロンが去った後のシリーズは、惨憺たる有様だった
その迷走ぶりにファンの心は離れていった
そんな時、満を持してシリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンが復帰!!
嬉しさの一方で、今さらキャメロンが戻ったところで立て直しなんて出来るのか?、という疑惑もあった

だが、映画が始まるや否や、その疑念は吹っ飛んだ
いっきに心が28年前に戻った
これぞ「ターミネーター2」の真の続編

ド派手なアクション
壮大な世界観
監督であるティム・ミラーの功績も大きいが、キャメロンが関わると何かが違う
言ってみれば本気度のようなものが
志が全く違うのだ

そして、ヒューマニズム

「トゥルーライズ」
「タイタニック」
「アバター」
「アリータ バトル・エンジェル」

スケールの大きさや派手なアクションに目を奪われがちだが、ジェームズ・キャメロンの作品の中核をなすのは人間ドラマである
それが上っ面だけの他の続編と、もっとも異なる点だ
決してドラマをおろそかにしないのだ
「ニュー・フェイト」でも3人の女性のドラマが、見ごたえあるものとなっている

ジョン・コナー

この「ターミネーター ニュー・フェイト」でもっとも衝撃的だった事実
それはジョン・コナーが「ターミネーター2」の後、T-800によって殺されていたことが明らかになることだ
そう、ターミネーターは1体ではない
ジョンを殺すため、様々な時代に送られていたのだ

「T2」でT-800に心を開き、まるで父親のように慕っていたジョン
ラストの別れは、涙なしには見られない名シーンだった
それが違う個体ではあるが、同じ姿のT-800に殺される残酷さ
昔からのファンは誰もがショックを受けただろう
冒頭から凄まじいインパクトだった
リンダ・ハミルトンもジョンの死にはショックを受けたが、最終的には納得したという

このジョン・コナーの死はファンや批評家の間で議論が起こっている
「これまでのシリーズを台無しにされた」という怒りの声
「新たな登場人物やストーリーを活かすためには仕方ない」という理解を示す声
様々である
ファンにはそれだけ衝撃的だった

この記事には「ターミネーター ニュー・フェイト」の重大なネタバレがあります 鑑賞前の人は絶対にこの先を読まないでください!! ...

異なる未来

「ターミネーター2」でスカイネットを潰し、未来は救われたはずだった
それなのに、なぜ新たなターミネーターが送られてくるのか?

そう、確かにスカイネットが世界を支配する未来は消滅した
それに代わって新たな未来が出現した
リージョンと呼ばれるAIが世界を支配する未来が

人類の愚かさに変わりはなかったのだ
結局は兵器として利用しようとした人工知能に、地球を乗っ取られた
REV-9はリージョンが送り込んできたターミネーターだった

REV-9が命を狙うダニー
彼女は未来で指導者となる女性だ
メキシコ人の女性が人類の救世主となる
この辺りも、ジェームズ・キャメロンの思想が感じられる
ダニーを守るカイルの役割が、グレースという女性になったのも、時代を見据えてのことだろう

REV-9

リージョンが作り出した最新のターミネーター
REV-9は表面は液体金属で覆われ、中には堅固な内骨格を持っている
その二つを分離して、二体になることも可能
これまでのターミネーターと違い、感情を模倣する能力を持ち、より人間らしく振る舞える

やはりT-800T-1000は偉大だなとしみじみ思う
REV-9は悪くはないが、どこか地味
そろそろ液体金属からも離れて欲しい
どうしてもT-1000とかぶってしまう
作品ごとにターミネーターは全く異なる能力の方が面白いと思うのだが
黒い液体の禍々しさと、人間味があるように振る舞えるところは良かった

サラ・コナー

ついにサラ・コナーが復活!!
ダニーとグレースのピンチを救う初登場シーンは、格好よすぎて震えた
アメリカでお尋ね者になっているのも笑った
1作目ではただのウエイトレスだったサラが、こんなことになってるとは

今回のサラ・コナーはとても人間味を感じさせる
ジョンを失ったサラ
そのためターミネーターを殲滅することに、生きがいを見いだしている
そのやさぐれた感じが素敵だ

未来で人類の指導者となる女性ダニー
サラはダニーに息子のジョンの姿をだぶらせる
ダニーがサラの新たなる生きがいになっていく展開が良かった

ジェームズ・キャメロンはリンダ・ハミルトンなしに、「ターミネーター」の続編は考えられなかったと語った
リンダは俳優業を半ば引退していた
キャメロンはリンダを説得するために、やらなければならない理由とやめてはいけない理由を書いた長いメールを送ったという
その甲斐あってか、リンダ・ハミルトンは出演に応じた
映画の中では素晴らしい存在感を見せてくれた

T-800

溶鉱炉に沈んだはずのT-800が、どうして無事だったのか?
その真相は衝撃的なものだった
T-800は「ターミネーター2」のT-800とは別人だった
ジョン・コナーを殺したT-800だったのだ

スカイネットからの指令を実行し、ジョンを始末したT-800
ところが未来が変わったため、スカイネットは消滅
次の命令は来ない
目的を失ったT-800は長い年月で自由意志を持ち、家族まで得た
そこでようやく息子を殺されたサラの気持ちが分かるようになった

「T2」のT-800と違い、息子を殺した仇
サラと今はカールと名乗るT-800のドラマが熱い
またロボットは指令なしに、自分の意志で生きられるのか?
そういったテーマも興味深かった

アーノルド・シュワルツェネッガーは安心の存在感
登場するのは映画の後半だが、頼もしさが半端なかった
ストーリー的にもこれで見納めになると思うと寂しい
ちなみにカールのバンに書かれている電話番号512-1984
これは「ターミネーター」1作目で、T-800が未来からやって来た日付、1984年5月12日である

3部作

ジェームズ・キャメロンはこの「ターミネーター ニュー・フェイト」を、新しい3部作の1作目だと語っていた
だが、興行的に苦戦し、続篇は絶望的だといわれている

1. 「ターミネーター ニュー・フェイト」 2. 「ジョーカー」 3. 「マレフィセント2」 4. 「Harriet」 5. 「Th...

「ニュー・フェイト」はおおむね満足だったが、シリーズの他の作品の焼き直しだと思える部分も多かった
しかし、あくまで1作目だから従来の路線で作ったのかも知れない
大きく動かすのは次からだったのではと思える
ぜひとも続きが見たいのだが………………

まとめ

28年ぶりにジェームズ・キャメロンが関わった「ターミネーター」
ファンには感涙ものである
これこそが見たかったのだ
惜しむらくは「ターミネーター 新起動/ジェニシス」の前にやっていれば、絶対に大ヒットしたのに
実は「ニュー・フェイト」は「ワイルド・スピード スーパーコンボ」とぶつかるのを避けて、公開日時を延ばしたといわれている
まさかそこで「ジョーカー」があんな大ヒットするとは!!
まだ「ワイルド・スピード」の方がマシだったのでは?
色々と不運な作品だ
それでも続編が作られると信じて、待つとしよう

「ターミネーター」シリーズ最新作「ターミネーター ニュー・フェイト」 「ターミネーター2」以来、28年ぶりにジェームズ・キャメ...


Terminator: Dark Fate (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/terminator_dark_fate
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/367854

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする