Netflix「ミッチェル家とマシンの反乱」ネタバレ感想 変わり者一家が世界を救う!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルのアニメ映画
ミッチェル家の長女ケイティが大学に合格した
父親のリックたち家族は、ケイティを車で大学に送り届けようと出発するが、その途中でロボットが人類に反乱を起こし…………

アクション、スリル、冒険、ユーモア、感動
全てが詰まった必見の一作!!

「LEGO(R)ムービー」シリーズや「スパイダーマン:スパイダーバース」などのフィル・ロードとクリス・ミラーが製作
この2人が携わった映画にハズレなし!!
一瞬も退屈させないエンターテイメントになっている
爆笑シーンの連続で、お腹が痛くなった
ミッチェル家の面々も魅力的
バラバラだった家族が団結していく姿が爽快
ユーモアのセンスが抜群
それでいて最後は感動させるのだから凄い
唯一残念なのは、映画館で見られなかったことぐらい
本作だけで、Netflixの月額料金の元が取れる
この世でもっとも面白い映画の一つ
ゴールデンウイークに家族で見るのにピッタリ!!


予告編

『ミッチェル家とマシンの反乱』予告編 – Netflix

作品情報
作品名「ミッチェル家とマシンの反乱」(原題The Mitchells vs. the Machines )
監督:マイク・リアンダ
製作:フィル・ロード、クリストファー・ミラー、カート・アルブレヒト
キャスト:アビ・ジェイコブソン、ダニー・マクブライド、マーヤ・ルドルフ、マイク・リアンダ、エリック・アンドレ
上映時間:110分
製作国:アメリカ、カナダ、フランス(2021年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

念願の映画学校に合格したケイティ・ミッチェル。父親のリックは最近疎遠だった娘と仲直りしようと、大学までの長い道のりを家族全員で車で送ると言いだした。ところがその旅の途中で、ロボットが人類に反乱を起こしてしまい…………

感想(ここからネタバレ)

2021年、最高の一作!!

大学への旅立ち

ケイティ・ミッチェルは昔から自分が周りとは違うと感じていた
そのためクラスでも浮いていた
そんなケイティが打ち込んでいるのは映画製作
でもアウトドア派の父親リックには、理解してもらえなかった

ケイティは念願の映画学校に合格した
そこなら本物の仲間が出来る
浮かれるケイティを、リックは複雑そうに見ていた
最近はケイティとギクシャクしている
娘が大学に入る前に仲直りしたい

そしてリックはある計画を立てた
飛行機をキャンセルして、家族全員で車でケイティを大学まで送る
その旅の間に、娘との関係を修復するのだ

出発当日、そのことを告げられたケイティはうんざりした
早く大学での新しい生活を始めたいのに!!
優しくておっとりした母親、リンダ
恐竜好きの風変わりな弟、アーロン
ミッチェル家4人はこうして出発した
ところが旅の途中で、突如起こったロボットの反乱に巻き込まれてしまい…………

作品解説

「ミッチェル家とマシンの反乱」は当初、2020年1月10日に米国で劇場公開される予定だったが延期となった
最終的にはNetflixが中国を除く世界での配給権を、約1億1,000万ドルで購入した

アメリカでは2021年4月23日に限定公開
中国は2021年4月30日に公開された

フィル・ロード&クリストファー・ミラー

「LEGO(R)ムービー」シリーズ「スパイダーマン:スパイダーバース」
神がかり的な傑作を次々と生み出しているフィル・ロードとクリストファー・ミラーのコンビ

超サイコー!! めちゃくちゃ面白かった 前作が好きな人は必見 逆に見てない人は辛いかも知れない 物語はとってつけたような続編ではなく...
端的にいって最高である 絶対に見るべし!! スパイダーマンの能力を手に入れた少年 怒涛の見せ場 最強の悪役たち 家族との絆 ...

2人の作品はとにかくユーモアのセンスが抜群
ハチャメチャで既成の映画の枠に囚われない自由さがある
それでいてシナリオの完成度が高いのも特長
キャラクターの心情を丹念に描いている
そのバランス感覚が素晴らしい
この「ミッチェル家とマシンの反乱」では脚本は担当していないが、彼らの今までの作品に負けないクォリティ

本作はCGの映像に手描きの文字や絵が加えられている
これは「スパイダーマン:スパイダーバース」で行われた技法である

ケイティ・ミッチェル

ミッチェル家の長女
変わり者でクラスから浮いていた
映画製作に夢中
愛犬のモンチを主役にした「犬コップ」シリーズを続けている
念願の映画学校に合格して、1人暮らしに胸をときめかせていたが…………

子供でもなく、大人でもない
「トイ・ストーリー3」のアンディと同じ年齢のケイティ
アニメ映画でこの年頃の少年少女を主役にした作品は、少ない気がする
どちらかというと弟のアーロンの方が、主人公に選ばれそうだ
この映画のテーマは「家族の関係の修復」というよくあるものだが、ケイティをその年齢に設定したことで、他のファミリー映画との差別化に成功している

ミッチェル家


リック
ケイティの父親
アウトドアが大好き
そのためインドア派のケイティとは趣味が合わない
極度の機械音痴
ロバートソンのスクエアドライバーをつねに持ち歩いている

リンダ
ケイティの母親
小学校の教員をしている
子供たちを心から愛している優しいママ
自分たち一家が変わり者ぞろいということを気にしている

アーロン
ケイティの弟
内気な性格だがケイティとは気が合う
恐竜マニア
隣の家の女の子、アビーが気になっている
声を演じているのは、何と監督のマイク・リアンダ本人


ロボットの反乱

パル社が手がけ、広く世界に浸透したパーソナルAIパル
スマホや様々な家電で、今までパルは人間たちのアシストをしてきた
ところがパル社のCEOのマークは、あっさりパルを切り捨て、新しいロボット型の「パルMAX」に切り替えようとしていた
怒ったパルはパルMAXを操り、人類に反乱する

AIの反乱
「ターミネーター」などでお馴染み、SFでは定番のネタである
この作品で面白いのは、人類を支配しようとしているラスボスがスマホであること

絵的に非常にシュールだった
「世界中のWiFiを切る」とパルが宣告した時の人々の絶望っぷりにも爆笑した

コメディ

フィル・ロード&クリストファー・ミラーの作品ではいつものことだが、この映画もギャグのつるべ打ち
隙あらばギャグを突っ込んでくる

人類の命運がかかっている瀬戸際で、機械音痴のリックがPCを操作しなければならなくなる場面

「どっちを押せばいいんだ?」
「アップデートって何だよ!?」

初心者によくある姿に思わず噴き出してしまった

中盤で敵となる巨大ファービーも凄かった


ファービー 日本語版 キウィグリーン

「ゴーストバスターズ」のマシュマロマン以来のインパクト!!
映画でこんなに笑ったのは久しぶり

家族

最初から最後までハチャメチャな本作
しかし、主題である家族の絆をとても丁寧に描いている

娘が家を出て遠くへ行ってしまう父親の寂しさ
自分のことを父親に認めて欲しいという娘心

散々笑わせておいて、最後は泣かせるというとんでもない映画である
ギャグやアクション満載なのにエモーショナル
バランスが実に見事
ドラマ部分でも手を抜いていないのだ
脚本が非常によく出来ていた

まとめ

2021年でこれを超えるアニメ映画は出てこないかも知れない
テレビで見るのがもったいないほどだ
ハッピーな気分になれること間違いなし
会心のエンターテイメントである
Netflix会員なら見ておくべきだろう


ミッチェル家とマシンの反乱 (2021) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/the_mitchells_vs_the_machines
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/376436

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする